「サマポケ」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!(Summer Pockets)

「Summer Pockets<サマポケ>門チョイス【門チョイス】(「ラッキーアクシデント」・「最後に……君に逢いたかったな……」)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“夏の思い出”識
登場時のXルックテキストと、アタックによるダメージを分割できるCXコンボを持っています。

登場時に《サマポケ》のキャラの枚数分山札を確認して好きなカードを手札に加えることができます。
最大5枚の中からキャラはもちろん、クライマックスやイベントを探すことができる便利なテキストですね。

CXコンボは1コストでアタックによるダメージを、ソウルの回数分の1点バーンに置き換えることができるものです。
最終的な打点は変わらないものの、1点ずつダメージを刻むことでキャンセルの影響を最小限に抑えることが可能になっていますね。
ソウル3以下という条件があるため、最大で3回+トリガーによるソウル減少分のダメージを与えることができます。
パワー11000の代わりにソウルが1になっていることで、ダイレクトアタックでもテキストの発動が可能です。

「“鬼の仲間入り”識」に指定されているカードですね。

“それは夏のせい”蒼
登場時の2ドロー1ディス、アタック時のXバーンを持っています。

登場時テキストは手札枚数を減らさずに更なるアタッカーやCXが手札に加わることが期待できます。
アタック時バーンで手札を消耗するので手札を減らさず登場するだけでも優秀です。
アタック時に手札を2枚捨てることで、相手山札のボトム4枚を控え室に置き、その中のクライマックスの枚数分のダメージを相手に与えることができます。不確定ではありますが相手の圧縮を逆手に取ることが可能です。
ストックを消費しないのも魅力ですね。

“ひまわり畑”しろは
盤面参照の早出しテキストとクロック回復、更に相手の控え室のカードを山札に戻せるテキストを持っています。

舞台の《サマポケ》キャラが4枚以上なら、レベル2段階から登場できます。
キャラを展開することで手軽に早出しが可能になっていますね。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストです。

登場時に「“夏の思い出”」をカード名に含むキャラがいれば、2コストでクライマックスを1枚残して相手の控え室のカードすべてを山札に戻すことができます。
タイミングを見極める必要性が大きいものの、相手の山札の圧縮を崩してキャンセル率の低下を狙えるテキストです。
「“夏の思い出”」ネームのカードは「“夏の思い出”しろは」など9種が存在しています。

“無防備な寝顔”蒼
山札サーチを行うCXコンボを持っています。

相手キャラのリバース時に、山札から《サマポケ》キャラを1枚サーチすることができます。
欲しいキャラを山札から手札に加えることが可能です。
対応クライマックスの「ラッキーアクシデント」は門アイコンのものですね。

「“やっぱりチョロい”蒼」に指定されているカードです。

“鬼の仲間入り”識
レベル比例の『応援』テキストと「“夏の思い出”識」へのソウルパンプ、パワーパンプの起動能力を持っています。

対象キャラのレベル1につきパワーを500伸ばすことができる『応援』テキストですね。
低レベルキャラには恩恵が薄いものの、レベル3キャラならパワーを1500伸ばすことが可能になっていますね。

クライマックスフェイズに「“夏の思い出”識」のソウルを2枚まで1ずつ伸ばすことができます。
ダメージ調整はもちろん、CXコンボのサポートも可能になっていますね。

自身をレストすることで、キャラ1枚のパワーを500伸ばすことができます。
パワーの必要なキャラを確実に支援できるテキストですね。

“やっぱりチョロい”蒼
「“無防備な寝顔”蒼」へのパワーパンプとサーチテキスト、『応援』を持っています。

「“無防備な寝顔”蒼」のパワーを1000伸ばすことができます。
特定のカードのみとはいえ、安定して強力なパワーパンプが可能になっています。
「“無防備な寝顔”蒼」が持つリバース要求のCXコンボとも相性がいいテキストです。

『応援』で前列のキャラをサポートすることが可能です。
他のキャラはもちろん、「“無防備な寝顔”蒼」のパワーを更に伸ばすこともできますね。

登場時に手札が6枚以下なら、手札から赤か青のカードを捨てることで山札から「“無防備な寝顔”蒼」を手札に加えることができます。
リソースを使わずにCXコンボを持つキャラをサーチできる便利なテキストです。

