「Fate【グッドスタッフ】」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!

「FateFate グッドスタッフ【8ストブ】「“王の財宝”」軸」解説とデッキレシピ


相手リバース時に山札を2枚削り、そのカードのソウルアイコン分ダメージを飛ばすというCXコンボを持つ「“王の財宝”ギルガメッシュ」を軸に据えたデッキです。
ソウルアイコン付きのカードを多く採用したいため高レベル帯のカードが増えがちなことを活かし、アタック時バーンで山札の1番上のカードのレベルを参照する「“英霊”アーチャー」、トップカードのレベル参照ショットを持つ「騎士の誓い セイバー」、リバースしてもデッキトップがレベル2以上なら手札に戻る「“戦闘続行”ランサー」等のカードを採用しています。
対応クライマックスがストックブーストの「過去の英雄 セイバー」がよく採用されていますね。
クライマックスは8枚ともソウルアイコンを2つ持つストックブーストのもの、赤黄中心の色構成です。

「FateFate グッドスタッフ【8ストブ】「“王の財宝”」軸」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“英霊”アーチャー
盤面参照と『共鳴』による2種のパワーパンプと、アタック時のバーンテキストを持っています。

舞台に《マスター》《サーヴァント》のキャラが2枚以上いればパワーを1000伸ばし、さらにクライマックスフェイズに手札から「偽・螺旋剣」を公開する『共鳴』でパワーを2000伸ばします。
自身のテキストで13000が出せるのは便利ですね。ただしこのデッキタイプではこの『共鳴』はほとんど採用されません。

アタック時に山札の一番上のカードを公開し、そのカードのレベル分のダメージを相手に与えます。
もちろん打点は安定しにくく、レベル0のカードを捲ってダメージが飛ばないことも十分に考えられますが、ノーコストでアタックのみでダメージを飛ばせる便利なテキストです。
レベル0の枚数を絞り、その分高レベル帯のカードを増やしているこのデッキでは活躍が期待できますね。

騎士の誓い セイバー
盤面参照の自身パンプと、「武蔵ショット」ですね。

舞台の《マスター》《サーヴァント》のキャラ1枚につき、パワーを500伸ばします。
最大11500ですね。舞台を埋めないと最大パワーは出せませんが、自身のテキストで安定的にこのパワーが出せるのは強力です。

登場ターン中に与えたダメージがキャンセルされた時、山札の上から1枚を控え室に置き、そのカードのレベル+1分のダメージを相手に与えることができます。
1ダメージは確実に飛びますし、相手を強力に追い詰めることができるテキストです。このデッキの構成では高ダメージを狙うことができるようになっています。
クライマックスや追加コストを使わない手軽なフィニッシャーです。

“王の財宝”ギルガメッシュ
相手にダメージを与えるCXコンボと、パワーを伸ばすCXコンボを持っています。

CXコンボは相手リバース時に山札を2枚削り、それらのカードのソウルアイコン分相手に1ダメージを与えるものです。
相手リバースが必要で運が絡むものですが、レベル2段階から細かくダメージを刻むことができますね。
ソウルアイコンが2つのクライマックスを2枚落とせば最大で4回1点ダメージを飛ばせるとインパクトも大きく、高レベル帯のカードを多く採用したこのデッキではダメージも飛ばしやすくなっています。
CXコンボはソウルアイコンを2つ持つストックブーストのものです。

起動能力は手札の《武器》キャラを捨てることでパワーを4000伸ばすものです。
手札コストがかかりますが補正値が大きく、CXコンボと相性が良いですね。

過去の英雄 セイバー
登場時の自身パンプと、舞台のキャラを手札に戻すCXコンボを持っています。

登場時に自身のパワーを1500伸ばし、パワー6000になります。
登場ターンのみですが、ある程度のパワーを出すことができますね。

CXコンボはアタック時に手札のキャラを1枚手札に戻すものです。
手札に戻すことでリバースされることによる手札の消耗を防ぎます。ダイレクト面を空けて相手のダメージが増えてしまう点には十分注意しましょう。
対応クライマックスはストックブーストのものですね。「“王の財宝”ギルガメッシュ」のCXコンボとの組み合わせを考えた採用です。

“戦闘続行”ランサー
リバース時にデッキの1番上のカードがレベル2以上なら、手札に戻ってきます。

倒されても手札に戻ることで手札を温存できます。
一般的な構築ではあまり期待できませんが、ソウルアイコン目的で高レベルキャラを重点的に積んだこのデッキでは手札の戻ってきやすくなっています。

