「カードキャプターさくら電源扉【電源扉】」解説とデッキレシピ


エクストラダメージとクロック回復、パワーパンプを兼ね備えた強力なフィニッシャー、「“CLEAR”木之本桜」を採用したデッキですね。
スタンバイで強力なキャラを展開するとともに、手札とストックを稼ぐCXコンボを持つ「“えんび服風コスチューム”木之本桜」も強力なカードですね。
『共鳴』で安定して手札を増やせる「“チャイナ風コスチューム”木之本桜」もこのタイトルの強みですね。
上記の3枚がそれぞれ指定しているイベント、「固着」を中心にした動きがこのデッキの特徴です。
『共鳴』や控え室の枚数で参照されるのはもちろん、「固着」も4種からデッキに合わせて選択することが可能です。
「“『記録』せよ!”木之本桜」「“ふしぎなカード”木之本桜」は「固着」を手札に加えることができるテキストを持っています。
「“CLEAR”木之本桜」を強力にサポートできる「Maison de Tomoyo」、同じクライマックスで大きくパワーを伸ばす「“香港のお友達”李苺鈴」も特徴的です。
防御札の「咄嗟の防御」も採用されることが多いですね。
クライマックス構成は電源と扉、赤を中心に緑などをタッチした色構成になります。

「カードキャプターさくら電源扉【電源扉】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“CLEAR”木之本桜
全体パワーパンプと、バーンと共に回復を行うCXコンボを持っています。

前列にいれば、《クリアカード編》のキャラすべてのパワーを1500上げることができます。
簡単な条件で、盤面を固めるのはもちろん自身のパワーも上げることができるものです。
CXコンボとも相性がいいですね。

CXコンボはアタック時にコストを支払うことで、控え室の「固着」の枚数を参照したバーンを飛ばし、バトル相手リバース時のクロック回復を獲得します。
バーンは控え室の「固着」の枚数分のダメージを相手に飛ばすものです。
リフレッシュのタイミングや他の領域に「固着」が置かれている可能性もあってダメージ量は安定しにくいですが、多点バーンを飛ばしやすくなっています。コストで手札の「固着」を控え室に置くことができるので、打点のの調整が可能になっていますね。
更にバトル相手をリバースさせると、クロックを1枚減らすことができます。
相手リバースと対応クライマックスが必要になっていますが、自身でパワーを伸ばせるのと相性が良いですね。
対応クライマックスはカムバックアイコンの「透明なきもち」です。

“おまかせあれ!”大道寺知世
盤面参照と、登場時トップチェックを行っての自身パンプ、アタック時のトップチェックバーンを持っています。

他に《クリアカード編》のキャラがいれば、という簡単な条件でパワーを1500伸ばし、さらに登場時に山札の1番上のカードが「知世」ネームのキャラならさらにパワーを2000伸ばします。
安定的にパワー11000になり、登場時のトップチェックが成功すればパワー13000になることが可能ですね。
トップチェックはアタック時バーンのサポートにも繋がります。

アタック時に山札の1番上のカードを公開し、そのカードが「桜」ネームのキャラならそのカードのレベル分のダメージを相手に与えます。
ネーム指定でこのカード本体が指定外というなかなかのハンデを背負ううえ、レベル1以上のカードを捲らないとバーンを飛ばすことはできませんが、ノーコストでエクストラダメージが作れるのは強力ですね。

“凛々しい王子様”木之本桜
登場時のクロック回復とストックブーストを持っています。

クロック回復は言わずもがな重要なテキストですね。

登場時に《クリアカード編》のキャラが4枚以上なら、山札からストックブーストが可能です。
複数面の展開にはキャラの圧殺などが必要ですが、差し引き1コストで登場することができるようになっています。
回復キャラを1コストで登場させることができるのは強力ですね。

“いっしょに通学”桜&知世
盤面参照の早出しテキストと、クロック回復を持っています。

《クリアカード編》のキャラが4枚以上なら、レベル2段階から登場することができます。
複数展開は難しいですが、タイミングなどに左右されにくく手軽に早出しが可能です。

