「このすば」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!(この素晴らしい世界に祝福を!)

「この素晴らしい世界に祝福を!グッドスタッフ【8扉】(「からかい」・「合わせた掌」)」解説とデッキレシピ


新弾のカードを中心にしたデザイナーズ調の8扉デッキです。
相手ターンにフロントアタックされることで手札に戻ることができるCXコンボを持つ「“爆裂魔法への思い” めぐみん」は対応CXが用意できれば複数ターンに渡ってアタックを続けることができ、リソースを減らさずにアタックを続けることが可能です。
フィニッシャーはアタック自体はできなくなるものの、相手キャラのクロック送りと3点バーンを2面で行うことができるできる強力なCXコンボをもつ「“最強の魔法使い” めぐみん」です。
「“最強の魔法使い” めぐみん」に指定されている「“最高の魔法使い” ゆんゆん」が使いやすい早出し日0るキャラということで採用しやすいのもポイントですね。
8扉構成と相性のよい『集中』の「“紅魔の里へ!” めぐみん&ゆんゆん」や、指定のL3キャラを手札から捨てることで5ルックを行うことができる「“いつか極めし爆裂道” めぐみん」なども採用されます。
赤を中心に黄と青をタッチした色構成、クライマックスはすべてカムバックアイコンのものです。

「この素晴らしい世界に祝福を!グッドスタッフ【8扉】(「からかい」・「合わせた掌」)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“最強の魔法使い”めぐみん
登場時のクロック回復テキストと、クロックシュートとバーンを組み合わせたCXコンボを持っています。

登場時に手札を1枚捨てることで、クロックの上から1枚をストック置場に置くことができます。
クロックを回復しつつ、ストックを補充することができますね。

CXコンボは「“最高の魔法使い”ゆんゆん」とこのカードをレストすることで、クライマックス1枚を除いた相手の控え室のカードをすべてを山札に戻し、それぞれの正面キャラのクロックシュート、3点バーンを行うものです。
クライマックスを1枚除いて疑似リフレッシュを行うことで、タイミングにも大きく左右されますが、相手の山札の圧縮を下げてキャンセルの期待値を下げることができます。
キャンセルに左右されずに相手のクロックを増やすことができるのも強力です。
アタックはできないものの、バトル相手をリバースさせる必要がなくなっていますね。
加えて3点バーンを飛ばすことができ、カウンターなどを避けつつダメージを与えることが可能です。
対応クライマックスはカムバックアイコンの「合わせた掌」ですね。

“最高の魔法使い”ゆんゆん
控え室参照の早出しと盤面条件の自身パンプ、クロック回復テキストを持っています。

控え室のクライマックスが2枚以下なら、レベル2段階から登場が可能です。
リフレッシュなどのタイミングに大きく左右されますが、特定カードなどを必要とせずに早出しを行うことができますね。

《魔法》《冒険者》のキャラが2枚以上なら、パワーを1500伸ばし、『アンコール』を獲得できます。
パワーを10500まで伸ばすことができるのはもちろん、『アンコール』で舞台に残りやすいのは使い勝手がいいですね。

クロック回復も言わずもがな便利なテキストです。

“爆裂魔法への思い”めぐみん
自ターン中のパワーパンプと、2つのテキストを獲得するCXコンボを持っています。

自分のターン中はパワー5500になります。
条件などはなく、確実にパワーを発揮することが可能になっていますね。

CXコンボはトリガーチェックを2回行うテキストと、フロントアタックされたときに手札に戻ることができるテキストを獲得するものです。
アタック時に1コストでトリガーチェックを2回行うことができます。
トリガーチェックの回数を増やすことでダメージ調整やクライマックスのトリガーを狙うことができるほか、ストックの調整も可能です。
更に次の相手ターンにフロントアタックされた際に手札に戻ることができ、リバースさせられないことでリソースの消耗を防ぐことができるようになっています。
対応クライマックスはカムバックアイコンの「からかい」ですね。