「“無防備な寝顔”蒼」はTDに収録されているレベル1のキャラですね。

“打倒チャーハン”静久
登場時のソウルパンプとダメージキャンセル時のドローテキストを持っています。

登場時に山札に控え室のキャラを2枚戻すことで、自身のソウルを1伸ばすことができます。
山札の圧縮率は下がってしまうもののダメージ量を増やすことができ、山札の枚数やトリガーの調整を狙うことが可能ですね。

与えたダメージがキャンセルされたときに1コストで1ドローすることができます。
ダメージのキャンセルによって手札を増やすことが可能ですね。

「Summer Pockets<サマポケ>門チョイス【門チョイス】(「ラッキーアクシデント」・「最後に……君に逢いたかったな……」)」優勝デッキレシピまとめ

「Summer Pockets<サマポケ>風チョイス【風チョイス】(「一筋の光」・「最後に……君に逢いたかったな……」)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“夏の思い出”識
登場時のXルックテキストと、アタックによるダメージを分割できるCXコンボを持っています。

登場時に《サマポケ》のキャラの枚数分山札を確認して好きなカードを手札に加えることができます。
最大5枚の中からキャラはもちろん、クライマックスやイベントを探すことができる便利なテキストですね。

CXコンボは1コストでアタックによるダメージを、ソウルの回数分の1点バーンに置き換えることができるものです。
最終的な打点は変わらないものの、1点ずつダメージを刻むことでキャンセルの影響を最小限に抑えることが可能になっていますね。
ソウル3以下という条件があるため、最大で3回+トリガーによるソウル減少分のダメージを与えることができます。
パワー11000の代わりにソウルが1になっていることで、ダイレクトアタックでもテキストの発動が可能です。

「“鬼の仲間入り”識」に指定されているカードですね。

“ひまわり畑”しろは
盤面参照の早出しテキストとクロック回復、更に相手の控え室のカードを山札に戻せるテキストを持っています。

舞台の《サマポケ》キャラが4枚以上なら、レベル2段階から登場できます。
キャラを展開することで手軽に早出しが可能になっていますね。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストです。

登場時に「“夏の思い出”」をカード名に含むキャラがいれば、2コストでクライマックスを1枚残して相手の控え室のカードすべてを山札に戻すことができます。
タイミングを見極める必要性が大きいものの、相手の山札の圧縮を崩してキャンセル率の低下を狙えるテキストです。
「“夏の思い出”」ネームのカードは「“夏の思い出”しろは」など9種が存在しています。

“私が出来ること”しろは
盤面が埋まっていれば自身で9500までパワーを伸ばし、CXコンボではストックと手札を同時に増やすことができます。

後列からの支援を含めて10000を越えるパワーで立ち続けることが可能です。
CXコンボはリバースこそ必要ですが2つのアドバンテージを一気に稼ぐもので、レベル1にも存在するストブ+トップチェックなどのものとは違って確実に手札を増やすことができます。
真の脅威は「“蝶番の儀”しろは」によってレベル1からストック消費無しで登場する点で、このカードの9500+後列+クライマックスというパワーをレベル1帯で返すのは非常に困難です。
確実にCXコンボを決めつつ、壁として立ち続けることでゲームを有利に進めます。

“蝶番の儀”しろは
登場時の1ドロー1ディス、CXコンボでの「“私が出来ること”しろは」との疑似チェンジを持っています。

1ドロー1ディスは手札の枚数こそ変わりませんが、CXコンボに必要なパーツを引き込める可能性はありますし、手札でダブついているCXを切る働きも期待できます。
CXコンボでは「“私が出来ること”しろは」を早出しすることができ、手札とストックのアドバンテージに繋ぐことが可能です。

“鬼の仲間入り”識
レベル比例の『応援』テキストと「“夏の思い出”識」へのソウルパンプ、パワーパンプの起動能力を持っています。

対象キャラのレベル1につきパワーを500伸ばすことができる『応援』テキストですね。
低レベルキャラには恩恵が薄いものの、レベル3キャラならパワーを1500伸ばすことが可能になっていますね。