もちろんクロック回復は重要ななテキストですね。

“伝えたい気持ち”木之本桜
盤面参照の自身パンプと、盤面条件で獲得できる『アンコール』を持っています。

舞台の《クリアカード編》のキャラ1枚につき、パワーを1000伸ばします。
盤面を埋めていればタイミングを問わずにパワー10500を出し続けることが可能です。

もしリバースさせられても、《クリアカード編》キャラ2枚以上で獲得できる『アンコール』で舞台に残りやすくなっていますね。

“香港のお友達”李苺鈴
レベル3以上のキャラにアタックした時のパワーパンプと、パワーとソウルを伸ばすCXコンボを持っています。

レベル3以上のキャラ相手にアタックした時、パワーを6000伸ばすことができます。
単体パワー13000でアタックでき、レベル3のキャラと十分に戦うことが可能ですね。
早出しキャラへの対処はもちろん、相手がレベル3に上がってからも活躍することができます。

CXコンボはアタック時に「桜」ネームのキャラがいればパワーを5000、ソウルを1伸ばすことができます。
大きくパワーを伸ばせるとともに、ダメージ量を増やすこともできます。
対応クライマックスの「透明なきもち」がカムバックアイコンのものということでパワーを13000まで伸ばすことができ、レベル3以上のキャラ相手にアタックすることで後列などに頼らずパワー19000に到達することが可能になっています。
CXコンボとはいえ後列込みで簡単にパワー20000が見えてくるのは強力ですね。
対応クライマックスを「“CLEAR”木之本桜」と共有しているのも強みです。

“えんび服風コスチューム”木之本桜
手札とストックを同時に増やすCXコンボと、自身のパワーを伸ばす『共鳴』を持っています。

CXコンボはバトル相手をリバースさせることで山札からストックブーストを行い、山札の一番上のカードを公開してレベル1以上のキャラなら手札に加えるというものです。
ストックとともに、運は絡みますが手札も増やせるデザインになっています。
レベル1以上ということでレベル0キャラを手札に加えられない代わりに、「固着」などのイベントを回収することが可能ですね。
対応クライマックスはスタンバイアイコンの「宝物の毎日」です。

『共鳴』は手札から「固着」を公開することでパワーを3000伸ばすものです。
自ターン中のみですが、毎ターン安定的にパワーを出すことができ、CXコンボとも相性がいいですね。

“一番のお友達”大道寺知世
イベント使用時の手札交換と、手札の増える『集中』を持っています。

イベントを使ったときに1ドロー1ディスを行うことができます。
1ターンに一度だけですが、イベントの効果に加えて手札の質を上げることが可能です。
相手ターン中にカウンターイベントを使った時にも1ドロー1ディスが可能ですね。

『集中』は単レスト控え室回収の使いやすいものです。

“チャイナ風コスチューム”木之本桜
自ターン中の『応援』テキストと、3ルックを行う『共鳴』を持っています。

『応援』は自ターンのみのパワーパンプですが、腐りにくい便利なテキストですね。

『共鳴』は1コストと手札の「固着」を公開することで、山札の上から3枚の内から《クリアカード編》のキャラか「固着」を拐取できるものです。
「固着」を手札に持てていれば1コストで手札を増やすことができます。
「固着」を回収できる「“『記録』せよ!”木之本桜」や「“夢の時計”木之本桜」と組み合わせることで序盤から安定して手札を増やすことが可能になります。

“ふしぎなカード”木之本桜
登場時に特定のイベントをサーチすることができます。

手札を1枚クロックに置くということで手札の枚数は変わらず、クロックも増えてしまいますが、キーカードとなる「固着」を序盤から手札に加えることができますね。
1000とはいえパワーを伸ばすことができるのも使い勝手がよいです。

“『記録』せよ!”木之本桜
登場時の特定イベント回収と、アタック時バーンの手札入れ替えテキストを持っています。

登場時に手札を1枚捨てることで、控え室から「固着」を回収できます。
キーカードの「固着」を確実に手札に加えることができ、手札の不要なカードを控え室に置く働きもこなせます。

