「天元突破グレンラガン」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!

「天元突破グレンラガン《大グレン団》軸「グレンラガン」軸」解説とデッキレシピ


このデッキの特徴といえばなんといっても『分離』を使ったダイナミックな連続攻撃でしょう。
「天元突破グレンラガン」のCXコンボから、「超銀河グレンラガン」「アークグレンラガン」「グレンラガン」「ラガンインパクト! ラガン」を順次登場させ、アタックを行います。
デッキ構成は大きく固定されますが、1枚のキャラから5回アタックできるのは詰めとしては強力無比です。
マーカーキャラの多用による圧縮もこのデッキの長所の一つになります。
赤中心の構成ですね。

「天元突破グレンラガン《大グレン団》軸「グレンラガン」軸」よく使われるカード・相性のいいカード解説

天元突破グレンラガン
レベル3コスト3パワー11500の凄まじいスペックで、『分離』を獲得するCXコンボを持っています。

『分離』はアタック後にコストを払うことでマーカーの特定キャラを盤面に登場させるという、このタイトル特有のキーワード能力です。
アタック回数を増やし、相手を強力に追い詰めることができます。
CXコンボは2コスト手札4枚と多大なコストを要求しますが、このカードを起点にアタック回数を4回増やすことができる強力なものです。
対応クライマックスは「俺のドリルは!天を創るドリルだァ!!」、カムバックアイコンのものですね。

登場時テキストは控え室から最大4枚のマーカーを獲得するもので、CXコンボによる『分離』のためのものです。
「超銀河グレンラガン」「アークグレンラガン」「グレンラガン」「ラガンインパクト! ラガン」を1枚ずつマーカーにできれば最大限CXコンボを活用できます。
リフレッシュ前に使うことで強力な圧縮としても運用できますね。

超銀河グレンラガン
登場時のクロック回復とマーカー獲得、「天元突破グレンラガン」から『分離』したときに新たな『分離』テキストを獲得します。

クロック回復はもちろん便利なテキストです。

素のパワーが11000になっていますが、登場自に「アークグレンラガン」か「愛する女を救うため シモン」をマーカーに入れることができなければパワーが8000まで落ちてしまいます。
他のカードにも共通ですが、「天元突破グレンラガン」からの『分離』チェイン中はほぼ確実にマーカーを獲得できるのでパワー面の心配は不要です。

『分離』を獲得するテキストは「天元突破グレンラガン」のCXコンボが前提になっているものですね。
このカードのアタックに続けて「アークグレンラガン」がアタックを行うことができます。

アークグレンラガン
登場時のマーカー獲得と「超銀河グレンラガン」から『分離』したときに次の『分離』テキストを獲得することができます。

素のパワーが10000とレベル2コスト1キャラと高い代わりに、登場した時に「グレンラガン」か「グレンラガン ダブルブーメランスパイラル」をマーカーに獲得できなければパワーが1500まで落ちてしまいます。

『分離』は他のカードと同様に「天元突破グレンラガン」から連続するものです。
「グレンラガン」にアタックを引き継ぎます。

グレンラガン
登場時控え室からのマーカー獲得テキストを持ち、「アークグレンラガン」からの『分離』で更なる『分離』テキストを得ることができます。

レベル1コスト0のバニラキャラと比べると素のパワーが高い代わりに、登場時に「愛する女を救うため シモン」「ラガンインパクト! ラガン」のどちらかをマーカーに取れなければパワーは2000まで下がってしまいます。

『分離』を獲得するのは「アークグレンラガン」からの『分離』時です。
「ラガンインパクト! ラガン」を盤面に出してアタックさせることができます。

ラガンインパクト! ラガン
登場時のトップチェックを介したマーカー獲得とそれによるパワーパンプ、単独でアタックした時の自身強化テキストを持っています。

登場自に山札の1番上のカードを公開して《大グレン団》のキャラか「コアドリル」ならマーカーとして獲得、自身のパワーを伸ばすことができます。

また舞台にこのキャラしかいない状況でアタックすれば、ソウル2の上、そのターン中はリバースしません。
マーカーを獲得できていればパワー3500になっているはずですし、よりパワーの高い相手にチャンプアタックを仕掛けるというよりは、相殺テキスト対策がメインでしょうか。

「天元突破グレンラガン《大グレン団》軸「グレンラガン」軸」優勝デッキレシピまとめ