「転生したらスライムだった件」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!

「転生したらスライムだった件リムル・シズ軸【門風】」解説とデッキレシピ


リムルとシズを中心にしたデッキですね。
フィニッシャーは2点バーンを行うCXコンボを持つ「継ぐ者 リムル」、中盤のCXコンボは「継ぐ者 リムル」のテキスト上、「“爆炎の支配者” シズ」になりますね。
「継ぐ者 リムル」のテキストで登場できる「“捕食者”リムル」や、「継ぐ者 リムル」を登場させる起動能力を持つ「受け継いだ想い リムル」も採用されていますね。
「“爆炎の支配者” シズ」を『記憶』にしている早出しレベル3キャラの「日本での記憶 シズ」は強力な早出しキャラです。
色構成は青黄中心、クライマックスは門と風です。

「転生したらスライムだった件リムル・シズ軸【門風】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

継ぐ者 リムル
登場時の3ルックテキストと、相手にダメージを与えるCXコンボ、手札からキャラを登場させる起動能力を持っています。

登場時に3ルックを行うことができます。
起動能力で登場させるための同名カードや「“捕食者” リムル」などのキャラはもちろん、CXコンボの対応クライマックスなども探せる便利なテキストです。

CXコンボはアタック時に2コストで2ダメージを飛ばすシンプルなものですね。
リバースなども必要なく、手っ取り早くダメージを与えることが可能になっています。
対応クライマックスはリターンアイコンの「メグルモノ」です。

起動能力は1コストとキャラ1枚のレストで、手札から「継ぐ者 リムル」か「“捕食者” リムル」を登場させるものです。
『記憶』の条件に他のCXコンボを持つ「“爆炎の支配者”シズ」を指定しているのでデッキ構成は固定されてしまいますが、1コストで手札からレベル3キャラを展開できます。このカードを並べることで、CXコンボによってより一気に相手を追い詰めることが可能になりますね。
マーカーを移動させるテキストは、マーカーによってパワーを伸ばす「“捕食者”リムル」向けのものです。

登場時からマーカーを獲得することで、高パワーを出すことができ、更なるマーカーも取りやすくなりますね。

日本での記憶 シズ
思い出置場のカードを参照する早出しテキストと、盤面条件でのパワーと『アンコール』、登場時のクロック回復テキストを持っています。

思い出に「“爆炎の支配者”シズ」が2枚以上あれば、レベル2の段階から舞台に登場することができます。
特定のカードを採用する必要はありますが、条件を達成することで控え室の状況などに関係なく早出しが可能です。
多面展開も簡単なデザインですね。

「“爆炎の支配”シズ」は自身で思い出に跳ぶことができるテキストを持っています。他に《魔大陸》のキャラが2枚以上いれば、パワー10500になり、『アンコール』を獲得できます。
簡単な条件で10000を越えるパワーを出し続けるとともに、『アンコール』によって舞台に残りやすいのも使い勝手がよいですね。
登場時のクロック回復テキストも言わずもがな便利なテキストです。

雪辱を果たすシオン
控え室参照の早出しと自ターン中のパワーパンプ、クロック回復テキストを持っています。

控え室のクライマックスが2枚以下ならレベル2段階からの登場が可能です。
タイミングに大きく左右されますが、特定のカードなどを要求せずに早出しが可能になっています。

自分のターン中、自分のキャラ全てが《魔大陸》なら、パワーを2000伸ばします。
相手ターン中はパワーが下がってしまいますが、パワー11500でアタックできるのは強力です。

登場時に手札を1枚捨てることで、クロックの上から1枚をストックに置くことができます。
手札消費はありますが、クロックを減らしつつストックを補充することが可能になっていますね。

“捕食者”リムル
登場時のクロック回復と、バトル相手リバース時にマーカーを獲得してそのマーカーの枚数に比例して自身のパワーを伸ばすことができます。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストですね。