アタック時に山札を1枚削り、クライマックスが落ちれば1ドロー1ディスが可能です。
可能性は低いですが、手札の質を上げることが可能ですね。。
クライマックスがトリガーするのを避けることにも繋がります。

“めおと漫才?”千春&山崎
登場時のトップチェックを介した手札交換と、アタック時のリアニメイトテキストを持っています。

登場時に山札の1番上のカードを公開し、レベル1以上のカードが出れば手札に加えることができます。
手札を1枚捨てるので手札の枚数次隊は変わりませんが、手札の質を上げることができるテキストです。
『集中』などのサポートを兼ねることもでき、レベル参照ということでイベントを回収できる可能性があるのは便利ですね。
山札の上からレベル1以上のキャラを取り除くことで、もう一つのテキストのサポートも可能です。

アタック時に他のキャラが1枚以下なら山札の上から1枚を控え室に置き、レベル0以下のキャラが落ちれば直接後列に出すことができます。
序盤でないと使いにくく運も絡みますが、手札以外から直接キャラを舞台に出すことで手札の消耗を抑えることが可能になっています。
登場時テキストで成功確率を上げることができますね。

固着(黄)
サーチとテキスト付与を行うイベントです。

山札から《クリアカード編》のキャラを1枚サーチし、キャラ1枚のパワーを伸ばすと共に、トリガーチェックを2回行うというテキストを付与します。
確実に欲しいカードを手札に加えることができるのは使い勝手がよいですね。

トリガーチェックを2回行うテキストは、アタック時に1コスト払うことで発動することができます。
ストックの枚数を増やせるわけではありませんが、直前のアタックでストックに置かれたカードを控え室に送ることになりますね。
クライマックスをトリガーした後にこのテキストを使うことで、ストックに置かれたクライマックスをすぐに処理し、圧縮を上げやすくなっています。

「“CLEAR”木之本桜」のCXコンボや、「“チャイナ風コスチューム”木之本桜」、「“ふしぎなカード”木之本桜」、「“『記録』せよ!”木之本桜」、「“夢の時計”木之本桜」「”切り札”木之本桜」「”えんび服風コスチューム”木之本桜」「”お土産のクッキー”木之本桜」「”カエルさんコスチューム”木之本桜」「”密かなたくらみ”大道寺知世」「”新しいお友達”木之本桜」に指定されているカードになります。

固着(赤)
1ドローを行うイベントです。

手札の質を上げることができ、イベントやクライマックスを手札に加えられる可能性もありますね。
「桜」ネームのキャラがいなけれプレイできないという条件はありますが、さほど重いものではありません。

固着(緑)
ストックを参照するカウンターイベントです。

ストック1枚につきパワー500を付与します。
ストックが4枚あればレベル1コスト0の『助太刀』を、5枚あれば固定値パンプのレベル1コスト0のカウンターイベントのパンプ値を越える使いやすいものです。

自ターン中にもパワーパンプとして使えるのはイベントの利点ですね。

固着(青)
山札サーチとパワーパンプを行うイベントです。

山札からキャラを2枚サーチします。
2コストかかるものですが、手札の枚数を増やすことができますね。

キャラ1枚のパワーを2000伸ばせるのも便利です。

Maison de Tomoyo
2つの効果を選べるイベントです。

1つめは手札から「桜」ネームのキャラを登場させるというものですね。
登場コストを払う必要がないのでコスト2以上のキャラを登場させられればストックの節約になり、もちろん登場時テキストを発動させことができます。
そのキャラのパワーを3500伸ばせるのも便利すね。

もう一つは控え室からのクライマックスを回収し、トップチェックが成功すればキャラ2枚のパワーを伸ばすものです。
バーンを飛ばすCXコンボを持つ「“CLEAR”木之本桜」の対応クライマックスを回収することでフィニッシャーを強力にサポートすることができますね。
トップチェックを行い、「桜」ネームのキャラが出ればキャラ1枚のパワーを4000伸ばすことが可能です。
こちらもリバース要求のあるCXコンボをサポートすることが可能になっています。

