「ジョジョの奇妙な冒険」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!

「ジョジョの奇妙な冒険グッドスタッフ風門」解説とデッキレシピ


青と黄を中心にしたデッキです。
「静かな激情 フーゴ」のCXコンボでアドバンテージを稼ぎ、強力なパワー減を持つ「破壊の暴風 As」で相手の盤面を一気に崩してゲーム展開の掌握を狙います。
フィニッシャーは「到達者 G・E・R」のほか、ショットの「重なる銃声 ミスタ」やバーンの「死を撒く煙 フーゴ」「覚悟の示す先 ジョルノ」「空を駆る狩猟者 ナランチャ」が適宜採用されます。
ジョジョ特有のスタンド使用をマーカーであらわすギミックは「切り開くもの S・F」「破壊の暴風 As」「到達者 G・E・R」などが採用されますね。
クライマックス構成は風と門になっています。

5風3門、1連動の対応クライマックスの「蔓延する死」を4枚、「到達者 G・E・R」の対応クライマックスの「この世の『真実』」を1枚、「破壊の暴風 As」の対応クライマックスの「ひるまぬ精神」を3枚というクライマックス構成は、高パワーキャラを並べる電源対策に重きを置いたものですね。
風アイコンの配分についてはゲームメイクで大きな役割を担う「静かな激情 フーゴ」のCXコンボを確実にするとともに、レベル3のCXコンボのための「この世の『真実』」は1枚にして、門アイコンのクライマックスやクライマックス入れ替えを持つ「正確な射撃 ミスタ」で適宜回収することになります。
適切なカード運用や状況判断が要求されますが、CXコンボを3種類使えるのは強力ですね。

「ジョジョの奇妙な冒険グッドスタッフ風門」よく使われるカード・相性のいいカード解説

到達者 G・E・R
このデッキではゲートアイコンのクライマックスを活かしてリターンアイコンの「この世の『真実』」を1枚採用し、登場時の変則ヒール、相手にダメージを与えるCXコンボ持つこのカードと「運命に選ばれしもの ジョルノ」を採用することで決定力を高めていますね。

登場時に手札を1枚捨てることで、クロックの上から1枚をストックに送ることができます。
手札コストが必要になりますがストック消費を軽減し、回復メタに引っかからずにクロック回復が可能です。
「運命に選ばれしもの ジョルノ」からの登場時にも発動出来ますね。

CXコンボはフロントアタック後、アンコールステップに3コストを払うことで1ダメージを2回飛ばすことができるものです。
フロントアタックが必要ですが、小刻みにダメージを飛ばすことができます。
アタックがすべて終わった後ということでストックを存分に使うことが可能ですが、リバース時の思い出送りテキストなどには弱くなってしまっています。
対応クライマックスはリターンアイコンのものですね。

空を駆る狩猟者 ナランチャ
登場時に山札を削ってのバーンを行い、相手前列キャラのパワーを下げる起動能力を持っています。

登場時に山札を5枚削り、その中のクライマックスの枚数分のダメージを相手に与えます。運は絡みますが、追加コスト無しでバーンを飛ばすことが可能ですね。
山札を不用意に崩してしまうリスクもありますが、手軽にエクストラダメージを稼ぐこと出来るようになっています。

1コストで相手の前列キャラ1枚のパワーを1000下げることが出来ます。
相手のパワーを下げることで倒しやすくするのはもちろん、パワーの低いキャラのパワーを0以下にして控え室に送り、ダイレクト面で打点調整を行うような運用も可能です。
ストックを相応に消費すれば相手の高パワーキャラのパワーを一気に下げることも可能になっています。

重なる銃声 ミスタ
クロック条件の早出しテキストと盤面参照の自身パンプ、登場ターン中のショットテキストを持っています。

クロックに「暗闇に見えた道 ミスタ」があれば、レベル2段階から登場することができます。
クロックフェイズに簡単に条件を達成することができるようになっていますね。

舞台の《黄金の風》キャラ1枚につきパワーを500伸ばします。
最大でパワー11500になり、相手ターン中もパワーを出し続けることが可能になっています。

登場ターン中にダメージがキャンセルされた時に相手に1ダメージを与えることができます。
舞台に出たターンのみですが、ダメージを追加で与えることで相手を追い詰めることが可能になっています。

死を撒く煙 フーゴ
盤面参照の自身パンプと、バトル相手リバース時のバーンテキストを持っています。

舞台のキャラすべてが《黄金の風》キャラなら、パワー11000になります。
相手ターン中も安定的にパワーを出すことができ、バーンテキストとも相性がいいですね。

バトル相手をリバースさせたとき、手札2枚を控え室に置くことで相手に2ダメージを与えることができます。
手札消費が大きい反面ストック消費はなく、展開と手札維持にストックを使って手札で相手を追い詰めるような運用が可能ですね。
クライマックスを必要とせずにエクストラダメージを作ることができ、相手ターン中にバトル相手をリバースさせたときにもダメージを飛ばすことが可能です。

覚悟の示す先 ジョルノ
登場時の3ルックとアタック時のバーンテキストを持っています。

登場時に山札を上から3枚まで確認して、カードを1枚手札に加えることができます。
クライマックスや他の必要なキャラを探せる可能性がある便利なテキストです。手札を減らさずに舞台に登場できるのも使い勝手がよいですね。