バトル相手をリバースさせたときに、控え室から《魔大陸》のキャラを1枚マーカーに取ることができます。
そのマーカー1枚につき自身のパワーを1000ずつ伸ばすことができ、バトル相手を倒す度にパワーを伸ばせます。
レベル3キャラということでマーカーを多く溜め込む前に決着がつくでしょうが、マーカーを貯めて僅かながら圧縮に貢献してパワーを伸ばすことが可能になっていますね。

受け継いだ想い リムル
マーカーを貯めて特定のキャラを登場させられるリプレイを持っています。

舞台の「最後の旅 シズ」をマーカーに入れることで、レベル3以降なら控え室からストックブーストを行い、リプレイ【ユニークスキル『捕食者』】を発動させます。

リプレイ【ユニークスキル『捕食者』】は控え室から「継ぐ者 リムル」を登場させ、このカードとこのカードをマーカーをそのキャラのマーカーにする『合体』チックなものです。
差し引き0コストでレベル3キャラを登場させることができ、マーカーによるデッキ圧縮にも繋がりますね。
マーカーは「継ぐ者 リムル」を介してマーカー参照のパワーパンプを持つ「“捕食者”リムル」に移動させることも可能です。

“爆炎の支配者”シズ
手札を増やすCXコンボと、リバース時に思い出に飛ぶテキストを持っています。

CXコンボはアタック時山札を2枚削り、その2枚のレベルの合計以下のカードを控え室から回収するものですね。
最低限レベル0のキャラは拾うことができ、低レベル帯のキャラ中心に相手のリバースなどを必要とせず確実に手札を増やすことが可能になっています。
対応クライマックスはゲートアイコンの「伝説の英雄」です。

リバース時にデッキトップを公開し、《魔大陸》のキャラが出れば思い出に飛ぶことができます。
思い出に飛ばしてしまえば、控え室回収などを行ってもう一度CXコンボで手札を増やすことなどはできませんが、思い出圧縮とともに「継ぐ者 リムル」の『記憶』の達成が可能ですね

新しいカード最後の旅 シズ
登場時のクライマックス交換と、アタック時のトップ操作テキストを持っています。

登場時に1コストで手札と控え室のクライマックスを1枚交換することができます。
クライマックスを交換することで、CXコンボなどを強力に支援することが可能です。

アタック時には山札を上から2枚確認して、1枚を山札の上に、もう1枚を控え室に置きます。
山札の上に置いたカードはそのままトリガーするカードになるので、打点調整に活躍できるほか、クライマックスのトリガーを避けたり逆にクライマックスをトリガーさせてトリガー効果を活用することができるテキストです。

「受け継いだ想い リムル」に指定されているカードです。

「転生したらスライムだった件リムル・シズ軸【門風】」優勝デッキレシピまとめ

「転生したらスライムだった件リムル・シズ軸【門風電源】」解説とデッキレシピ


「継ぐ者 リムル」と「“爆炎の支配者”シズ」を中心にした門風デッキに、電源クライマックスを採用した構成です。
スタンバイアイコンによってレベル2コスト2などのキャラを早出しできるのはもちろん、起動能力で同ネームキャラか「“捕食者”リムル」を展開できる「継ぐ者 リムル」をレベル2段階から登場させることでレベル3キャラを展開してアドバンテージを稼ぐことが可能になっています。
3種のクライマックスが採用されていますが、控え室からクライマックスを回収できる門アイコンのものを重点的に採用し、レベル3の勝負を決めるターンにつかう風アイコンのものを絞った構成になっていますね。

「転生したらスライムだった件リムル・シズ軸【門風電源】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

継ぐ者 リムル
登場時の3ルックテキストと、相手にダメージを与えるCXコンボ、手札からキャラを登場させる起動能力を持っています。

登場時に3ルックを行うことができます。
起動能力で登場させるための同名カードや「“捕食者” リムル」などのキャラはもちろん、CXコンボの対応クライマックスなども探せる便利なテキストです。