咄嗟の防御
ダメージを与えられなくなるテキストを付与する防御札です。

《クリアカード編》のキャラが5枚以上なら、バトル中のキャラはダメージを与えることができなくなります。
アタックによるダメージはもちろん、リバース時バーンなどもすべて遮断することができますね。
クロックシュートテキストは発動する点には気をつけましょう。

キャラ1枚のパワーを1000伸ばせるのは便利ですね。

「カードキャプターさくら電源扉【電源扉】」優勝デッキレシピまとめ

「カードキャプターさくら8電源【8電源】」解説とデッキレシピ


スタンバイアイコンのクライマックスを8枚採用したデッキタイプですね。
手札からの使用時とトリガー時両方で安定して高レベルキャラを盤面に供給し、ボードアドバンテージを稼ぎます。
メインのフィニッシャーになるのはアタック時バーンを持つ「“おまかせあれ!”大道寺知世」ですね。
「“いつでもどこでも撮影中”大道寺知世」は電源で登場したキャラをスタンドさせるCXコンボ、「“えんび服風コスチューム”木之本桜」は手札とストックを増やすCXコンボをそれぞれ持っています。
「固着」で『共鳴』を行うタイトルに特徴的な動きも採用されますね。
「“えんび服風コスチューム”木之本桜」のパワーを伸ばすほか、「“チャイナ風コスチューム”木之本桜」で毎ターン手札を増やすことが可能になります。
クライマックスは8枚ともスタンバイアイコン、赤を中心に緑や黄をタッチしたデッキになっています。

「カードキャプターさくら8電源【8電源】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“おまかせあれ!”大道寺知世
盤面参照と、登場時トップチェックを行っての自身パンプ、アタック時のトップチェックバーンを持っています。

他に《クリアカード編》のキャラがいれば、という簡単な条件でパワーを1500伸ばし、さらに登場時に山札の1番上のカードが「知世」ネームのキャラならさらにパワーを2000伸ばします。
安定的にパワー11000になり、登場時のトップチェックが成功すればパワー13000になることが可能ですね。
トップチェックはアタック時バーンのサポートにも繋がります。

アタック時に山札の1番上のカードを公開し、そのカードが「桜」ネームのキャラならそのカードのレベル分のダメージを相手に与えます。
ネーム指定でこのカード本体が指定外というなかなかのハンデを背負ううえ、レベル1以上のカードを捲らないとバーンを飛ばすことはできませんが、ノーコストでエクストラダメージが作れるのは強力ですね。

“恋する”詩之本秋穂
舞台でレベルが下がるデメリットと、全体パワーパンプ、登場時の3ルックテキストを持っていますね。

舞台ではレベル0になってしまいます。
サイドアタックされてもダメージが減らず、相殺テキストにも処理されてしまいますが、強力なパンプテキストを持ちつつも素のパワー10000を維持できていますね。

他の《クリアカード編》キャラのパワーを1500伸ばすことができます。
舞台全体を強力に支援することが可能ですね。

登場時には山札の上から3枚を確認し、好きなカードを1枚手札に加えることができます。
他のアタッカーはもちろん、イベントやクライマックスを拾える可能性があるテキストです。

電源で後列に登場してパワーパンプを行う役割ですね、

“CLEAR”木之本桜
全体パワーパンプと、バーンと共に回復を行うCXコンボを持っています。

前列にいれば、《クリアカード編》のキャラすべてのパワーを1500上げることができます。
簡単な条件で、盤面を固めるのはもちろん自身のパワーも上げることができるものです。
このデッキではCXコンボを使用せずに、このパワーパンプテキストを目的にした採用になっています。

