「Fate【「イリヤ」「バーサーカー」】」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!

「FateFate 「イリヤ」「バーサーカー」【8本】」解説とデッキレシピ


「イリヤ」と「バーサーカー」のカードを中心にしたデッキです。
フィニッシャーは山札を削ってバーンを飛ばす「“信頼の関係”イリヤ&バーサーカー」ですね。
「戦局を見据える イリヤスフィール」は手札アドバンテージを稼ぐCXコンボをもっているカードです。このカードが青か「士郎」ネームのカードを指定しているので、黄の「士郎」ネームが採用されることもありますね。
クライマックスは8枚ともドローアイコンのものになっています。

「FateFate 「イリヤ」「バーサーカー」【8本】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“信頼の関係”イリヤ&バーサーカー
後列参照の自身パンプと登場時の2ドロー1ディス、ダメージを与えるCXコンボを持っていますね。

後列の「イリヤ」ネームのキャラ1枚につきパワーを1000伸ばします。
後列のキャラを参照ということで前列のキャラがやられていてもパワーを伸ばすことができ、前列に並べるキャラの自由度も上がりますね。

登場時テキストは手札の質を上げることができるものです。
クライマックスなどを引き込むことが期待できますね。

アタック時に対応クライマックスがクライマックス置場にあれば山札を5枚削り、その中のクライマックス分相手にダメージを飛ばします。
運は絡みますがコストや相手リバースが不要で、手軽に相手にダメージを当てることができます。

ミステリアスな少女 イリヤスフィール
クロック条件の早出しと、盤面参照での自身パンプ、ストックブーストを兼ねたクロック回復を持っています。

クロックに「狂戦士の咆哮 バーサーカー」がいればレベル2段階から登場できます。
特定カードが必要になりますが、クロックフェイズなどに簡単に達成できますね。

舞台の《マスター》《サーヴァント》キャラ1枚につきパワーを500ずつ伸ばします。最大でパワー11000になりますね。
舞台を埋めないと最大値は発揮できませんが、常にパワーを保つことが可能です。

登場時テキストは手札を消費しますが、クロックを減らしつつ差し引きコスト1で登場できるというものです。
後続の展開が楽になるのはもちろん、「回復メタ」をくぐり抜けることもできるようになっています。
クロックの下のカードからストックに送るということで、クロックフェイズに満たした早出し条件を妨害しにくいよう配慮されていますね。

戦局を見据える イリヤスフィール
登場時の自身パンプと手札を増やすCXコンボを持っています。

登場ターン中はパワー6000になりますね。
特筆して高いというわけではありませんが、戦いやすいサイズになることができ、CXコンボとも噛み合いがいいですね。

CXコンボはバトル相手をリバースさせれば2ドロー1ディスが可能になるものです。
ドローということで手札に加わるカードを選ぶことはできませんが、2ドロー1ディスで手札の質はある程度上げやすくなっています。
他に青か「士郎」ネームが2枚以上いるという条件ですが、構築段階にある程度気を配っておけば問題ないでしょう。
対応クライマックスは「雪下のローレライ」、ドローアイコンです。

狂戦士の咆哮 バーサーカー
二つのデメリットによって素のパワーが4000あります。

一つ目は「イリヤ」ネームのキャラがいなければスタンドできないというものです。
「イリヤ」ネームがいなくても登場ターン中はアタックが可能ですが、それ以降は「イリヤ」ネームがいないと再びアタックできません。

もう一つはリバース時に山札の下に送られてしまうというものです。
『アンコール』などを行うことはできなくなりますが、レベル0コスト0のキャラを『アンコール』したい状況はまれでしょうし、さほど気になるものではありません。
盤面参照のパワーパンプなどに影響が出てしまう点には気をつけましょう。

「ミステリアスな少女 イリヤスフィール」「不穏な忠告 イリヤスフィール」に指定されているカードです。

「FateFate 「イリヤ」「バーサーカー」【8本】」優勝デッキレシピまとめ

「FateFate 「イリヤ」「バーサーカー」【門ストブ】」解説とデッキレシピ


こちらも「イリヤ」「バーサーカー」中心のデッキですが、CXコンボ中心とした構成が大きく異なります。
フィニッシャーは再スタンドの「勇猛なる戦士 バーサーカー」ですね。
レベル1は「“王との対峙”イリヤ」から「“強靭な意思”バーサーカー」を出すことで盤面を取る構成になっています。
クライマックスは門が4枚とストブが4枚、青中心の構成です。

「FateFate 「イリヤ」「バーサーカー」【門ストブ】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

勇猛なる戦士 バーサーカー
登場時の1ドローと自身パワーパンプ、再スタンドのCXコンボを持っています。

登場時には手札を整えつつ自身のパワーを2000伸ばします。
1ドローとはいえクライマックスや他のアタッカーを引き込む可能性はありますし、手札を減らさないのも便利です。
パワーを伸ばすことができるのもCXコンボと相性がいいですね。

CXコンボはアタック時にコストを払うことでパワー3000とバトル相手リバース時の再スタンドを獲得するものです。
登場時テキストとクライマックス込みでパワー16000になりますし、後列も含めればパワー面はさほど問題ないでしょう。
再スタンドということでまとまった打点を飛ばせるのは強みですが、コストが先払いなので防御札には弱くなってしまっています。
対応クライマックスはゲートアイコンの「熾烈な闘争」です

“強靭な意思”バーサーカー
後列参照の自身パンプを持っています。

後列の「イリヤ」ネームのキャラ1枚につきパワーを1000伸ばします。最大9500ですね。
後列のキャラを参照ということで前列のキャラがや倒されていてもパワーを伸ばすことができ、後列キャラさえ「イリヤ」で固めておけば前列のキャラに縛りはありません。

「“王との対峙”イリヤ」でレベル1段階から登場することができます。

“王との対峙”イリヤ
登場時の「バーサーカー」ネームのキャラサーチと、「“強靱な意志”バーサーカー」への疑似チェンジを持っています。

登場時に手札を1枚捨てることで山札から「バーサーカー」ネームのキャラをサーチすることができます。
ストックなどを消費せずに必要なカードを手札に加えることが可能ですね。

フロントアタックされた時にコストを払うことで、このカードのいた枠に「“強靱な意志”バーサーカー」を登場させることができます。
カウンターのように高パワーのキャラを出すことができ、相手の計算を狂わせるのはもちろん、相手のフロントアタックを牽制できますね。

「FateFate 「イリヤ」「バーサーカー」【門ストブ】」優勝デッキレシピまとめ