“いつか極めし爆裂道”めぐみん
登場時に特定カードを捨てることで5ルックが可能です。

登場時に手札から「“最強の魔法使い”めぐみん」か「“最高の魔法使い”ゆんゆん」を控室に置くことで、山札の上から5枚を見てキャラを手札に加えることができます。
特定カードは必要になりますが、序盤で使えるキャラを探しつつ、山札を削ることができますね。
パワーを1000伸ばすことができるのも便利です。

“紅魔の里へ!”めぐみん&ゆんゆん
カムバックアイコンのクライマックスのトリガー時のソウルパンプと、『集中』を持っています。

トリガーチェックでカムバックアイコンのクライマックスが出たときにキャラ1枚のソウルを1伸ばすことができます。
カムバックアイコンの効果に加えてダメージの調整が可能になっていますね。
トリガーしたカードにソウルアイコンがついている場合とは異なり、好きなキャラのソウルを伸ばすことができるのも使い勝手がよいです。

『集中』は単レスト控え室回収のものになっていますね。

「この素晴らしい世界に祝福を!グッドスタッフ【8扉】(「からかい」・「合わせた掌」)」優勝デッキレシピまとめ

「この素晴らしい世界に祝福を!グッドスタッフ【扉ストブ】(「本物の爆裂魔法」・「からかい」)」解説とデッキレシピ


初弾から現役のフィニッシャー「めぐみん」に最新弾の「“爆裂魔法への思い”めぐみん」を組み合わせたデッキです。
「めぐみん」は自身がアタックできなくなる代わりに正面の相手キャラをクロックに飛ばし、更に4点バーンを飛ばすCXコンボを持っています。
軽いコストで強力なフィニッシュテキストを扱えるのはもちろん、継続してアドバンテージを稼げる「“待ち伏せ” ゆんゆん」、対応CXを共有する「“さらなる高みへ” めぐみん」の存在も強みですね。
「“爆裂魔法への思い”めぐみん」はCXコンボによってフロントアタックされたときに手札に戻ることで、複数ターンに渡ってアタックを続けることができるカードです。

「この素晴らしい世界に祝福を!グッドスタッフ【扉ストブ】(「本物の爆裂魔法」・「からかい」)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

めぐみん
登場時の3ルックテキストと、相手キャラをクロックに置くってバーンダメージを飛ばすCXコンボを持っています。

登場時に山札の上から3枚を見てカードを1枚手札に加えることができます。
対応CXや追加のアタッカー、イベントを探すことが可能ですね。

CXコンボはアタックフェイズに1コストで正面の相手キャラをクロックに飛ばすとともに4点バーンを行うものです。
自身はアタックできなくなるので最終的な打点としてはクロックシュートと通常アタックと変わらないものの、相手キャラのパワーやカウンターに関係なく確実にクロックを進めるとともにダメージを与えることが可能になっていますね。
対応CXはストックブーストの「本物の爆裂魔法」です。

「“待ち伏せ” ゆんゆん」に指定されているカードですね。

“麗しき水の女神” アクア
盤面条件の早出しテキストと自身パンプ、クロック回復テキストを持っています。

《冒険者》《女神》《アクシズ教徒》のキャラが4枚以上ならレベル2段階から登場することができます。
舞台をキャラで埋めることで、リフレッシュなどのタイミングに左右されずに早出しが可能です。

自ターン中にキャラすべてが《冒険者》《女神》《アクシズ教徒》なら、パワー11000になります。
行きのみとはいえ、強力なパワーを発揮することができますね。

登場時に手札を1枚控え室に置くことで、クロックの上から1枚をストックに置くことができます。
手札コストはかかるものの、ストックを補充しつつクロックを減らすことが可能です。

クロック回復も言わずもがな便利なテキストです。

“爆裂魔法への思い”めぐみん
自ターン中のパワーパンプと、2つのテキストを獲得するCXコンボを持っています。

自分のターン中はパワー5500になります。
条件などはなく、確実にパワーを発揮することが可能になっていますね。

CXコンボはトリガーチェックを2回行うテキストと、フロントアタックされたときに手札に戻ることができるテキストを獲得するものです。
アタック時に1コストでトリガーチェックを2回行うことができます。
トリガーチェックの回数を増やすことでダメージ調整やクライマックスのトリガーを狙うことができるほか、ストックの調整も可能です。
更に次の相手ターンにフロントアタックされた際に手札に戻ることができ、リバースさせられないことでリソースの消耗を防ぐことができるようになっています。
対応クライマックスはカムバックアイコンの「からかい」ですね。