“伝えたい気持ち”木之本桜
盤面参照の自身パンプと、『アンコール』を持っています。

舞台の《クリアカード編》のキャラ1枚につき、パワーを1000伸ばします。
盤面を埋めていればタイミングを問わずにパワー10500を出し続けることが可能です。

もしリバースさせられても『アンコール』で舞台に残りやすくなっていますね。

「“リュックの中から”ケロちゃん」の『絆』と疑似チェンジテキストに指定されているカードです。

“いつでもどこでも撮影中”大道寺知世
キャラをスタンドさせるCXコンボと、1コストの復帰テキストをもっています。

CXコンボはこのカードが前列にいれば対応クライマックス使用時にキャラを1枚スタンドさせるものです。
アタック回数の増加などには繋がりませんが、対応クライマックスの「最高の1枚を」がスタンバイアイコンのものということで、スタンバイで登場させた強力なキャラがそのままアタックに参加できます。
コストが必要ないのは手軽で良いですね。

アンコールステップに自分の前列キャラが全て倒されていれば、コスト1で舞台に残ることができます。
他のキャラが健在なら使うことはできませんが、『アンコール』と比べて軽いコストが強みですね。

“えんび服風コスチューム”木之本桜
手札とストックを同時に増やすCXコンボと、自身のパワーを伸ばす『共鳴』を持っています。

CXコンボはバトル相手をリバースさせることで山札からストックブーストを行い、山札の一番上のカードを公開してレベル1以上のキャラなら手札に加えるというものです。
ストックとともに、運は絡みますが手札も増やせるデザインになっています。
レベル1以上ということでレベル0キャラを手札に加えられない代わりに、「固着」などのイベントを回収することが可能ですね。
対応クライマックスはスタンバイアイコンの「宝物の毎日」です。

『共鳴』は手札から「固着」を公開することでパワーを3000伸ばすものです。
相手のターン中までパンプが持続し、毎ターン安定的にパワーを出せるということでCXコンボとも相性がいいですね。

“リュックの中から”ケロちゃん
「“伝えたい気持ち”木之本桜」への『絆』と疑似チェンジを持っています。

レベル2以上なら、このカードを控え室に置くことで手札から「“伝えたい気持ち”木之本桜」を舞台に出すことができます。
手札消費は嵩みますが、ストック消費無しでレベル2コスト2のキャラを登場させることができます。

『絆』で「“伝えたい気持ち”木之本桜」を回収できるのもポイントです。
『絆』は手札コストのものです。
手札の枚数などは変わりませんが、リソースを消費せずに指定キャラを回収することができますね。

“チャイナ風コスチューム”木之本桜
自ターン中の『応援』テキストと、3ルックを行う『共鳴』を持っています。

『応援』は自ターンのみのパワーパンプですが、腐りにくい便利なテキストですね。

『共鳴』は1コストと手札の「固着」を公開することで、山札の上から3枚の内から《クリアカード編》のキャラか「固着」を拐取できるものです。
「固着」を手札に持てていれば1コストで手札を増やすことができます。
「固着」を回収できる「“『記録』せよ!”木之本桜」や「“夢の時計”木之本桜」と組み合わせることで序盤から安定して手札を増やすことが可能になります。

「カードキャプターさくら8電源【8電源】」優勝デッキレシピまとめ

「カードキャプターさくら電源宝【電源宝】」解説とデッキレシピ


フィニッシャーに「“羽ばたく翼”木之本桜」を採用し、レベル1の連動としては「“えんび服風コスチューム”木之本桜」を採用しています。
「“羽ばたく翼”木之本桜」は「“真剣なまなざし”李小狼」と連携して2点バーンを2回飛ばすことが出来る強力なCXコンボを持つフィニッシャーですね。
「“えんび服風コスチューム”木之本桜」は対応アイコンがスタンバイアイコンということで、後列などに強力なキャラを展開しつつアドバンテージを稼ぐことが可能になっています。
電源で登場させるような高コストキャラが採用され、クライマックス構成は電源と宝、赤と緑を中心にしたデッキになっています。

「カードキャプターさくら電源宝【電源宝】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“羽ばたく翼”木之本桜
登場時の特定カードリアニメイトと、相手にダメージを飛ばすCXコンボを持っています。