CXコンボはアタック時に2コストで2ダメージを飛ばすシンプルなものですね。
リバースなども必要なく、手っ取り早くダメージを与えることが可能になっています。
対応クライマックスはリターンアイコンの「メグルモノ」です。

起動能力は1コストとキャラ1枚のレストで、手札から「継ぐ者 リムル」か「“捕食者” リムル」を登場させるものです。
『記憶』の条件に他のCXコンボを持つ「“爆炎の支配者”シズ」を指定しているのでデッキ構成は固定されてしまいますが、1コストで手札からレベル3キャラを展開できます。このカードを並べることで、CXコンボによってより一気に相手を追い詰めることが可能になりますね。
マーカーを移動させるテキストは、マーカーによってパワーを伸ばす「“捕食者”リムル」向けのものです。
登場時からマーカーを獲得させることで、高パワーを出すことができ、更なるマーカーも取りやすくなりますね。

“捕食者”リムル
登場時のクロック回復とともに、バトル相手リバース時にマーカーを獲得してそのマーカーの枚数に比例して自身のパワーを伸ばすことができます。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストですね。

バトル相手をリバースさせたときに、控え室から《魔大陸》のキャラを1枚マーカーに取ることができます。
そのマーカー1枚につき自身のパワーを1000ずつ伸ばすことができ、バトル相手を倒す度にパワーを伸ばせます。
レベル3キャラということでマーカーを多く溜め込む前に決着がつくでしょうが、マーカーを貯めて僅かながら圧縮に貢献してパワーを伸ばすことが可能になっていますね。

「継ぐ者 リムル」によって登場が可能ですね。

“竜魔人”ミリム
登場時のバーンテキストと他のキャラのアタックに反応するパワーパンプ、クロックキックテキストを持っています。

登場時に山札の一番上のカードを公開し、《魔大陸》のキャラが出れば相手に1ダメージ を与えることができます。
イベントやクライマックスで不発の可能性もありますが、追加コストなどが必要ない手軽なバーンダメージです。

他の《魔大陸》キャラがアタックするたびに、パワーを1000ずつ伸ばします。
3回目にアタックすればパワーを11500まで伸ばすことができ、クロックシュートとも相性がいいですね。

バトル相手リバース時に3コストでバトル相手キャラをクロックに直接送ることができます。
キャンセルなどに左右されずに確実に相手のクロックを増やすことが可能です。
このカードのアタック時にはもちろん、相手キャラがアタックしてきた場合もこちらがパワーで優っていれば、コストを払うことでクロックシュートが可能です。

みんなの為に シュナ
強力な『応援』と登場時の控え室回収、トップ操作の起動能力を持っています。

レベル3キャラということで、『応援』は2000パンプを行う強力なものになっています。

舞台への登場時に、控え室からキャラを1枚回収することができます。
必要なキャラを追加コストなしで手札に加えることができ、手札枚数の補充も可能ですね。

自身レストで山札の上から2枚を見て、好きな順番に並び替えることができます。
トップチェックテキストのサポートのほか、トリガー把握にも役立つテキストになっています。

“爆炎の支配者”シズ
手札を増やすCXコンボと、リバース時に思い出に飛ぶテキストを持っています。

CXコンボはアタック時山札を2枚削り、その2枚のレベルの合計以下のカードを控え室から回収するものですね。
最低限レベル0のキャラは拾うことができ、低レベル帯のキャラ中心に相手のリバースなどを必要とせず確実に手札を増やすことが可能になっています。
対応クライマックスはゲートアイコンの「伝説の英雄」です。

リバース時にデッキトップを公開し、《魔大陸》のキャラが出れば思い出に飛ぶことができます。
思い出に飛ばしてしまえば、控え室回収などを行ってもう一度CXコンボで手札を増やすことなどはできませんが、思い出圧縮とともに「継ぐ者 リムル」の『記憶』の達成が可能ですね