“さらなる高みへ” めぐみん
登場時のパワーパンプと、手札とストックの両方を増やすCXコンボを持っています。

舞台に出たターン中はパワー6000になります。
確実にパワーを出すことができ、CXコンボとも相性がいいですね。

CXコンボはバトル相手のリバース時に山札からストックブーストを行い、控え室から「めぐみん」を回収できるものです。
手札に加えることができるキャラは「めぐみん」のみですが、ストックと同時に手札を増やすことができます。
対応CXは「めぐみん」と同じ「本物の爆裂魔法」、ストックブーストのものですね。

“待ち伏せ” ゆんゆん
登場時の「めぐみん」サーチと、起動能力の4ルックテキストを持っています。

登場時に1コストクロック1枚で「めぐみん」を山札から手札に加えることができます。
手札の枚数を増やすとともに、『共鳴』のコストになるカードをサーチできるテキストですね。

1コストと自己レスト、手札から「めぐみん」を公開することで4ルックを行うことができます。
特定のレベル3を手札に抱えておく必要はあるものの、1コストで手札を増やすことが可能ですね。
4ルックということで欲しいカードを確実に探せるわけではありませんが、山札の枚数調整にも活用できます。

「この素晴らしい世界に祝福を!グッドスタッフ【扉ストブ】(「本物の爆裂魔法」・「からかい」)」優勝デッキレシピまとめ

「この素晴らしい世界に祝福を!グッドスタッフ【扉門】」解説とデッキレシピ


最新弾の「“紅魔の里へ!”アクア」を採用したデッキです。
相手の山札次第ではあるものの、1コストで1点ダメージを2回刻むことができるCXコンボは強力ですね。
レベル1帯のCXコンボには「“爆裂魔法への思い”めぐみん」を採用しています。
手札に戻ることによって、1枚で複数ターンに渡ってアタックが可能です。
赤と青に加えて黄を採用したデッキ構成、CXは扉と門のものですね。

「この素晴らしい世界に祝福を!グッドスタッフ【扉門】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“紅魔の里へ!”アクア
盤面参照のパワーパンプと登場時のクロック回復テキストに加えて、バーンを行うCXコンボを持っています。

他の《冒険者》《女神》のキャラ1枚につきパワーを500ずつ伸ばすことができます。
最大でパワー11000になることができ、舞台を埋めることで相手ターン中も安定してパワーを発揮することができますね。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストです。

CXコンボはアタック時に1コストで相手の山札の下から2枚を控え室に置き、その中にクライマックスがなければ1ダメージを2回与えることができます。
相手の山札依存ということになってしまいますが、細かくダメージを刻むことができるテキストになっていますね。

クロック回復も言わずもがな便利なテキストです。

“爆裂魔法への思い”めぐみん
自ターン中のパワーパンプと、2つのテキストを獲得するCXコンボを持っています。

自分のターン中はパワー5500になります。
条件などはなく、確実にパワーを発揮することが可能になっていますね。

CXコンボはトリガーチェックを2回行うテキストと、フロントアタックされたときに手札に戻ることができるテキストを獲得するものです。
アタック時に1コストでトリガーチェックを2回行うことができます。
トリガーチェックの回数を増やすことでダメージ調整やクライマックスのトリガーを狙うことができるほか、ストックの調整も可能です。
更に次の相手ターンにフロントアタックされた際に手札に戻ることができ、リバースさせられないことでリソースの消耗を防ぐことができるようになっています。
対応クライマックスはカムバックアイコンの「からかい」ですね。