登場時に追加で1コスト払うことで、控え室から「“真剣な眼差し”李小狼」を登場させることができます。
手札消費無し、1コストでレベル3のキャラを1枚立てられるのは強力ですね。
対象のキャラがこのカードへの強力なパンプを持っていて、「小狼」ネームということでCXコンボとの相性も良くなっています。

CXコンボはアタック時に2コスト手札2枚で、このカードと「小狼」ネームのキャラ1枚のパワーを1000伸ばし、バトル相手リバース時の2点バーンを付与するものです。
「小狼」ネームとこのカードそれぞれでバトル相手をリバースさせる必要はありますが、2点ダメージを2回飛ばせるのは強力ですね。
1000とはいえパワーを伸ばすことで、リバースを取りやすくなっています。
対応クライマックスはトレジャーアイコンの「空中散歩」です。

「“真剣な眼差し”李小狼」には『経験』の条件とパワーパンプ先として指定されていますね。

“真剣なまなざし”李小狼
盤面参照の自身パンプと、『経験』による特定キャラへのパワーパンプ、ストブヒールを持っています。

《クリアカード編》のキャラが2枚以上なら、パワーを2000伸ばします。
簡単な条件で相手ターン中もパワー11000で立ち続けることができますね。

レベル置場に「“羽ばたく翼”木之本桜」があるなら、舞台の「“羽ばたく翼”木之本桜」のパワーを2000伸ばすことができます。
このカードが「“羽ばたく翼”木之本桜」の登場時テキストでリアニメイトされるので舞台に並びやすく、条件を達成していれば継続的なパワー支援が可能ですね。

登場時のクロック回復は手札を捨てることで、クロックの上から1枚をストックにできるものです。
手札消費があるかわりにストックを温存でき、回復メタにも引っかかりませんね。
もちろん「“羽ばたく翼”木之本桜」のリアニメイト時にも発動し、その場合は手札1枚ノーコストクロックを回復しつつこのキャラを舞台に登場させることができます。

“えんび服風コスチューム”木之本桜
手札とストックを同時に増やすCXコンボと、自身のパワーを伸ばす『共鳴』を持っています。

CXコンボはバトル相手をリバースさせることで山札からストックブーストを行い、山札の一番上のカードを公開してレベル1以上のキャラなら手札に加えるというものです。
ストックとともに、運は絡みますが手札も増やせるデザインになっています。
レベル1以上ということでレベル0キャラを手札に加えられない代わりに、「固着」などのイベントを回収することが可能ですね。
対応クライマックスはスタンバイアイコンの「宝物の毎日」です。

『共鳴』は手札から「固着」を公開することでパワーを3000伸ばすものです。
相手ターンまでパンプが持続し、毎ターン安定的にパワーを出すことができるのはCXコンボとも相性がいいですね。

「カードキャプターさくら電源宝【電源宝】」優勝デッキレシピまとめ

「カードキャプターさくら8宝【8宝】」解説とデッキレシピ


「“羽ばたく翼”木之本桜」と「“火神招来!”李小狼」を採用した桜と小狼を中心にしたデッキです。
フィニッシャーの「“羽ばたく翼”木之本桜」は「“真剣な眼差し”李小狼」をリアニメイトすることができ、2点バーンを2面で飛ばせるCXコンボを持っています。
それぞれの面でバトル相手のリバースは必要になりますが、複数回ダメージを飛ばすことができる強力なフィニッシャーです。
「“真剣なまなざし”李小狼」がテキスト付与の対象であるとともに、パワーパンプを受けることでバトル相手をリバースさせやすくなっています。
「“火神招来!”李小狼」はストックブーストを行うCXコンボを持っています。
ストック枚数に比例するパワーパンプを行う緑の「固着」を採用し、キャラを守る動きが念頭に置かれていますね。
トレジャーアイコンのクライマックスのトリガーに反応してクロック回収を行える「“『飛翔』となかよし”木之本桜」をフル活用することが出来るのもこの構成の強みです。
クライマックス8枚とも宝アイコン、緑を中心にしたデッキ構成になっています。

「カードキャプターさくら8宝【8宝】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“羽ばたく翼”木之本桜
登場時の特定カードリアニメイトと、相手にダメージを飛ばすCXコンボを持っています。