クライマックスフェイズに「“夏の思い出”識」のソウルを2枚まで1ずつ伸ばすことができます。
ダメージ調整はもちろん、CXコンボのサポートも可能になっていますね。

自身をレストすることで、キャラ1枚のパワーを500伸ばすことができます。
パワーの必要なキャラを確実に支援できるテキストですね。

“お互いの場所”しろは
アタック時のトップ操作とトリガーチェックの回数を増やすテキストを持っています。

アタック時に他に《サマポケ》キャラが2枚以上居れば、山札の上から2枚を見て、1枚を山札の上に、もう1枚を控え室に置くことができます。
自身のトリガーを操作することができ、打点の調整やクライマックスのトリガーを選ぶことが可能です。

さらに1コスト払うことで、トリガーチェックを2回行うことができます。
ストックの枚数は変わらないものの、トリガーの恩恵を受けやすくなり、直前にトリガーしたクライマックスなどを控え室に落とすことも可能です。

“手の繋ぎ方”識
登場時トップチェックでのパワーパンプと、他のキャラを後列に逃がせるテキストを持っています。

登場時にデッキトップを公開し、《サマポケ》のキャラが出れば自身のレベルを1、パワーを1500伸ばすことができます。
パワーを発揮できるのはもちろん相殺対策も可能で、リバース要求テキストとも相性がいいですね。

バトル相手をリバースさせたときに他の自分のキャラ1枚をレストして後列の空き枠に移動させることができます。
アタック回数を増やしてダメージとストックを稼ぎつつ、キャラを後列に移動させることで手札の消耗を防ぐことができるテキストですね。

“打倒チャーハン”静久
登場時のソウルパンプとダメージキャンセル時のドローテキストを持っています。

登場時に山札に控え室のキャラを2枚戻すことで、自身のソウルを1伸ばすことができます。
山札の圧縮率は下がってしまうもののダメージ量を増やすことができ、山札の枚数やトリガーの調整を狙うことが可能ですね。

与えたダメージがキャンセルされたときに1コストで1ドローすることができます。
ダメージのキャンセルによって手札を増やすことが可能ですね。

「Summer Pockets<サマポケ>風チョイス【風チョイス】(「一筋の光」・「最後に……君に逢いたかったな……」)」優勝デッキレシピまとめ

「Summer Pockets<サマポケ>8電源【8電源】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“夏の思い出”蒼
登場時クロック回復と再スタンドを行うCXコンボを持っています。

クロック回復は便利なテキストですね。

CXコンボはアタック後にコストを支払うことで「空門 藍」をスタンドし、再びアタックできるようになります。バーンメタに強く、まとまったダメージを飛ばすことが可能ですね。
ストック2に加えて思い出置場から「“妹想い”藍」をこのカードのマーカーにすることで発動でき、マーカーを「空門 藍」に移してそのキャラをスタンドさせます。
「“妹想い”藍」を思い出に飛ばしておく必要があり、このキャラは次のターンスタンドできなくなってしまいますが、再スタンドとしては相手リバースも不要で軽いコストになっています。
対応クライマックスは「長い夢の終わり」、スタンバイアイコンですね。スタンバイで登場させた「空門 藍」をそのターン中にアタックさせる使い方も可能です。

“それは夏のせい”蒼
登場時の2ドロー1ディス、アタック時のXバーンを持っています。

登場時テキストは手札枚数を減らさずに更なるアタッカーやCXが手札に加わることが期待できます。
アタック時バーンで手札を消耗するので手札を減らさず登場するだけでも優秀です。
アタック時に手札を2枚捨てることで、相手山札のボトム4枚を控え室に置き、その中のクライマックスの枚数分のダメージを相手に与えることができます。不確定ではありますが相手の圧縮を逆手に取ることが可能です。
ストックを消費しないのも魅力ですね。

“いつか見る未来”うみ
クライマックス条件の早出しと登場時のユニークな回復テキストです。

早出しはリフレッシュのタイミングに大きく左右されるタイプのものですが、確実に通過する状態が条件となっている使いやすいものです。
回復テキストは盤面条件はありますがクロック置場のキャラを直接思い出に送ることができます。
回復メタにひっかからず、圧縮を手助けすることも可能です。