中身は子供? ミリム
登場時に相手のストックの中身を入れ替えるテキストと、相殺テキストを持っています。

登場時に3コストで相手のストックをすべて控え室に置き、山札から同じ枚数を補充させます。
ストックの枚数自体などを変えるわけではありませんが、山札からストックを補充させることでクライマックスを山札からストックに移動させて、相手の山札の圧縮を下げる効果が期待できます。
リフレッシュポイントに近づけることも可能ですね。

レベル0のキャラならパワーに関わらず処理できる相殺テキストも使い勝手がよいテキストです。

「転生したらスライムだった件リムル・シズ軸【門風電源】」優勝デッキレシピまとめ

「転生したらスライムだった件グッドスタッフ【門扉】」解説とデッキレシピ


3色構成のグッドスタッフデッキです。
「“爆炎の支配者”シズ」「抗魔の仮面」を中心とした思い出圧縮で山を固めるとともに、「日本での記憶 シズ」「雪辱を果たすシオン」の2種の早出しヒールでL2段階からクロックを回復しつつ面を取る手堅い動きを極めたデッキです。
手札を減らさずにアタッカーを用意しつつ思い出圧縮に繋がる「“魔王” ラミリス」、CXコンボなどに頼らない起動能力でストックを追加で稼げる「ポーション生成! リムル」なども手堅いゲーム展開をサポートしてくれます。
相手のストックを入れ替えるいわゆる「光景」互換テキストを持つ「中身は子供? ミリム」も強力なカードです。
コストは重いものの、2ダメージとともに再スタンドを行うことができる「追撃 ミリム」は半ばダメ押しのような役割で採用されています。
対応CXが使いやすいカムバックアイコンである点が重要視されていますね。

「転生したらスライムだった件グッドスタッフ【門扉】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

追撃 ミリム
登場時のクロック回復とバーンとともに再スタンドを行うCXコンボを持っています。
クロック回復は言わずもがな便利なテキストですね。

CXコンボはアタック後に5コスト手札の《魔大陸》キャラ3枚を控え室に置くことで、相手に2ダメージを与え、スタンド状態になって再びアタックできるようになるものです。
相応のコストが必要になりますが、バーンを飛ばしつつアタック回数を増やすことで強力に相手を追い詰めることが可能になっています。
リバースなどが必要なく、アタックの終わりに、ということでこのカードの1回目のアタックによるストックもコストとして消費できるのは使い勝手がいいですね。
対応クライマックスは「挨拶がわりに」、カムバックアイコンのものです。

雪辱を果たすシオン
控え室参照の早出しと自ターン中のパワーパンプ、クロック回復テキストを持っています。

控え室のクライマックスが2枚以下ならレベル2段階からの登場が可能です。
タイミングに大きく左右されますが、特定のカードなどを要求せずに早出しが可能になっています。

自分のターン中、自分のキャラ全てが《魔大陸》なら、パワーを2000伸ばします。
相手ターン中はパワーが下がってしまいますが、パワー11500でアタックできるのは強力です。

登場時に手札を1枚捨てることで、クロックの上から1枚をストックに置くことができます。
手札消費はありますが、クロックを減らしつつストックを補充することが可能になっていますね。

日本での記憶 シズ
思い出置場のカードを参照する早出しテキストと、盤面条件でのパワーと『アンコール』、登場時のクロック回復テキストを持っています。

思い出に「“爆炎の支配者”シズ」が2枚以上あれば、レベル2の段階から舞台に登場することができます。
特定のカードを採用する必要はありますが、条件を達成することで控え室の状況などに関係なく早出しが可能です。
多面展開も簡単なデザインですね。
「“爆炎の支配”シズ」は自身で思い出に跳ぶことができるテキストを持っています。