登場時に追加で1コスト払うことで、控え室から「“真剣な眼差し”李小狼」を登場させることができます。
手札消費無し、1コストでレベル3のキャラを1枚立てられるのは強力ですね。
対象のキャラがこのカードへの強力なパンプを持っていて、「小狼」ネームということでCXコンボとの相性も良くなっています。

CXコンボはアタック時に2コスト手札2枚で、このカードと「小狼」ネームのキャラ1枚のパワーを1000伸ばし、バトル相手リバース時の2点バーンを付与するものです。
「小狼」ネームとこのカードそれぞれでバトル相手をリバースさせる必要はありますが、2点ダメージを2回飛ばせるのは強力ですね。
1000とはいえパワーを伸ばすことで、リバースを取りやすくなっています。
対応クライマックスはトレジャーアイコンの「空中散歩」です。

「“真剣な眼差し”李小狼」には『経験』の条件とパワーパンプ先として指定されていますね。

“真剣なまなざし”李小狼
盤面参照の自身パンプと、『経験』による特定キャラへのパワーパンプ、ストブヒールを持っています。

《クリアカード編》のキャラが2枚以上なら、パワーを2000伸ばします。
簡単な条件で相手ターン中もパワー11000で立ち続けることができますね。

レベル置場に「“羽ばたく翼”木之本桜」があるなら、舞台の「“羽ばたく翼”木之本桜」のパワーを2000伸ばすことができます。
このカードが「“羽ばたく翼”木之本桜」の登場時テキストでリアニメイトされるので舞台に並びやすく、条件を達成していれば継続的なパワー支援が可能ですね。

登場時のクロック回復は手札を捨てることで、クロックの上から1枚をストックにできるものです。
手札消費があるかわりにストックを温存でき、回復メタにも引っかかりませんね。
もちろん「“羽ばたく翼”木之本桜」のリアニメイト時にも発動し、その場合は手札1枚ノーコストクロックを回復しつつこのキャラを舞台に登場させることができます。

“火神招来!”李小狼
ストック条件の自身パンプと、ストックブーストを行うCXコンボを持っています。ストックが5枚以上ならパワーを2000伸ばせます。

条件を達成していれば安定的にパワー6000になり、相手リバースが必要になるCXコンボとも相性が良いですね。
CXコンボがストックブーストのものなのも相性が良いです。

CXコンボはパワーを1000伸ばし、バトル相手リバース時に山札からストックブーストを行うものです。
パワーを伸ばせるのでリバースも取りやすく、リソースを溜めることが可能になっていますね。
対応クライマックスはトレジャーアイコンの「護るための力」ですね。

“『飛翔』となかよし”木之本桜
『応援』と特定アイコンのクライマックスがトリガーしたときの手札交換を持っています。

前のキャラのパワーを底上げできる『応援』は便利なテキストですね。

トレジャーアイコンのクライマックスをトリガーしたときに、手札を1枚捨てることでクロック置場のカードを1枚手札に加えることができます。
デッキ構成は固定されますが、手札の質を上げることが可能です。クロックのカードならキャラはもちろんイベントやクライマックスを拾えるのは便利ですね。
手札コストで手札に加わったクライマックスを処理することが可能です。トレジャーアイコンにありがちなクライマックスを手札に抱え込んでしまう事故を回避することができるようになっていますね。
このデッキでは8枚ともがトレジャーアイコンのクライマックスということで、テキストをフル活用することが可能になっています。

固着
ストックを参照するカウンターイベントです。

ストック1枚につきパワー500を付与します。
ストックが4枚あればレベル1コスト0の『助太刀』を、5枚あれば固定値パンプのレベル1コスト0のカウンターイベントのパンプ値を越える使いやすいものです。

自ターン中にもパワーパンプとして使えるのはイベントの利点ですね。

「“火神招来!”李小狼」でストックを溜めることで、補正値を大きくすることが想定されています。

「カードキャプターさくら8宝【8宝】」優勝デッキレシピまとめ