空門 藍
マーカーがあればパワーを11500まで伸ばし、全体パワーパンプと『助太刀』・カウンターをロックするテキスト、アタック時のソウルパンプを持っています。

マーカーは「“夏の思い出”蒼」のCXコンボで獲得できます。
「“夏の思い出”蒼」でスタンドするまでパワーは伸びませんが、リバースしていてもスタンドしてアタックすることはできるので支障はありませんね。

舞台全体のパワーラインを上げることできるうえ、『助太刀』やカウンターイベントなどを受け付けません。
パワー負けや防御札対策になります。

ソウルパンプは簡単な条件で、手軽にダメージ調整が可能です。
スタンバイアイコンのネックになりがちなダメージの伸び悩みを緩和することができます。

“残された時間”蒼
全体パンプとキャラをスタンドさせるCXコンボ、手札を増やす『集中』を持っています。

補正値は500ですが、舞台全体のパワーラインを上げることができるのは便利です。

CXコンボは1コストでキャラをスタンドさせるものです。
対応クライマックスの「長い夢の終わり」がスタンバイアイコンということで、登場させたキャラがそのままアタックできるようにすることを想定したテキストになります。

レベル0にももちろん『集中』持ちは採用されていますが、上位後列のこのカードも『集中』を持つことで、レベルに合わせてより強力なキャラを後列に出しつつ必要な場面で『集中』を使うことができるようになっていますね。

“お姉ちゃんとの時間”蒼
盤面参照でパワーを伸ばし、『アンコール』を持っています。
パワー7500で『アンコール』持ちのバリエーションのひとつですね。

パワーを出しつつ『アンコール』で場持ちも良いスタンバイで登場させるキャラの有力候補です。
「“妹想い”藍」のテキストでもレベル0段階から登場することができます。

“神秘的な光景”蒼
『記憶』で登場時の4ルックテキストを獲得します。

条件は「“妹想い”藍」が思い出置場にあれば、というものですね。
「“妹想い”藍」が思い出に飛ぶテキストを2つ持っていることもあって達成はさほど難しくないでしょう。

手札を1枚捨てることで4ルックが可能になります。
ストック消費無しで手札の質を高める・山を削る・手札の不要なカードを捨てる3つの役割を同時にこなせるとても強力なテキストです。

“妹想い”藍
自身を思い出にすることがコストに含まれる能力を2つ持っています。
それぞれ「“お姉ちゃんとの時間”蒼」「“夏の思い出”蒼」に関係したものです。

一つ目はリバース時に手札1枚ストック1で控え室から「“お姉ちゃんとの時間”蒼」を登場させるものです。
コストの踏み倒しなどにはなっていませんが、強力なキャラをレベル0段階から登場させることができ、自然にレベル1の盤面に繋げることができますね。

もう一つは起動能力ですね。
1コストと自身を思い出に送ることで、控え室から「“夏の思い出”蒼」を回収することができます。
思い出に飛ぶことで「“神秘的な光景”蒼」や「“夏の思い出”蒼」自体の『記憶』条件を満たしつつ、便利なキャラを回収することが可能です。

“メイド服”蒼
手札を増やすサーチテキストを付与するCXコンボを持っています。

アタック時に1コストで他のキャラにバトル相手をリバースさせたときに山札サーチを行えるテキストを付与します。
相手キャラのリバースは必要になるものの、高パワーキャラや相殺キャラにテキストを付与することで相手キャラをリバースさせやすくなり、最大で2枚手札を増やすことができますね。
対応クライマックスは電源アイコンの「もう1回・・・・・・いい?」です。

「Summer Pockets<サマポケ>8電源【8電源】」優勝デッキレシピまとめ

「Summer Pockets<サマポケ>宝チョイス【宝チョイス】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“夏の思い出”識
登場時のXルックテキストと、アタックによるダメージを分割できるCXコンボを持っています。

登場時に《サマポケ》のキャラの枚数分山札を確認して好きなカードを手札に加えることができます。
最大5枚の中からキャラはもちろん、クライマックスやイベントを探すことができる便利なテキストですね。

CXコンボは1コストでアタックによるダメージを、ソウルの回数分の1点バーンに置き換えることができるものです。
最終的な打点は変わらないものの、1点ずつダメージを刻むことでキャンセルの影響を最小限に抑えることが可能になっていますね。
ソウル3以下という条件があるため、最大で3回+トリガーによるソウル減少分のダメージを与えることができます。
パワー11000の代わりにソウルが1になっていることで、ダイレクトアタックでもテキストの発動が可能です。

