「ゴブリンスレイヤー【8炎】」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!

「ゴブリンスレイヤーゴブリンスレイヤー 8炎【8炎】黄t赤」解説とデッキレシピ


ショットアイコン2種とその関連カードを軸にしたデザイナーズ調のデッキです。
最大で手札を3枚増やすCXコンボの「森人の矜持 妖精弓手」、ショットアイコンをカムバックアイコンのように運用できる「気前良き酒豪 鉱人道士」、6枚集中の「勇士を訪ねて 妖精弓手」で強力にアドバンテージを稼ぎ、武蔵ショットの「生粋の冒険者 妖精弓手」、1点バーンを複数回飛ばす「連弾の石礫 鉱人道士」で相手を追い詰めます。
安定性を高めるために赤をタッチして、「はじける活力 牛飼娘」を採用していますね。
クライマックスはCXコンボはもちろん、「気前良き酒豪 鉱人道士」を活用するためにすべてショットアイコンのものです。

「ゴブリンスレイヤーゴブリンスレイヤー 8炎【8炎】黄t赤」よく使われるカード・相性のいいカード解説

生粋の冒険者 妖精弓手
登場時に2コストで相手キャラ1枚をバウンスし、「武蔵ショット」を持っています。

登場時テキストはコストこそかかりますが、相手の厄介なキャラを排除したり、ダイレクト面を作ることでの打点向上が可能です。

登場ターン中に与えたダメージがキャンセルされた時、山札の上から1枚を控え室に置き、そのカードのレベル+1分のダメージを相手に与えることができます。
1ダメージは確実に飛びますし、相手を強力に追い詰めることができるテキストです

連弾の石礫 鉱人道士
登場時の2ドロー1ディスと、相手にダメージを与えるCXコンボを持っています。

手札からの登場時はもちろん「異端を狩る者 蜥蜴僧侶」による登場時にも2ドロー1ディスが可能です。
クライマックスやアタッカー探しなど手札の質を上げることができますね。

CXコンボでは4コストで山札を5枚削り、その中のソウルアイコンを持つカードの枚数分1点バーンを繰り返すことができます。
運は絡みますが、ダメージを刻むことが可能です。パワーが3000伸びるのも強力ですね。
対応クライマックスの「共に歩む戦友」はショットアイコンです。

異端を狩る者 蜥蜴僧侶
登場時のクロック回復と、「連弾の石礫 鉱人道士」を登場させるCXコンボを持っています。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストです。

CXコンボではノーコストで控え室から「連弾の石礫 鉱人道士」を登場させることができます。
レベル3のキャラをノーコストで登場させることができ、「連弾の石礫 鉱人道士」の登場時テキストも発動しますね。対応クライマックスも共通なので「連弾の石礫 鉱人道士」はそのままバーンが可能です。
対応クライマックスは「共に歩む戦友」、ショットアイコンのものです。

歴戦の観察眼 鉱人道士
レベル比例応援と、登場時の相手と自分の山札のトップ確認テキストです。

レベル応援は高レベルキャラの支援に大きく活躍することができます。

登場時のテキストでは相手と自分の山札を上から2枚までずつ覗き見ることができます。
トリガー把握やキャンセルの確認が行える便利テキストです。
テキストがそれぞれ独立しているので好きな順番で使うことが可能になっています。

森人の矜持 妖精弓手
イベントの使用を制限するテキストと手札を増やすCXコンボです。

1ターン中の同名イベントの複数回使用を制限することができます。
システム面をイベントに頼るデッキには効果てきめんですね。
相手の使ったイベントも使えなくなるので、ミラーマッチではシステムと防御を兼ね備えたようなイベントが使いにくくなります。

CXコンボでは相手リバース時に山札の上から3枚を控え室に置き、その中のトリガーアイコン持ちのカードの枚数分キャラを回収できます。
運も絡むものですが最大3枚まで手札を増やすことができる強力なものですね。
1面のみでも十分に手札を補充できる可能性があるのは使いやすいです。
対応クライマックスはショットアイコンの「冒険の色彩」になります。

気前良き酒豪 鉱人道士
登場時の1面パワーパンプと、トリガーチェックでショットアイコンのクライマックスが出たときの控え室回収です。

登場時には《秩序》キャラ1枚のパワーを+1500できます。
自身パンプも可能で、登場したターンのみとはいえパワーの必要な面を支援できます。

このカードのトリガーチェックでショットアイコンのクライマックスを捲れば、控え室回収が可能です。
本来のショットアイコンに加えて、カムバックアイコンのような使い方ができるようになっています。

勇士を訪ねて 妖精弓手
トリガーチェックで特定カードが出たときの控え室回収と、ユニークな『集中』を持っています。

回収テキストは自キャラのトリガーチェックで「共に歩む戦友」が出たときに、控え室から「連弾の石礫 鉱人道士」か「異端を狩る者 蜥蜴僧侶」を回収できるものです。
タイミングは限定的ですが、本来のショットアイコンの公開に加えて手札を増やすことができます。
「連弾の石礫 鉱人道士」「異端を狩る者 蜥蜴僧侶」はどちらもレベル3のキャラです。

集中は6枚をめくり、ショットアイコンのクライマックスが落ちればキャラを1枚回収できるものです。
対象のクライマックスが複数落ちても1枚しか回収できませんが、6枚捲ることで手札を増やせる確率が上がっています。
山削りの面から見ても優秀ですね。

未知への羨望 妖精弓手
移動テキストと、自身のソウルを伸ばすアタック時テキストです。

相手のアタック前に前列のキャラのいない枠に移動することができます。
相手キャラから逃げることで、リバースさせられるのを防いで手札の消耗を抑えることが可能です。

アタック時に控え室からキャラを2枚山札に戻すことで、自身のソウルを1伸ばします。
もちろん圧縮は下がってしまいますが、打点の向上の他にも山の枚数調整や、山札を削って落ちたカードのソウルアイコンの有無を参照する「森人の矜持 妖精弓手」「連弾の石礫 鉱人道士」のサポートが可能です。

「ゴブリンスレイヤーゴブリンスレイヤー 8炎【8炎】黄t赤」優勝デッキレシピまとめ