「進撃の巨人」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!

「進撃の巨人《兵団》軸【8風】黄」解説とデッキレシピ


フィニッシャーにリアニメイトでアタック回数を増やす「“紅蓮の闘志”エレン」を採用した《兵団》軸デッキです。
サブフィニッシャーとしてショットを持つ「“運命への抗い”エレン」が採用されています。
レベル1のCXコンボは「“背負った宿命”エレン」ですね。
色構成は黄中心、クライマックスは8枚とも風アイコンのものです。

「進撃の巨人《兵団》軸【8風】黄」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“紅蓮の闘志”エレン
登場時のクロック回復とアタック時の自身パンプ、アタック回数を増やすCXコンボを持っています。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストですね。
アタック時に簡単な条件でパワーを2000伸ばし、パワー11000になるのも使い勝手がよいです。

CXコンボはアタック時にコストを支払うことで舞台に「“追走”巨人」を登場させるものです。
アタック済みのキャラを「“追走”巨人」に置き換えることでアタック回数を増やすことができます。相手リバース不要、実質1コスト手札1枚でこの効果が得られるのは強力ですね。
「“追走”巨人」を思い出置場に送っておく必要があるのには注意しましょう。

“運命への抗い”エレン
登場時のクロック回復とアタック時の自身パンプ、アタック回数を増やすCXコンボを持っています。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストですね。
アタック時に簡単な条件でパワーを2000伸ばし、パワー11000になるのも使い勝手がよいです。

CXコンボはアタック時にコストを支払うことで舞台に「“追走”巨人」を登場させるものです。
アタック済みのキャラを「“追走”巨人」に置き換えることでアタック回数を増やすことができます。相手リバース不要、実質1コスト手札1枚でこの効果が得られるのは強力ですね。
「“追走”巨人」を思い出置場に送っておく必要があるのには注意しましょう。

“一筋の光”アルミン
登場時の手札交換テキストを持っています。

山札の上から3枚までを公開し、《兵団》キャラか「対巨人戦用『立体機動装置』」を手札に加えて手札を1枚控え室に置くというものですね。
実質的にコスト後払いで、気に入ったカードが無ければ適当なカードを手札に加えてそのまま控え室に送ることができます。

手札は増えませんが山札削りと手札の質の向上を同時にこなすカードです。
イベントを拾えるのも使い勝手がよいですね。

“追走”巨人
特殊相殺と「“紅蓮の闘志”エレン」を回収する起動能力を持っています。

パワーに関わらず相手のレベル0のキャラを処理できる相殺テキストは便利ですね。
ボトム送りということで退場時テキストなどを発動させないのも強力です。

1コストを払い自身を思い出にすることで「“紅蓮の闘志”エレン」を回収できます。
軽いコストで思い出圧縮を行いつつフィニッシャーを回収できますね。
自身を思い出に送ることで「“紅蓮の闘志”エレン」のCXコンボの下準備にもなります。

「進撃の巨人《兵団》軸【8風】黄」優勝デッキレシピまとめ

「進撃の巨人《兵団》軸【風2002】赤黄」解説とデッキレシピ


立体機動装置の再現として舞台の枠を動きまわる、あるいは手札に戻るテキストが多いことから相手のリバース要求テキスト全般に強く、レベル3も高水準ということで根強い人気のあるデッキです。
フィニッシャーはバーンテキストを2つ持つ「“自由を掴むため”ミカサ」ですね。相手のアタック前に舞台の他のキャラと入れ替わる「“運命への抗い”ミカサ」、パワーとともにアンタッチャブルを付与する『応援』の「“運命への抗い”アルミン」も強力なカードですね。
レベル1連動の「“背負った宿命”エレン」は「対巨人戦用『立体機動装置』」回収と、フロントアタックされた時に手札に戻ることで強力に手札アドバンテージを稼ぎます。
このタイトルの代名詞とも言える「対巨人戦用『立体機動装置』」ですが、0コストと1コストの2種類があり、そのどちらもが舞台のキャラを守るテキストを持つものです。多くのデッキでは2枚ずつ採用されます。
色構成は赤黄、クライマックスは風と扉という構成になっていますね。

「進撃の巨人《兵団》軸【風2002】赤黄」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“自由を掴むため”ミカサ
登場時の1ドローと自身パンプ、2種類のバーンテキストを持つ強力なフィニッシャーです。。

登場時に1枚引き、自身のパワーを2000伸ばします。
手札の質を上げつつ、相手リバース時のバーンと相性がよいテキストです。

一つ目のバーンはCXコンボでアタック時に1ダメージを当てるシンプルなものです。
派手な効果ではありませんが、アタックのみで確実にダメージを飛ばすことができますね。
対応クライマックスはキャラ2枚にパワーとソウルを付与する「ありがとう―」です。

