「Fate【「凛」「アーチャー」】」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!

「FateFate 「凛」「アーチャー」【8ストブ】「凛」「アーチャー」」解説とデッキレシピ


「凛」と「アーチャー」を中心にしたデッキですね。
フィニッシャーは新弾の「曰くの英霊 アーチャー」と、アタック時バーンを持つ「“英霊”アーチャー」、アドバンテージを稼ぐCXコンボは「“ロンドンへの誘い”凛」という組み合わせです。
「英霊 アーチャー」「反撃の嵐 アーチャー」をはじめ、「偽・螺旋剣」による『共鳴』を積極的に採用しているのが特徴的ですね。
赤中心のデッキ構成で、クライマックスは8枚ともストックブーストのものです。

「FateFate 「凛」「アーチャー」【8ストブ】「凛」「アーチャー」」よく使われるカード・相性のいいカード解説

曰くの英霊 アーチャー
登場時のクロック回復と相手にダメージを与えるCXコンボを持っています。クロック回復は言わずもがな便利なテキストですね。

CXコンボはアタック時1コスト手札1枚で山札を6枚削り、それらのソウルアイコンの個数分のダメージを与えます。打点は不確定で不用意に山を削るリスクもありますが、相手の盤面に関係なく軽いコストで多点ダメージを飛ばせますね。
一般的な構築では2〜3点飛ぶイメージですが、ソウルアイコンを2つ持つクライマックスを8枚採用しているこのデッキでは更にダメージを飛ばせるでしょう。
対応クライマックスは「最善の選択」です。ソウルアイコンを2個持つストックブーストのものですね。

勝利のために 凛
『経験』による早出しと、登場時の控え室回収を持っています。

レベル置場に同名カードと「二刀使いの弓兵 アーチャー」がいれば、レベル2段階から登場することが可能です。
レベル2段階で2枚の『経験』条件ということで、指定されているカードをまとまった枚数採用する必要はありますが、リフレッシュや盤面に左右されない早出しが可能になっています。

登場時には控え室からキャラを1枚回収することができますね。
追加のリソースを消費せずに欲しいキャラを回収して、レベル3の準備を整えることが可能です。

英霊 アーチャー
盤面参照と『共鳴』による2種のパワーパンプと、アタック時のバーンテキストを持っています。

舞台に《マスター》《サーヴァント》のキャラが2枚以上いればパワーを1000伸ばし、さらにクライマックスフェイズに手札から「偽・螺旋剣」を公開する『共鳴』でパワーを2000伸ばします。
自身のテキストで13000が出せるのは便利ですね。

アタック時に山札の一番上のカードを公開し、そのカードのレベル分のダメージを相手に与えます。
もちろん打点は安定しにくく、レベル0のカードを捲ってダメージが飛ばないことも十分に考えられますが、ノーコストでアタックのみでダメージを飛ばせる便利なテキストです。

二刀使い アーチャー
登場時の相手キャラ除去と、コスト踏み倒しでキャラを登場させるテキストを持っています。
どちらもコストは手札1枚ですね。

手札から《武器》のキャラ1枚をストック消費無しで展開することができます。
手札2枚を舞台のキャラ1枚に変換する形になりますがストックが無くても高レベルキャラを展開でき、もちろん登場時テキストは発動しますね。

もう一つのテキストは相手前列のレベル3以下のキャラを控え室に置くものです。
レベルパンプやアンタッチャブルなどを除けばどんなキャラでも舞台から除外することができ、厄介なテキスト持ちや高パワーへの対処はもちろん、カウンター避けやダイレクトアタックによる打点調整が可能です。

ロンドンへの誘い 凛
盤面参照の自身パンプと、手札を増やすCXコンボを持っています。

舞台に「凛」「アーチャー」ネームのキャラが2枚以上なら、パワー5500になります。
簡単な条件で安定的にパワーを出すことができ、CXコンボとも相性がいいですね。

CXコンボはバトル相手リバースで回収を行うシンプルなものです。

二刀使いの弓兵 アーチャー
サイドアタックできないデメリットを持っています。

打点調整やカウンター避けはできなくなりますが、さほど重いデメリットではありません。

「勝利のために 凛」の『経験』に指定されているカードですね。

魔弾の射手 凛
レベル2以上キャラへの『応援』と、トップ盛りの起動能力を持っています。

『応援』はレベル2以上のキャラにしか効果がありませんが、強力なパワー支援が可能になっています。

《マスター》のキャラを2枚レストすることで相手の控え室のカードを1枚山札の上に載せることができます。
クライマックス以外のカードを乗せることで1ダメージを確定させる強力なテキストです。

反撃の嵐 アーチャー
登場時のパワーパンプと、キャラ除去の『共鳴』を持っています。

登場時にキャラ1枚のパワーを1000伸ばします。
パワーの必要なキャラを的確に支援でき、自身のパワーを伸ばすこともできる便利なテキストです。

「偽・螺旋剣」を公開する『共鳴』で、相手前列のレベル0以下のキャラを1枚控え室に送ることができます。
高パワー持ちや、相殺、厄介なリバース時などのテキストを持つキャラを確実に処理することが可能ですね。

偽・螺旋剣 アーチャー
「偽・螺旋剣」使用時のパワーパンプと、相殺を持っています。

「偽・螺旋剣」を『共鳴』のコストとしてはだけでなく、手札の質を上げるイベントとして運用する時にこのカードを舞台に出せていれば、パワー2000を1面に付与することができます。
イベント本来のテキストに加えて、パワーパンプとして活用できるのは強力ですね。

理想の存在 アーチャー
特定イベントの回収を行う登場時テキストと、パワーパンプの起動能力を持っています。

登場時1コストで「偽・螺旋剣」を回収することができます。
『共鳴』など様々なカードに指定されるイベントを確実に手札に加えることができます。もちろん手札の質を上げるイベントとしても活用できますね。

《マスター》《サーヴァント》のキャラ2枚をレストすることでパワー2000を1面に付与できます。
レストコストの競合はありますが、手軽に強力なパワー支援が可能です。

偽・螺旋剣
4ルックイベントです。

山札の上4枚からキャラを1枚手札に加えるものですね。

ノーコストで山を削りつつ手札の質を上げることができます。

「英霊 アーチャー」「反撃の嵐 アーチャー」の『共鳴』のほか、「偽・螺旋剣 アーチャー」「理想の存在 アーチャー」のテキストにも指定されているイベントです。

「FateFate 「凛」「アーチャー」【8ストブ】「凛」「アーチャー」」優勝デッキレシピまとめ