「“鬼の仲間入り”識」に指定されているカードですね。

“ひまわり畑”しろは
盤面参照の早出しテキストとクロック回復、更に相手の控え室のカードを山札に戻せるテキストを持っています。

舞台の《サマポケ》キャラが4枚以上なら、レベル2段階から登場できます。
キャラを展開することで手軽に早出しが可能になっていますね。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストです。

登場時に「“夏の思い出”」をカード名に含むキャラがいれば、2コストでクライマックスを1枚残して相手の控え室のカードすべてを山札に戻すことができます。
タイミングを見極める必要性が大きいものの、相手の山札の圧縮を崩してキャンセル率の低下を狙えるテキストです。
「“夏の思い出”」ネームのカードは「“夏の思い出”しろは」など9種が存在しています。

“サマードレス”紬
盤面参照の早出しテキストと『記憶』による自身パンプ、登場時のクロック回復とストックブーストを兼ねたテキストを持っています。

《サマポケ》のキャラが4枚以上なら早出しが可能です。
キャラを展開することで、手軽に早出しができるようになっていますね。

自ターン中、思い出に「蔵で見つけた写真」があればパワー11500になります。
「蔵で見つけた写真」自体も自ターン中のパワーパンプを持っているほか、他のカードの『記憶』と併用して自身のパワーを大きく伸ばすことができます。

登場時テキストは手札を1枚捨てることで、クロックの上から1枚をストック置場に置くことができるものです。
手札コストは必要になるものの、クロックを減らしつつストックの補充が可能になっています。

“サマードレス”鴎
登場時盤面参照のパワーパンプと、2ドロー1ディスができるCXコンボを持っています。

登場時に自身を含めた《サマポケ》キャラ1枚につきパワーを500伸ばすことができます。
最大でパワーを6500まで伸ばすことができ、CXコンボとも相性がいいですね。

アンコールステップの始めに正面のキャラがリバースしているか空き枠なら、2ドロー1ディスを行えるCXコンボを持っています。
擬似的なリバース要求テキストではありますが、ダイレクトアタックでも発動が可能ですね。
2ドロー1ディスということで必要なキャラを直接手札に加えることはできないものの、手札の枚数を稼ぐことができます。
手札の不要なカードを控え室におくこともできるようになっていますね。
対応クライマックスはトレジャーアイコンの「明日に備えて」です。

“鬼の仲間入り”識
レベル比例の『応援』テキストと「“夏の思い出”識」へのソウルパンプ、パワーパンプの起動能力を持っています。

対象キャラのレベル1につきパワーを500伸ばすことができる『応援』テキストですね。
低レベルキャラには恩恵が薄いものの、レベル3キャラならパワーを1500伸ばすことが可能になっていますね。

クライマックスフェイズに「“夏の思い出”識」のソウルを2枚まで1ずつ伸ばすことができます。
ダメージ調整はもちろん、CXコンボのサポートも可能になっていますね。

自身をレストすることで、キャラ1枚のパワーを500伸ばすことができます。
パワーの必要なキャラを確実に支援できるテキストですね。

“打倒チャーハン”静久
登場時のソウルパンプとダメージキャンセル時のドローテキストを持っています。

登場時に山札に控え室のキャラを2枚戻すことで、自身のソウルを1伸ばすことができます。
山札の圧縮率は下がってしまうもののダメージ量を増やすことができ、山札の枚数やトリガーの調整を狙うことが可能ですね。

与えたダメージがキャンセルされたときに1コストで1ドローすることができます。
ダメージのキャンセルによって手札を増やすことが可能ですね。

「Summer Pockets<サマポケ>宝チョイス【宝チョイス】」優勝デッキレシピまとめ

「Summer Pockets<サマポケ>8宝【8宝】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“夏の思い出”鴎
登場時回復と、効果を選べるCXコンボを持っています。