他に《魔大陸》のキャラが2枚以上いれば、パワー10500になり、『アンコール』を獲得できます。
簡単な条件で10000を越えるパワーを出し続けるとともに、『アンコール』によって舞台に残りやすいのも使い勝手がよいですね。
登場時のクロック回復テキストも言わずもがな便利なテキストです。

“爆炎の支配者”シズ
手札を増やすCXコンボと、リバース時に思い出に飛ぶテキストを持っています。

CXコンボはアタック時山札を2枚削り、その2枚のレベルの合計以下のカードを控え室から回収するものですね。
最低限レベル0のキャラは拾うことができ、低レベル帯のキャラ中心に相手のリバースなどを必要とせず確実に手札を増やすことが可能になっています。
対応クライマックスはゲートアイコンの「伝説の英雄」です。

リバース時にデッキトップを公開し、《魔大陸》のキャラが出れば思い出に飛ぶことができます。
思い出に飛ばしてしまえば、控え室回収などを行ってもう一度CXコンボで手札を増やすことなどはできませんが、思い出圧縮とともに「継ぐ者 リムル」の『記憶』の達成が可能ですね

“魔王”ラミリス
登場時のリアニメイトテキストを持っています。

登場時に1コストで控え室からコスト0以下のキャラを1枚登場させることができます。
手札を消費せずにキャラを舞台に並べてアタックさせることが可能になっていますね。
リアニメイトしたキャラは、ターンの終わりに思い出に飛ぶので1ターンのみの活躍ということになってしまいますが、思い出圧縮にも繋がるテキストです。

ポーション生成!リムル
マーカー獲得、マーカーからのストックブースト、クロック回復と3つの起動能力を持っています。

2コスト自己レストでクロックを1枚控え室に置くことができます。
相応のコストは必要になりますが、手札などを消費せずにクロックを減らせるのは便利です。
ストックを増やせるテキストとの相性もよいですね。

マーカーがなければ、自己レストで控え室からマーカーを獲得し、更にもう一度自己レストすることでそのマーカーをストックに置くことができます。
2ターンかかることになりますが、安定して後列で追加ストックを積むことが可能になっていますね。

中身は子供? ミリム
登場時に相手のストックの中身を入れ替えるテキストと、相殺テキストを持っています。

登場時に3コストで相手のストックをすべて控え室に置き、山札から同じ枚数を補充させます。
ストックの枚数自体などを変えるわけではありませんが、山札からストックを補充させることでクライマックスを山札からストックに移動させて、相手の山札の圧縮を下げる効果が期待できます。
リフレッシュポイントに近づけることも可能ですね。

レベル0のキャラならパワーに関わらず処理できる相殺テキストも使い勝手がよいテキストです。

抗魔の仮面
山札サーチを行うイベントです。

山札から《魔大陸》のキャラ1枚を手札に加えるシンプルなものになっています。
使用後は思い出に置かれ、再利用などはできなくなってしまいますがデッキ圧縮に貢献します。

BPに同名カードが存在し、「独り占め クロエ」で山札から手札に加えることができます。

「転生したらスライムだった件グッドスタッフ【門扉】」優勝デッキレシピまとめ

「転生したらスライムだった件グッドスタッフ【8電源】」解説とデッキレシピ


スタンバイアイコンのクライマックスを8枚採用したデッキですね。
フィニッシャーは「“竜星拡散爆” ミリム」です。
相手のクロックをキャンセルに左右されずに確実に増やすことができる強力なイベント「竜星拡散爆」をストックを節約しつつ使うことができるCXコンボを持っています。
CXコンボなしでも強力なエンドカードとして使えるイベントを、より手軽に使うことが可能になっています。
レベル1のCXコンボの「流されるまま リムル」はトリガーチェックの回数を増やすことでクライマックスなどのトリガーを狙いつつストックを増やすことができるカードですね。
「夕日の中で ゲルド」はレベル2コスト2のアタッカーであると同時にカウンターのように使えるパワーパンプを持っていて、相手のアタックを牽制できます。
強力な後列向けキャラの「皆のために シュナ」なども採用されています。