もう一つは相手リバース時2コストでの1点バーンです。
バトル相手リバースは必要ですが、クライマックスなどが不要になっていますね。
相手ターン中もダメージを飛ばせるのも強みで、「“運命への抗い”アルミン」によってバウンスなどの効かない高パワーラインを作り、相手を待ち構えるような運用ができます。
対巨人戦用『立体機動装置』(コスト0)によってダイレクト面の弱いキャラの正面に移動し、バーンを飛ばす動きも可能です。

“運命への抗い”ミカサ
盤面条件の自身パンプとクロック回復、相手のアタック前に他のキャラと入れ替わるテキストを持っています。

《兵団》キャラが2枚以上ならパワー11000になります。
安定的にパワーを出し続けることが可能です。

登場時のクロック回復は言わずもがな便利なテキストです

相手のアタックの前に1コスト払うことで他の自分のキャラ一を入れ替えることができます。
高パワーのこのキャラが動き回ることで相手の計算を乱すことが期待でき、キャラを守ることにも繋がります。

「“第104期訓練兵団”ミカサ」の『チェンジ』でレベル2段階から登場し、バトル相手を翻弄することが可能です。

“運命への抗い”アルミン
登場時のXルックとパワーとともにアンタッチャブルを付与する『応援』に加えて、このカード自身もアンタッチャブルを持っています。

『応援』はパワー2000とともに、アンタッチャブルテキストを付与することができます。
強力なパワー支援と同時に、除去やソウル減、防御札に強いアンタッチャブルを付与することができます。
このカードもアンタッチャブルを持っているので3面分アンタッチャブルを用意でき、様々なテキストへの対策が可能です。

登場時テキストは最大5枚まで山札を確認し、好きなカードを加えることができるというものです。
盤面のキャラの枚数によって確認できる枚数は異なりますが、キャラはもちろんクライマックスやイベントも手札に加えることができますね。

「“鋭敏な頭脳”アルミン」から『チェンジ』で登場することができ、レベル2段階から盤面を強化することが可能です。

“背負った宿命”エレン
アタック時の盤面参照パンプと、手札アドバンテージを稼ぐCXコンボを持っています。

アタック時には舞台の「エレン」「ミカサ」「アルミン」のキャラ1枚につきパワーを500伸ばします。
指定3ネーム以外のキャラも多く採用されているので最大パワーが出せるとは限りませんが、相手リバースが必要なCXコンボと相性がよいテキストです。

CXコンボでは相手リバース時に控え室から「対巨人戦用『立体機動装置』」を回収するとともに、次のターンフロントアタックされた時に手札に戻るというテキストを獲得します。
キャラを守ることができるイベントを回収すると同時に、このカード自身も手札に戻ってリバースされないことで手札の消耗を防ぐのはもちろん、相手のリバース要求テキストをシャットアウトすることができます。

対巨人戦用『立体機動装置』(コスト1)
舞台の《兵団》キャラを1枚手札に戻し、控え室との手札入れ替えを行います。

このカードを手札から出しているので手札の総数自体は変わりませんが、相手キャラのバトル中リバース時テキストの発動を妨げることが可能です。
手札交換が行えるのも使い勝手がよいですね。控え室から必要なキャラを回収しつつ、ダブついたクライマックスなど不要なカードを処理できます。

対巨人戦用『立体機動装置』(コスト0)
山札サーチと、舞台のキャラを移動させることができるテキストです。

使用時に山札から《兵団》のキャラを1枚サーチできます。
手札を1枚控え室に置くので手札は増えず、このイベントの分手札の枚数自体は減ってしまいますが、舞台のキャラを移動させてリバースさせられなくすることで、実質的な手札アドバンテージを稼ぐことができる用になっています。
相手のリバース要求テキスト対策としても活躍しますね。

「進撃の巨人《兵団》軸【風2002】赤黄」優勝デッキレシピまとめ

「進撃の巨人《兵団》軸【風扉】赤黄」解説とデッキレシピ


レベル1のCXコンボを2種にして安定性を高めたデッキになります。
「“背負った宿命”エレン」に加え、「“女神の微笑”クリスタ」を採用していますね。
どちらも「対巨人戦用『立体機動装置』」回収だけでなく、手札やストックのアドバンテージを稼ぐ強力なCXコンボです。

「進撃の巨人《兵団》軸【風扉】赤黄」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“女神の微笑”クリスタ
盤面参照の自身パンプと、手札とストックを同時に増やすCXコンボを持っています。

他の《兵団》キャラが2枚以上ならパワー5500になりますね。
バニラサイズ止まりですが安定的にパワーを出すことができ、CXコンボとも相性のよいものです。

CXコンボは相手リバース時に山札からストックブーストを行い、控え室から「対巨人戦用『立体機動装置』」を回収するものです。
相手リバースは必要ですが、2種類のアドバンテージを同時に稼ぐことが可能ですね。

「進撃の巨人《兵団》軸【風扉】赤黄」優勝デッキレシピまとめ