登場時回復は言わずもがな重要なテキストです。

CXコンボは1コストを払い、自身のパワーを+2000した上で2つの効果のどちらかを使うものです。
相手のストックを全て控え室に置いて同じ枚数を山札から補充する、いわゆる「光景」テキストは相手の圧縮を崩す働きが期待できます。相手のストックが多ければ多いほど効果も大きくなりやすく、相手のアドバンテージを逆手に取ることができます。

もう片方はクロックシュート獲得です。クロック1枚ではありますが、リバースを取ることができればキャンセルのない1点をたたき込むことができます。

相手のクロックやパワーラインを鑑みつつ臨機応変に戦うことが可能ですね。
対応クライマックスはトレジャーアイコンの「スタート地点」になります。

“それは夏のせい”蒼
登場時の2ドロー1ディス、アタック時のバーンテキストを持っています。

登場時テキストは手札枚数を減らさずに更なるアタッカーやCXが手札に加わることが期待できます。
アタック時バーンで手札を消耗するので手札を減らさず登場するだけでも優秀です。
アタック時に手札を2枚捨てることで、相手山札のボトム4枚を控え室に置き、その中のクライマックスの枚数分のダメージを相手に与えることができます。不確定ではありますが相手の圧縮を逆手に取ることが可能です。
ストックを消費しないのも魅力ですね。

“らくしょーで大好き”紬
舞台参照のパワーパンプと、リアニメイトと回復を兼ねたユニークなテキストを持っています。

「静久」「羽依里」ネームのキャラがいればパワー11000になります。
簡単な条件でパワーを出し続けることができますね。

登場時に手札から《サマポケ》のキャラを捨てることで、クロック置場からキャラを直接舞台に出すことができます。
手札消費はありますが、クロックを減らすと共に舞台にキャラを並べることができますね。
登場時テキストは発動出来ませんが、レベル3キャラでもストック消費無しで舞台に登場させることが可能です。

“いつも見ていた夢”鴎
アタック時に緩い条件で6500までパワーが伸び、手札が増えるCXコンボを持っています。

CXコンボが使えなくてもパワー6500のアタッカーとして運用できるのは優秀です。

CXコンボはアタック時に山札の上から2枚を公開し、相手が選んだカードを手札に加えるというものです。
カードを選ぶのこそ相手ですが、リバース不要でイベントも手札に加えることができます。
相手がこちら側の動きやテキストをしっかり把握していなければドツボ的な選択をしてくれることも多いですし、自分の選択が自分の不利に繋がるかもしれない選択を強要できるのは少なからずプレッシャーになります。
タイミング的にはレベル3を握り始めても決して悪くはなく、レベル0のキャラでも何かしらには使えるため、実際に使ってみると想像以上に使い勝手のいいカードです。

対応クライマックスは「お別れの挨拶」、トレジャーアイコンです。

“働き者のメイドさん”鴎
自身リバース時に1コスト・クロック1・自身思い出で《海賊》サーチを行います。

「オカ研」と同様のコストでレベル帯を問わないサーチが可能で、自身は思い出に飛ぶので圧縮に繋がります。

このデッキではレベル1連動の「“いつも見ていた夢”鴎」、フィニッシャーの「“夏の思い出”鴎」両方が《海賊》っを持っていることもあって回収対象は多いですね。
必要なカードを的確に手札に加えることで安定した動きを可能にするカードです。

「Summer Pockets<サマポケ>8宝【8宝】」優勝デッキレシピまとめ

「Summer Pockets<サマポケ>8宝【8宝】(「明日に備えて」「スタート地点」)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“夏の思い出”鴎
登場時回復と、効果を選べるCXコンボを持っています。

登場時回復は言わずもがな重要なテキストです。

CXコンボは1コストを払い、自身のパワーを+2000した上で2つの効果のどちらかを使うものです。
相手のストックを全て控え室に置いて同じ枚数を山札から補充する、いわゆる「光景」テキストは相手の圧縮を崩す働きが期待できます。相手のストックが多ければ多いほど効果も大きくなりやすく、相手のアドバンテージを逆手に取ることができます。