「転生したらスライムだった件グッドスタッフ【8電源】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“竜星拡散爆” ミリム
盤面条件の自身パンプと登場時のクロック回復、バーンを飛ばすかバーンイベントをコストを軽減して使えるCXコンボを持っています。

《魔大陸》でキャラが統一されていれば、パワー11000になります。
簡単な条件でパワーを維持でき、リバース要求テキストとも相性がいいですね。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストです。

CXコンボはダイレクトアタックかフロントアタックで相手キャラをリバースさせるかで効果が変わるものですね。
相手キャラをリバースさせたとき、2コストで手札から「竜星拡散爆」を使うことができます。竜星拡散爆は5コストでキャンセルに左右されずに相手のクロックを進めることができるイベントで、ストック消費を抑えて使用が可能になっています。
ダイレクトアタック時には2コストで2点バーンが可能です。
状況に合わせて相手を追い詰めることができるようになっていますね。

竜星拡散爆
相手の山札のカードをを直接クロックに置くことができるイベントです。

相手の山札を7枚公開し、その中のクライマックス1枚につき、相手の山札を1枚クロックに置くことができます。
運は絡むものの、キャンセルに左右されずに相手のクロックを増やすことが可能になっていますね。

「“竜星拡散爆”ミリム」に指定されていますね。

みんなの為に シュナ
強力な『応援』と登場時の控え室回収、トップ操作の起動能力を持っています。

レベル3キャラということで、『応援』は2000パンプを行う強力なものになっています。

舞台への登場時に、控え室からキャラを1枚回収することができます。
必要なキャラを追加コストなしで手札に加えることができ、手札枚数の補充も可能ですね。

自身レストで山札の上から2枚を見て、好きな順番に並び替えることができます。
トップチェックテキストのサポートのほか、トリガー把握にも役立つテキストになっています。

聞こえないなぁ? リムル
盤面参照の自身パンプとアタック時に相手の山札を操作できるテキストです。

他の《魔大陸》キャラ1枚につき、自身のパワーを500ずつ伸ばすことができます。
舞台を埋めることでパワー12000になり、相手ターン中もパワーを発揮できますね。

アタック時に相手の控え室のカードを1枚選び、相手の山札の上か下に置くことができます。
山札の上に置くことでキャンセルの期待値を下げることができるほか、キーカードを山札に戻すような使い方も可能です。

夕日の中で ゲルド
後列参照の自身パンプテキストとカウンターのように使えるパンプテキストです。

後列の《魔大陸》キャラ1枚1枚につき、自身のパワーを1000伸ばすことができます。
前列のキャラが倒されてしまってもパワーの発揮が可能です。

他のキャラがフロントアタックされた時に、自身を控え室に置くことでそのキャラのパワーを4000伸ばすことができます。
相手のアタックに応じてカウンターのようにパワーパンプが可能で、『助太刀』メタの影響下で使えるほか、助太刀との併用も可能です。
自身が控え室に置かれることで相手のリバース要求テキストへの牽制としても活躍します。

流されるまま リムル
サイドアタックできないデメリットとトリガー回数を増やすことができるCXコンボを持っています。

サイドアタックできない代わりに、素のパワーが高くなっています。
キャラの温存やダメージ調整はできなくなるものの、安定してパワーの発揮が可能です。

CXコンボはトリガーチェックを2回行うことができるものです。
ストックを1枚追加で貯めることができるのはもちろん、トリガー回数を増やすことでダメージの増加やクライマックスのトリガーを狙うことが可能ですね。
対応クライマックスは電源アイコンのものです。

