「GODZILLA【アラトラム号】」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!

「《アラトラム号》デッキ【門本】《アラトラム号》デッキ」解説とデッキレシピ


ゴジラ・アースを始めたとした《怪獣》に対抗する《人類》《エクシフ》《ビルサルド》を乗せた《アラトラム号》乗員を軸にしたデッキです。
フィニッシャーとしてマーカーの内容に応じて発動するテキストの変わる「“装甲兵器”ヴァルチャー」を採用し、レベル1連動は「“戦いの最前線”ハルオ」という構成になっています。
色構成は青、クライマックスはドロー(本)とゲート(門)ですね。

「《アラトラム号》デッキ【門本】《アラトラム号》デッキ」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“装甲兵器”ヴァルチャー
登場時回復とユニークなCXコンボを持っています。

回復は言わずもがな重要なテキストですね。

CXコンボはマーカーの内容によって効果が変わります。
マーカーが「ハルオ」ネームのキャラならアタック時に1ダメージを与えるシンプルなものです。
「ユウコ」ネームのキャラであれば相手の山札の圧縮を崩すことができます。
山札の一番上のカードがレベル1以下である必要はありますが、相手の控え室から5枚を山札に戻すことができます。CX以外のカードが5枚山札に増えるのは大きいですね。
マーカーは登場時に控え室から獲得するので、状況に合わせて選択することが可能です。

“ワタリドリの翼”ユウコ・タニ
登場時2ドロー1ディスと「“装甲兵器”ヴァルチャー」への『チェンジ』を持っています。

登場時テキストは手札の質を向上させることが可能です。
『チェンジ』はこのカードを手札に戻し「“装甲兵器”ヴァルチャー」を手札から登場させるもので、一旦このカードを出して登場時テキストで手札を整えてフィニッシャーに繋げることができます。
このカードが挟まってドローを行うことで、「「“装甲兵器”ヴァルチャー」」本体やその対応クライマックスの「全機、出撃!」を手札に加える動きを狙うことができます。
手札を捨てる際に控え室に「ハルオ」や「ユウコ」を送るという流れも想定されているのでしょう。

“希望の先導者”ハルオ
登場時の2ドロー1ディスと、バトル相手リバース時の再スタンドを持つサブフィニッシャーです。

2ドロー1ディスは手札を減らさずその質を向上させることが可能です。
再スタンドはコストは重いですが、CXが不要で単体でも詰めとして活躍できます。
メインのフィニッシャー「“装甲兵器”ヴァルチャー」はあまりリソースを消費しないため、このカードの再スタンドも十分に使うことが可能なのでしょう。

“大司教”メトフィエス
レベル比例応援と防御テキスト、自己レストで相手と自分の山札の上から2枚を確認できます。

レベル比例応援はレベル3のキャラのものということでレベル×1000とより強力なものとなっています。
ダメージをキャンセルできなかったときに山札のトップを操作でき、次のキャンセルの期待値を上げることができます。回数制限などがなく、バーンなどにも反応して次のキャンセルに繋げることができるのは便利ですね。
3つめのテキストは操作こそできませんが相手と自分の山札のトップ2枚を確認できるということで、トリガーの確認や、クライマックスの有無などを事前に把握できます。終盤ではこの上なく頼りになるテキストですね。

“戦いの最前線”ハルオ
手札を増やすCXコンボを持っています。

バトル相手リバース時に山札の上から4枚の中から《アラトラム号》キャラを1枚手札に加え、自分のキャラ1枚のパワーを+2000します。
山札を削りつつ手札を増やすことができますね。
パワーパンプは2000と強力なもので多面連動が容易になりますし、1枚に集めて相手のファッティを倒すことが可能です。

“迷いを捨てて”ハルオ
手札を増やす『集中』を持っており、クライマックスフェイズの始めに自分の山札の上から1枚を確認できます。

『集中』は山札を調整しつつ手札を増やす可能性のあるものです。
単レストということで使いやすいですね。

トップ確認はクライマックスフェイズの始めということで『集中』のサポートににはなりませんが、トリガー確認の他、トップチェックを行うカードにはとても頼りになります。
「ユウコ」マーカー「“装甲兵器”ヴァルチャー」のCXコンボなどの成功に貢献することが可能です。

「《アラトラム号》デッキ【門本】《アラトラム号》デッキ」優勝デッキレシピまとめ

「《アラトラム号》デッキ【宝本】《アラトラム号》《フツア》デッキ」解説とデッキレシピ


《アラトラム号》クルーに加えて、《フツア》のカードを採用したデッキです。
フィニッシャーは《アラトラム号》側の「“装甲兵器”ヴァルチャー」のままですが、レベル1の連動を「“勇ましき巫女”マイナ」に置き換えていますね。
フロントアタックされた自分のキャラを手札に戻すことで、相手のリバース要求テキストなどを回避したり、キャラを温存できる「“心優しき巫女”ミアナ」も強力なカードです。
色構成は青緑、クライマックス構成は宝と本ですね。

「《アラトラム号》デッキ【宝本】《アラトラム号》《フツア》デッキ」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“心優しき巫女”ミアナ
控え室のクライマックス条件の早出しとクロック回復、フロントアタックされたキャラを手札に戻すテキストを持っています。

リフレッシュには大きく左右されますが、特定カードを必要とせずに早出し条件を達成できるのは便利ですね。
クロック回復ももちろん役に立つテキストです。

他のキャラがフロントアタックされた時に、1コストとともにこのキャラを控え室に置くことでそのキャラを手札に戻すことができます。
このカード自体は控え室に置かれてしまいますが、キャラを温存して再び登場時テキストを使うのはもちろん、相手のリバース要求テキスト対策が可能です。
このカードも舞台から消えるので、2面分リバース避けができます。このカードが既にバトルに負けてリバースしていてもこのテキストは使えるのは覚えておきましょう。

“勇ましき巫女”マイナ
アタック中控え室からキャラを回収できないデメリットと、手札の増えるCXコンボを持っています。

カムバックアイコンなど赤色に多い控え室回収は使えなくなってしまいますが、デッキ構築の段階で意識しておけば問題はなく、バニラサイズのパワーがあるのは便利ですね。

CXコンボはアタック時の3ルックです。
手札条件こそありますが、手札が6枚以下ならということで手札を増やすのには問題ありませんね。
リバースなどは必要なく、山削りを兼ねることが可能になっています。

「《アラトラム号》デッキ【宝本】《アラトラム号》《フツア》デッキ」優勝デッキレシピまとめ