「ソードアート・オンライン フラクトライト軸」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!

「ソードアート・オンラインSAO【《フラクトライト》軸】【本門】「キリト」「ユージオ」軸」解説とデッキレシピ


新弾のキリトとユージオのカードをを軸にしたデッキです。
フィニッシャーは複数回のバーンを飛ばす「夜空色の英雄 キリト」です。
「夜空色の英雄 キリト」のCXコンボをサポートできる「“キリトの相棒”ユージオ」、絆を持つ「ルーリッド村からの旅立ち キリト」も採用されていますね。
「動き出す運命 ユージオ」は手札を増やすCXコンボを持っています。
色構成は青中心、クライマックスは本と門の構成ですね。

「ソードアート・オンラインSAO【《フラクトライト》軸】【本門】「キリト」「ユージオ」軸」よく使われるカード・相性のいいカード解説

夜空色の英雄 キリト
『経験』での自身パンプと登場時の2ドロー1ディスとマーカー獲得、相手にダメージを与えるCXコンボを持っています。

『経験』6でパワー11000になりますね。
安定的にパワーを出すことができ、リバース要求のCXコンボと相性のよいテキストです。

登場時には手札を整えつつ、控え室の「“キリトの相棒”ユージオ」をマーカーにします。
他のアタッカーやクライマックスを引き込むことを期待できますね。
マーカーはCXコンボで必要になります。「“キリトの相棒”ユージオ」に起動能力で「赤薔薇の剣」を回収しさせてから登場時させれば確実にマーカーを獲得することが可能です。

CXコンボは相手リバースで1点を飛ばし、マーカーがあれば追加コストを払うことで更に3点を飛ばすことができます。
リバースこそ必要ですが、コストを払えなくてもダメージを飛ばすことができ、マーカーがあれば更にダメージを飛ばすことができる強力なフィニッシャーです。
対応クライマックスは「赤薔薇の剣」、ゲートアイコンのものです。

“キリトの相棒”ユージオ
控え室のクライマックス参照の早出しと自ターン中のパワーパンプ、クロック回復に加えてクライマックスを回収する起動能力を持っています。

控え室のクライマックスが2枚以下ならレベル2段階から登場することができます。
タイミングを合わせると必要はありますが、
特定カードを必要としない使いやすいものです。

クロック回復は便利なテキストですね。

自ターン中は《フラクトライト》キャラ1枚につきパワーを500伸ばします。最大で11000になりますね。
自ターンのみとはいえ簡単にパワーを出すことができます。

自身を控え室に置くことで、控え室からゲートアイコンの「赤薔薇の剣」を回収することが可能です。
アタックなどには参加できなくなってしまいますが、クロック回復を行いつつ「夜空色の英雄 キリト」のCXコンボに繋ぐことができます。
『経験』に「夜空色の英雄 キリト」を要求していますが、「夜空色の英雄 キリト」が経験でパワーを伸ばすことを考えるとシナジーになっていますね。

ルーリッド村からの旅立ち キリト
レベル3以上のキャラへの強力な『応援』と、『絆』を持っています。

レベル3以上のキャラにパワーを+2000できます。
一部のキャラにしか効果が無いかわりに、強力なパワー支援が可能ですね。

『絆』は手札コストのものですね。
手札枚数が増えるといったことはありませんが、リソースを消費せずに手札の質を上げることができます。
対象キャラは「“キリトの相棒”ユージオ」、フィニッシャーに繋がる早出しレベル3キャラを回収することがで可能です。

動き出す運命 ユージオ
手札の増えるCXコンボを持ったキャラです。

バトル相手のリバースなどは必要なく、アタックするだけで手札を増やすことができます。
一応「他のあなたの《フラクトライト》のキャラがいるなら」という条件はありますがとても緩いものですね。
山札の上の4枚から選ぶということで手札に加えることができるカードは限られてしまいますが山削りの役割もこなすことができます。
対応クライマックスはドローアイコンの「昔日の冒険」です。

“ユージオの相棒”キリト
手札を増やす『集中』とともに、『経験』で『応援』を獲得することができます。

『集中』は単レスト、サーチの使いやすいものですが、《フラクトライト》指定ということで既存のカードとの組み合わせは全く考慮されていません。

『経験』はレベル置場のカードのレベルが5以上なら、パワー500を上昇させる『応援』を獲得するものです。
5レベル分要求しているのでレベル2以降でしか達成できませんが、『集中』だけでなくパワー支援としても運用できるのは便利ですね。