「FateFate グッドスタッフ【8ストブ】「“王の財宝”」軸」優勝デッキレシピまとめ

「FateFate グッドスタッフ【ソウル2ストブ】赤黄t緑」解説とデッキレシピ


新弾のカードを軸にしたグッドスタッフデッキです。
CXコンボを3つ採用しているのが特徴的ですね。
フィニッシャーは山を削り、それらのカードのソウルアイコン分ダメージを飛ばす「曰くの英霊 アーチャー」です。
「凛」や《武器》のキャラを多く採用することでCXコンボを使いやすくしていますね。
「夢のようなひととき 凛」はスタンバイアイコンのような行動ができるユニークなCXコンボを持っています。
「マスターとして 士郎」はレベル0ながらアドバンテージを稼ぐテキストを2つ持っているカードですね。
赤時を中心に緑をタッチし、クライマックスはストックブーストのものを5枚、ソウル2のクライマックスを3枚という構成です。

「FateFate グッドスタッフ【ソウル2ストブ】赤黄t緑」よく使われるカード・相性のいいカード解説

曰くの英霊 アーチャー
登場時のクロック回復と相手にダメージを与えるCXコンボを持っています。クロック回復は言わずもがな便利なテキストですね。

CXコンボはアタック時1コスト手札1枚で山札を6枚削り、それらのソウルアイコンの個数分のダメージを与えます。打点は不確定で不用意に山を削るリスクもありますが、相手の盤面に関係なく軽いコストで多点ダメージを飛ばせますね。
一般的な構築では2〜3点飛ぶイメージですが、ソウルアイコンを2つ持つクライマックスを8枚採用しているこのデッキでは更にダメージを飛ばせるでしょう。

手札コストの制限や盤面条件から《武器》軸か「凛」「アーチャー」デッキでの運用になります。
対応クライマックスは「最善の選択」です。ソウルアイコンを2個持つストックブーストのものですね。

夢のようなひととき 凛
起動能力を使った時の自身パンプと、スタンバイアイコンのようなCXコンボを持っています。

起動能力を使うとパワー6000になります。
立ち回りに気を使う必要はありますが、リバース要求のあるCXコンボとも相性が良く、『助太刀』に反応してパワーを上げることもできるので、トリッキーな動きも可能です。

CXコンボでは相手リバース時に山札を1枚削り、そのカードが《マスター》《サーヴァント》のキャラなら、控え室からキャラを登場させるというものです。
現在のレベル+1のレベル帯のキャラまで登場させることができ、盤面争いを有利に進めることができます。
対応クライマックスはストックブーストの「離れた時間の距離」です。

マスターとして 士郎
与えたダメージがキャンセルされた時の1ドローと、手札を増やすCXコンボを持っています。

このカードのダメージがキャンセルされた時、1コストを支払うことで1ドローが可能です。
1コストはかかりますが、キャンセルを手札のアドバンテージにつなげることが可能になっています。
CXコンボの対応クライマックスがソウル+2なのと良く噛み合ったテキストです。

CXはアタック時に3ルックを行うものです。
必要なカードが手札に加わるかはわかりませんが、相手リバースなどを必要とせず使いやすいですね。
対応クライマックスは「ひとりだけの帰路」、ソウルを+2するクライマックスです。

「FateFate グッドスタッフ【ソウル2ストブ】赤黄t緑」優勝デッキレシピまとめ

「FateFate グッドスタッフ【宝2001】赤緑」解説とデッキレシピ


新弾の「桜」「ライダー」軸に赤をタッチし、「万象の王 アーチャー」を採用したデッキです。
「怪物の一睨 ライダー」でのフロントアタックロックに加えて、相手のクライマックスを破壊する「万象の王 アーチャー」で相手の攻勢を食い止めることができますね。
赤と緑の構成で、クライマックスは宝2種と2001のクライマックスをそれぞれ採用しています。

「FateFate グッドスタッフ【宝2001】赤緑」よく使われるカード・相性のいいカード解説

万象の王 アーチャー
登場時のクロック回復と、相手のクライマックスを剥がすCXコンボを持っています。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストですね。

CXコンボは相手のアタック前に1コストとともに手札から「乖離剣エア」を捨てることで、相手のクライマックス置場のクライマックスを控え室に送ることができます。
クライマックスによってはパワーとソウルの増加をを打ち消せるのはもちろん、大半のCXコンボを完全にシャットアウトすることが可能ですね。
対応クライマックスを手札に握っている必要はありますが、相手の詰め手段や防御を担うCXコンボを発動すらさせないのはとても強力です。

「FateFate グッドスタッフ【宝2001】赤緑」優勝デッキレシピまとめ