精霊の棲家へ リムル
登場時のトップ操作テキストと、クライマックス使用時のパワーパンプを持っています。

登場時に山札を上から1枚見て、山札の上か控え室に置くことができます。
他のトップチェックテキストや『集中』のサポート、トリガー操作が可能ですね。

クライマックスの使用時に自身を手札に戻すことで、キャラ1枚のパワーを2000伸ばすことができます。
クライマックスのパワーパンプと合わせてさらにパワーを伸ばすのはもちろん、電源アイコンのクライマックスとも相性がよく、登場時テキストの再利用も可能です。

「転生したらスライムだった件グッドスタッフ【8電源】」優勝デッキレシピまとめ

「転生したらスライムだった件グッドスタッフ【8枝】」解説とデッキレシピ


新弾のカードを中心にしたデッキですね。
フィニッシャーの「受け取った姿 リムル」はアタック後に控え室からキャラを登場させてアタック回数を増やすことができるCXコンボを持っています。同名カードを登場させてさらにCXコンボを使うこともできる強力なCXコンボですね。
「“断頭鬼刃” シオン」は確実に控え室からキャラを回収することができる使い勝手のいいCXコンボを持っています。
手札を節約しつつキャラを展開できる「“魔王”ラミリス」は単体でも便利なカードなのはもちろん、キャラを展開する必要がある「“断頭鬼刃” シオン」とも相性がいいですね。
「剣鬼 ハクロウ」はクライマックスのトリガー時にマーカーを貯めつつ、そのマーカーを消費して控えからキャラはもちろんイベントやクライマックスも回収することができるユニークなテキストを持つ後列向けキャラです。
黄色を中心に青や赤をタッチしたデッキ構成になっています。

「転生したらスライムだった件グッドスタッフ【8枝】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

受け取った姿 リムル
登場時の回復テキストと、アタック後に控え室からキャラを登場させることができるテキストです。

クロック回復テキストは言わずもがな便利なテキストですね。
同名カードのCXコンボからの登場時にも発動が可能です。

アタック後に3コストと手札1枚、このカードを思い出にすることで、山札を2枚削り、両方が《魔大陸》キャラか黄のクライマックスなら控え室から新たなキャラを登場させることができます。
新しく登場させたキャラでももちろんアタックが可能で、運は絡むもののアタック回数を増やすことができる強力なテキストです。

“断頭鬼刃” シオン
盤面条件のパワーパンプと控え回収のCXコンボですね。

キャラ全てが《魔大陸》なら、パワー5500になります。
簡単な条件でパワーを発揮できますね。

CXコンボは《魔大陸》キャラで盤面が埋まっていれば控え回収を行うことができるものです。
キャラを十分に展開する必要はあるものの、相手キャラのリバースなどを必要とせずに控え室からキャラを回収できるようになっています。

“魔王”ラミリス
登場時のリアニメイトテキストを持っています。

登場時に1コストで控え室からコスト0以下のキャラを1枚登場させることができます。
手札を消費せずにキャラを舞台に並べてアタックさせることが可能になっていますね。
リアニメイトしたキャラは、ターンの終わりに思い出に飛ぶので1ターンのみの活躍ということになってしまいますが、思い出圧縮にも繋がるテキストです。

剣鬼 ハクロウ
レベル参照の『応援』テキストとマーカーを介した控え回収テキストです。

『応援』は対象キャラのレベル1につき、パワーを500伸ばすものです。
レベル3キャラには1500パンプと強力なパワーパンプを行うことができるものですね。

トリガーチェックで黄のクライマックスが出たときに控え室からマーカーを獲得し、マーカー2枚と1コストを控え室に置くことで控え室から黄のカードを1枚手札に加えることができます。
トリガー依存ではあるものの、マーカーを貯めて僅かながらも圧縮を行いつつ、手札の枚数を増やすことができるテキストです。
クライマックスやイベントも回収できるのは強力ですね。

「転生したらスライムだった件グッドスタッフ【8枝】」優勝デッキレシピまとめ