「この素晴らしい世界に祝福を!グッドスタッフ【扉門】」優勝デッキレシピまとめ

「この素晴らしい世界に祝福を!グッドスタッフ【扉ストブ】赤青t黄」解説とデッキレシピ


手札に加えてストックも増やすことのできるレベル1連動を2種擁しており、フィニッシャーの「めぐみん」も唯一無二の強烈なものです。
派手なカードに加え、優秀なサポートカードも豊富で安定感のある戦いを繰り広げることが可能もとっています。
また相手の山札の圧縮を崩すことにも長けており、有利に戦いを進めることができます。
このデッキタイプでは、色は赤青メインに黄をタッチすることもありますが、CX構成は扉とストブで固定です。

「この素晴らしい世界に祝福を!グッドスタッフ【扉ストブ】赤青t黄」よく使われるカード・相性のいいカード解説

めぐみん
登場時の3ルックと強力なCXコンボです。
登場時テキストはCXや後続のキャラを探すのに役立ちますね。少なくとも手札の枚数は減りません。
CXコンボはこのカード自体はアタックできなくなりますが、正面のキャラを直接クロックに送り、さらに4ダメージを与える唯一無二のものです。相手のパワーやカウンターなどと関係なく一方的に相手キャラを確定1点に変えつつ、更にダメージを与えることが軽いコストでできます。

アクア
登場時に1コストで逆圧縮を行うことができます。
相手の控え室のカードからクライマックス2枚を相手が選び、残りのカードを山札に戻すものです。
控え室の状況や山の具合に大きく左右され、いつでも効果的というわけではありませんが上手くハマれば相手の山が大惨事になります。
「めぐみん」の4ダメージは終盤ではなかなか通りにくいものですが、このカードを上手く活用すれば通りやすくなります。

“スティール成功?”クリス
登場時回復とアタック時のパワーパンプ、相手の山札を操作するテキストを持っています。
回復は言わずもがな重要なものですし、パワーパンプも補正値が最大2000ということで相手キャラを倒すのに貢献します。
登場時にコストを払えば相手の山札の上から3枚を見て、その中から好きなカードを控え室に置くことができます。
CXを控え室に送ることで、山札内のCXを減らしキャンセルを起こしにくくすることが可能ですね。

“バニーガール”ゆんゆん
簡単に1/0/6000になり、ストックと手札を同時に増やすCXコンボを持っています。バトル相手のリバースが必要、ストックブーストで何がストック置場には不明で、手札が増えるかもトップ次第ではありますが一気に2アドを稼ぐことができます。
対応がパワ-を伸ばすこともできて捲っても強い扉アイコンな点も使いやすいですね。

“さらなる高みへ”めぐみん
登場ターン中は1/0/6000になり、こちらもCXコンボでストックと手札を同時に稼ぐことが可能です。
ストブ部分は「“バニーガール”ゆんゆん」と同様のものですが、控え室から「めぐみん」を回収することで手札を増やします。
フィニッシャーを確実に回収しておくことが可能ですし、ストック面でも優位に立ちやすくなります。
対応クライマックスをフィニッシャーの「めぐみん」と共有できる点も優秀です。

“待ち伏せ”ゆんゆん
登場時に山札から「めぐみん」をサーチし、「めぐみん」との『共鳴』で4ルックを行うことができます。
フィニッシャーを確実に握りつつ、同カードとの『共鳴』で手札を増やすことが可能です。
同時に山札も削ることもでき、序盤の動きの安定に大きく貢献します。

私財差し押さえ
いわゆる「光景」イベントとほぼ同じことを行うイベントですが、山札をストック置場に置くタイミングがターンの終わりとなっています。 
カウンターとして撃てば相手はアタックで貯まる最大3ストック+αしか使うことができず、アタックフェイズ中のバーンなどのテキストを大きく制限することができます。
自ターン中に普通に使った時には、相手はカウンターや助太刀を初めとしたストックを使う行動が全く取れなくなります。
「光景」として相手の圧縮を崩す働きはそのままに相手の行動を大きく縛ることができるイベントです。

「この素晴らしい世界に祝福を!グッドスタッフ【扉ストブ】赤青t黄」優勝デッキレシピまとめ