アタック時に手札を2枚捨てることで相手に1ダメージを与えることができます。
手札消費は嵩みますがクライマックスなどを必要とせずにエクストラダメージを稼ぎます。
手札コストのみということでキャラの展開や他のテキストにストックを存分に使うことが可能になっていますね。

破壊の暴風 As
相手キャラのパワーを下げるCXコンボを持っています。

対応クライマックスの使用時にデッキトップを公開して《黄金の風》キャラが出れば、舞台の《黄金の風》キャラ1枚につき、相手キャラ1枚のパワーを1000下げることができます。
トップチェックを成功させる必要はありますが、最大で5000のパワー減を相手のキャラに振り分けることができ、パワーを下げることでリバースさせやすくしたりキャラの除去を行うことができます。
対応クライマックスは「ひるまぬ精神」、ゲートアイコンのものです。

「圧倒する精神力 ナランチャ」に指定されているカードですね。

正確な射撃 ミスタ
レベル応援とクライマックスを回収する登場時テキストを持っています。

レベル比例応援は高レベルキャラの支援に活躍できるものですね。

登場時に1コストとともに手札のクライマックスを1枚捨てることで、控え室からクライマックスを回収することができます。
手札と控え室両方にクライマックスがある必要はありますが、確実に欲しいクライマックスを手札に加えることができます。
CXコンボを強力にサポートできますね。

静かな激情 フーゴ
登場時の自身パンプと手札を増やすCXコンボを持っています。

登場時に自身のパワーを1500伸ばします。
パワー6000になることができ、確実にある程度のパワーを出すことができますね。

CXコンボはアタック時に山札を2枚削り、その2枚のレベルの合計以下のレベルの《黄金の風》キャラを控え室から1枚回収するものです。
拾えるキャラのレベルに制限は付いてしまいますが、ほぼ確実に手札を増やすことができますね。
低レベルのキャラの回収に向いたテキストです。
対応クライマックスの「蔓延する死」はリターンアイコンのクライマックスですね。

切り開くもの S・F
アタック時に他のキャラのパワーを伸ばすことができます。

他の《黄金の風》キャラ1枚につきパワーを500ずつ伸ばすものですね。
最大で2000パンプが可能で、盤面争いやリバース要求テキストの補助に活躍することができます。

運命に選ばれしもの ジョルノ
パワーに加えて『アンコール』を付与する『応援』と、「到達者 G・E・R」をマーカー置場から登場させるテキストですね。

『応援』はパワーを500伸ばしつつ、『アンコール』を付与できるものです。
パワー支援に加えて、このカードの前のキャラが『アンコール』を使えるようになるのは強力ですね。

登場時に控え室から「到達者 G・E・R」をこのカードのマーカーにし、自分のレベル3以上なら2コスト手札1枚でマーカーのそのキャラを舞台に出します。
バーンのCXコンボを持つ「到達者 G・E・R」を手札以外からも展開することが可能です。

登場させたターンの終わりにはその「到達者 G・E・R」このカードのマーカーに戻すことができます。
一旦退却させることで相手に倒されずに次のターンにも展開が可能ですね。

圧倒する精神力 ナランチャ
登場時にマーカーを獲得し、そのマーカーのキャラを出し入れできるテキストと、起動能力使用時のパワーパンプを持っています。

登場時に「破戒の暴風 As」をマーカーにし、レベル2以降でコストを払うことでマーカーの「破壊の暴風 As」を舞台に登場させることができます。
リソースの軽減などには繋がりませんが、手札に「破壊の暴風 As」を握れていなくても舞台に登場させることができ、マーカーにしておくことで山札の圧縮にも繋がります。
出したキャラはターンの終わりにマーカーに戻すことができ、相手にリバースさせられることによるディスアドバンテージを避けつつ次のターン以降に再展開することが可能ですね。
もちろんそのまま舞台に残しておくことも可能になっています。

起動能力の使用時にキャラ1枚のパワーを1000伸ばすことができます。
『集中』などはもちろん、『助太刀』にも反応してパワーパンプを行うほか、自身も起動能力を持っているのは便利ですね。

闇を切り裂く光 ブチャラティ
登場時に特定キャラをマーカーにし、そのキャラを舞台に登場させる起動能力と、自己レストによるパワーパンプテキストを持っています。

登場時に控え室から「切り開くもの S・F」をマーカーにして、レベル1以降で手札のキャラを1枚捨てることでそのマーカーのキャラを舞台に登場させることができます。
手札に「切り開くもの S・F」を確保できていなくても舞台に登場させることが可能になっています。
ターン終了時には展開した「切り開くもの S・F」をマーカーに戻すことができます。
リバースされることを避けて次のターンも活躍させられるのはもちろん、舞台にそのまま出しておくことでダイレクト面を避けるような柔軟な運用が可能です。

このカードをレストすることで《黄金の風》キャラ1枚のパワーを1000伸ばせます。
簡単にパワーの必要なキャラのパワーを上昇させることができますね。

「ジョジョの奇妙な冒険グッドスタッフ風門」優勝デッキレシピまとめ