「魔法少女リリカルなのは【「フェイト」軸】」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!

「魔法少女リリカルなのはなのは【「フェイト」軸】【8炎】」解説とデッキレシピ


フェイトを中心にしたデッキですね。
クライマックスを8枚ともショットアイコンのものにすることで「結界防衛戦 フェイト」、「バニーガール フェイト」のテキストを活用できるようになりますね。
「結界防衛戦 フェイト」は山札を9枚公開してショットアイコンのクライマックス分バーンを飛ばすフィニッシャー、「バニーガール フェイト」はショットアイコンのクライマックスを参照するユニークな『集中』です。
サブフィニッシャーとして「“プラズマザンバーブレイカー”フェイト」「張り詰めた一瞬 フェイト」を採用しています。
「“ホーネットジャベリン”フェイト」は手札を増やすCXコンボを持っていますね。同カードをサポートできる「頼れる助っ人 フェイト」も採用されます。
黄中心の色構成、クライマックスは8枚ともショットアイコンのものです。

「魔法少女リリカルなのはなのは【「フェイト」軸】【8炎】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

結界防衛戦 フェイト
登場時のクロック回復と、相手にダメージを与えるCXコンボを持っています。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストですね。

CXコンボではアタック時1コスト手札1枚で山札を9枚公開し、その中のショットアイコンのクライマックス分ダメージを飛ばします。
デッキ構成は制限されますが、公開したカードは山札に戻すため圧縮した山札を不用意に崩すことはなく、打点が過剰になる恐れも少ないですね。
パワーを2000伸ばせるのも強力です。
対応クライマックスは「頼もしい味方」、ショットアイコンのものです。

“プラズマザンバーブレイカー”フェイト

張り詰めた一瞬 フェイト
登場時追加コストを払うことでの相手バウンスとソウルパンプ、「武蔵ショット」持ちですね。

登場時1コストに加えて「フェイト」「アルフ」ネームのキャラを控え室に置くことで相手のキャラ1枚をバウンスし、ソウルを1伸ばします。
相手の厄介なキャラを舞台から除外しつつ、打点調整が可能になっています。

登場ターン中に与えたダメージがキャンセルされた時、山札の上から1枚を控え室に置き、そのカードのレベル+1分のダメージを相手に与えることができます。
1ダメージは確実に飛びますし、相手を強力に追い詰めることができるテキストです。
クライマックスや追加コストを使わない手軽なフィニッシャーですね。

真っ直ぐな瞳 フェイト
『記憶』による早出しと舞台条件の自身パンプ、登場時の1ドロー1ディスバウンスを持っています。

思い出に「母親として リンディ」が2枚以上あればレベル2段階から登場できますね。
あらかじめ思い出に送っておく必要はありますが、一度条件を達成すれば安定的に早出しできます。
「戦いの行方 フェイト」でサポートが可能ですね。

他の《魔法》《武器》のキャラが2枚以上なら、パワーを10500になります。
自身のテキストで相手ターン中もパワー10000を超えることが可能です。

登場時テキストは手札入れ替えと相手キャラバウンスを行うものです。
手札の質を高めつつ、バウンスとはいえ相手キャラの処理が可能ですね。

頼れる助っ人 フェイト
相手の控え室を参照する早出しテキストと特定カードを参照するパワーパンプ、指定しているカードをリアニメイトするテキストを持っていますね。

相手の控え室のクライマックスが3枚以下ならレベル1段階から登場することができます。
タイミングは限られますが、自身のテキストでパワー8500になり、レベル1のCXコンボ持ちのカードを舞台に出せるこのカードを早出しできるのはいいですね。

自ターン中、「“ホーネットジャベリン”フェイト」がいればパワー8500になります。
レベル1のCXコンボ持ちキャラがいればこのパワーが出せるのは強力です。

登場時に手札を1枚捨てることで、山札から「“ホーネットジャベリン”フェイト」を舞台に出し、このカードのパワーを3000伸ばします。
手札を増やすCXコンボを持ったキャラを直接舞台に並べることができ、さらにこのカードのパワーを伸ばすことが可能ですね。

戦いの行方 フェイト
レベル応援と、控え室の特定のカードを思い出に送る登場時テキストを持っています。

高レベルキャラを強力に支援できるレベル応援テキストは使い勝手のよいテキストですね。

登場時に思い出が2枚以下なら、控え室から「母親として リンディ」か「新たなる物語 なのは」を思い出にすることができます。思い出圧縮はもちろん、『記憶』のサポートが可能ですね。
「母親として リンディ」は「真っ直ぐな瞳 フェイト」の早出し条件になっています。

“ホーネットジャベリン”フェイト
クライマックス使用時のパワーパンプと、手札を増やすCXコンボを持っています。

クライマックスを使った時にパワーを1500伸ばすことができます。
パワー6000になり、CXコンボとも相性がよいですね。

CXコンボはバトル相手リバース時に4ルックを行い、キャラ1枚のパワーを1500、レベルを1上げるものです。
4ルックということで確実に欲しいキャラを手札に加えられるわけではありませんが、山削りを兼ねることができ、他のキャラを支援することで多面連動を行いやすくなっていますね。レベルを上げることで相殺テキストにも対応することができます。
対応クライマックスはショットアイコンの「ホーネットジャベリン」です。

母親として リンディ
リバース時のサーチテキストを持っています。

リバースした時に手札の《魔法》《使い魔》のキャラを1枚捨て、このカードを思い出にすることで山札から「フェイト」ネームのキャラを1枚回収することができます。
ストックを消費せずにキャラサーチが可能で、思い出に飛ぶことで山札圧縮にも繋がりますね。

「真っ直ぐな瞳 フェイト」の『記憶』テキストに指定されているカードです。

バニーガール フェイト
前列中央キャラへのパワーパンプと、ユニークな『集中』を持っています。

前列の中央の枠のキャラにパワーを500付与できます。
枠は限られてしまいますが、常時パワーパンプは便利です。

集中は6枚をめくり、ショットアイコンのクライマックスが落ちればキャラを1枚回収できるものです。
対象のクライマックスが複数落ちても1枚しか回収できませんが、6枚捲ることで手札を増やせる確率が上がっています。
山削りの面から見ても優秀ですね。

「魔法少女リリカルなのはなのは【「フェイト」軸】【8炎】」優勝デッキレシピまとめ