「ソードアート・オンラインSAO【《フラクトライト》軸】【本門】「キリト」「ユージオ」軸」優勝デッキレシピまとめ

「ソードアート・オンラインSAO【《フラクトライト》軸】【8風】「アリス」軸」解説とデッキレシピ


アリスを中心にした《フラクトライト》軸デッキですね。
フィニッシャーは相手の山札の圧縮を崩しつつバーンを与えるCXコンボを持つ「玲瓏な女騎士 アリス」に加え、クライマックスなどを必要としないエクストラダメージを持つ「“幼馴染の少女”アリス」ですね。
「離反の覚悟 アリス」は強力に手札アドバンテージを稼ぐことができるキャラです。
色構成は黄中心、クライマックスは8枚ともリターンアイコンのものになります。
適宜「キリト」「ユージオ」ネームのキャラが採用されることもありますね。

「ソードアート・オンラインSAO【《フラクトライト》軸】【8風】「アリス」軸」よく使われるカード・相性のいいカード解説

玲瓏な女騎士 アリス
登場時のクロック回復と、バーンと逆圧縮を同時に行うCXコンボを持っています。

クロック回復はもちろん便利なテキストですね。

CXコンボはダメージをキャンセルされたときにコストを支払うことで自分の山札を5枚削り、その中のソウルアイコンを持つ分だけ相手の控え室から山札にカードを戻し、相手にダメージを与えます。
ダメージをキャンセルされることが前提で、運も絡みますが、相手の山札の圧縮を崩しつつ追加のダメージを与えることが可能になっています。
対応クライマックスはリターンアイコンの「金木犀の剣」ですね。

“幼馴染の少女”アリス
登場時のXルックと相手にダメージを与えることができるテキストを持っています。
登場時テキストは舞台にいる《フラクトライト》のキャラ分山札を確認し、好きなカードを手札に加えるものです。
最大5枚の中からクライマックスやイベントも回収することができ、他のキャラのCXコンボやゲーム展開を強力にサポートできます。

アタック時に1コスト手札1枚を控え室に置くことでパワーを2000伸ばし、バトル相手をリバースさせた時に1点バーンが可能です。
カウンターなどを考えると確実にバーンを飛ばせるわけではありませんが、クライマックスなどを必要とせず軽いコストでエクストラダメージを作ることができるようになっています。

煌めく金木犀 アリス
パワーとテキストを付与する『応援』と、登場時の相手キャラバウンスを持っています。

『応援』はパワー2000とカウンターイベントを封じるテキストを付与するものです。
強力なパワー支援と共に、防御札対策が可能になっています。

相手の厄介なキャラを処理できるバウンステキストも便利なテキストですね

離反の覚悟 アリス
手札アドバンテージを稼ぐCXコンボを持っています。

バトル相手をリバースさせたときに山札の一番上のカードを確認し、そのカードが《フラクトライト》のキャラなら手札に加えることができますね。
手札に加えない場合は元に戻すので相手に山札の上のカードが何かを知られにくく、クライマックスならそのままキャンセルに繋げられますね。
更にフロントアタックされた時に手札に戻るテキストを獲得します。リバースされないことで手札の消耗を防ぎ、相手のリバース要求テキストの対策になるものです。
対応クライマックスはリターンアイコンの「独立の宣言」ですね。

「ソードアート・オンラインSAO【《フラクトライト》軸】【8風】「アリス」軸」優勝デッキレシピまとめ

「ソードアート・オンラインSAO【《フラクトライト》軸】【8扉】「アドミニストレータ」軸」解説とデッキレシピ


アドミニストレータを軸にした《フラクトライト》軸のデッキです。
リアニメイトとバーン付与を行うフィニッシャーの「“公理教会最高司祭”アドミニストレータ」を中心に、『チェンジ』を持つ
「“底なしの支配欲”クィネラ」、『共鳴』を持つ「“神聖術師見習”クィネラ」を活用する動きが特徴的です。
レベル1連動の「甘やかなる誘惑 アドミニストレータ」は控え室からキャラを早出しできるものになっています。
回復メタテキストを持つ後列キャラの「“支配者”アドミニストレータ」もユニークなカードですね。
『経験』の関係上赤中心の構成になり、クライマックスは8枚とも扉アイコンのものです。

「ソードアート・オンラインSAO【《フラクトライト》軸】【8扉】「アドミニストレータ」軸」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“公理教会最高司祭”アドミニストレータ
登場時の変則クロック回復と、リアニメイトとバーン付与のCXコンボを持っています。クロック回復は控え室ではなく山札の下に送るというものですね。

デッキボトムを把握しつつ、回復メタに引っかからない回復ができるようになっています。CXコンボはコストを払うことで控え室からキャラを登場させ、そのキャラにアタック時の2点バーンを付与します。

手札に握れていないキャラでも舞台に並べることができ、コスト2のキャラを出せればストック節約にもなります。
アタックだけでバーンを行えるテキストを付与できるのも便利ですね。

舞台に空き枠がないとキャラを登場させられない点には十分気をつけましょう。
対応クライマックスはカカムバックアイコンの「〈人界〉の支配者」です。

「“底なしの支配欲”クィネラ」の『チェンジ』、「“神聖術師見習”クィネラ」の『共鳴』に指定されているカードですね。

“底なしの支配欲”クィネラ
登場時のXルックと、『チェンジ』を持っています。

登場時舞台の《フラクトライト》のキャラ分山札を見て、好きなカードを加えることができます。
最大5枚の中からキャラだけでなくイベントやクライマックスを手札に加えることで、終盤の展開を強力にサポートすることが可能です。

『チェンジ』先の「“公理教会最高司祭”アドミニストレータ」はレベル3コスト2ということで、『チェンジ』のコストはこのカードを手札に戻すだけになっていますね。
手札を整えつつフィニッシャーを舞台に出すことができます。

“支配者”アドミニストレータ
全体パワーパンプを持ち、『経験』で回復メタテキストを獲得します。

舞台のキャラすべてにレベル1につきパワー500のパンプを行います。
低レベルのキャラにはさほど恩恵はありませんが、高レベルのキャラには強力なパワー支援が可能です。

レベル置場のカードがすべて「アドミニストレータ」「クィネラ」ネームのキャラなら、回復メタを獲得します。
自分か相手のクロックが控え室に置かれたときに、そのプレイヤーは更に2コスト払わなければ、山札kらストックが補充されてしまいます。
相手だけでなく自身のクロック回復にも反応してしまいますが、クロック回復を制限することで勝負を決めやすくなります。
「アドミニストレータ」「クィネラ」軸の回復枠、「“公理教会最高司祭”アドミニストレータ」が控え室ではなく山札の下に送る回復テキストを持っているのもポイントですね。

甘やかなる誘惑 アドミニストレータ
『経験』でのパワーパンプと、スタンバイアイコンのようなCXコンボを持っています。

レベル置場のカードがすべて「アドミニストレータ」「クィネラ」ネームのキャラならパワーを1000伸ばすことができます。
バニラサイズ止まりではありますが、安定的にパワーを出すことができるようになっています。

CXコンボではアタック時に1コストを払うことで山札を1枚削り、そのカードが《フラクトライト》のキャラなら、控え室からキャラを登場させるというものです。
コストがかかり、運は絡みますが現在のレベル+1のレベル帯のキャラまで登場させることができ、盤面争いを有利に進めることができます。対応クライマックスはカムバックアイコンの「永遠なる停滞への誘い」ですね。

“神聖術師見習”クィネラ
登場時の「アドミニストレータ」サーチと『共鳴』による5ルックを持っています。

登場時に手札を1枚クロックに置くことで、山札から「アドミニストレータ」ネームのキャラを手札に加えることができます。
クロックは増えてしまいますが、ストックを消費せずにサーチが可能です。
『共鳴』で必要になる「“公理教会最高司祭”アドミニストレータ」を探すこともできますね。

『共鳴』は「“公理教会最高司祭”アドミニストレータ」を公開し、1コストとキャラ2枚レストで山札の上から5枚の内から《フラクトライト》のキャラを手札に加えることができます。
コスト上連発は困難ですが確実に手札を増やすことが可能です。

「ソードアート・オンラインSAO【《フラクトライト》軸】【8扉】「アドミニストレータ」軸」優勝デッキレシピまとめ