もう片方はクロックシュート獲得です。クロック1枚ではありますが、リバースを取ることができればキャンセルのない1点をたたき込むことができます。

相手のクロックやパワーラインを鑑みつつ臨機応変に戦うことが可能ですね。
対応クライマックスはトレジャーアイコンの「スタート地点」になります。

“それは夏のせい”蒼
登場時の2ドロー1ディス、アタック時のバーンテキストを持っています。

登場時テキストは手札枚数を減らさずに更なるアタッカーやCXが手札に加わることが期待できます。
アタック時バーンで手札を消耗するので手札を減らさず登場するだけでも優秀ですね。

アタック時に手札を2枚捨てることで、相手山札のボトム4枚を控え室に置き、その中のクライマックスの枚数分のダメージを相手に与えることができます。不確定ではありますが相手の圧縮を逆手に取ることが可能です。
ストックを消費しないのも魅力ですね。

“サマードレス”紬
盤面参照の早出しテキストと『記憶』による自身パンプ、登場時のクロック回復とストックブーストを兼ねたテキストを持っています。

《サマポケ》のキャラが4枚以上なら早出しが可能です。
キャラを展開することで、手軽に早出しができるようになっていますね。

自ターン中、思い出に「蔵で見つけた写真」があればパワー11500になります。
「蔵で見つけた写真」自体も自ターン中のパワーパンプを持っているほか、他のカードの『記憶』と併用して自身のパワーを大きく伸ばすことができます。

登場時テキストは手札を1枚捨てることで、クロックの上から1枚をストック置場に置くことができるものです。
手札コストは必要になるものの、クロックを減らしつつストックの補充が可能になっています。

“サマードレス”鴎
登場時盤面参照のパワーパンプと、2ドロー1ディスができるCXコンボを持っています。

登場時に自身を含めた《サマポケ》キャラ1枚につきパワーを500伸ばすことができます。
最大でパワーを6500まで伸ばすことができ、CXコンボとも相性がいいですね。

アンコールステップの始めに正面のキャラがリバースしているか空き枠なら、2ドロー1ディスを行えるCXコンボを持っています。
擬似的なリバース要求テキストではありますが、ダイレクトアタックでも発動が可能ですね。
2ドロー1ディスということで必要なキャラを直接手札に加えることはできないものの、手札の枚数を稼ぐことができます。
手札の不要なカードを控え室におくこともできるようになっていますね。
対応クライマックスはトレジャーアイコンの「明日に備えて」です。

「Summer Pockets<サマポケ>8宝【8宝】(「明日に備えて」「スタート地点」)」優勝デッキレシピまとめ

「Summer Pockets<サマポケ>風宝【風宝】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“夏の思い出”鴎
登場時回復と、効果を選べるCXコンボを持っています。

登場時回復は言わずもがな重要なテキストです。
CXコンボは1コストを払い、自身のパワーを+2000した上で2つの効果のどちらかを使うものです。
相手のストックを全て控え室に置いて同じ枚数を山札から補充する、いわゆる「光景」テキストは相手の圧縮を崩す働きが期待できます。相手のストックが多ければ多いほど効果も大きくなりやすく、相手のアドバンテージを逆手に取ることができます。
もう片方はクロックシュート獲得です。クロック1枚ではありますが、リバースを取ることができればキャンセルのない1点をたたき込むことができます。
相手のクロックやパワーラインを鑑みつつ臨機応変に戦うことが可能です。
対応クライマックスはトレジャー(宝)の「スタート地点」になります。

“夏の思い出”しろは
アタック時の1面1500パンプと「武蔵ショット」です。

アタック時パンプは腐りにくく、終盤でも相手のキャラ倒すための有力な手助けになります。自身をパンプすることも可能ですね。
「武蔵ショット」はシングルショットと比べて2点よりも大きなダメージで追撃できる可能性があります。最低でも1ダメージ与えることができるのは良いですね。
クライマックスや登場以外の追加コストを必要とせず詰めに貢献することができるカードです。

“それは夏のせい”蒼
登場時の2ドロー1ディス、アタック時のXバーンを持っています。

登場時テキストは手札枚数を減らさずに更なるアタッカーやCXが手札に加わることが期待できます。
アタック時バーンで手札を消耗するので手札を減らさず登場するだけでも優秀です。
アタック時に手札を2枚捨てることで、相手山札のボトム4枚を控え室に置き、その中のクライマックスの枚数分のダメージを相手に与えることができます。不確定ではありますが相手の圧縮を逆手に取ることが可能です。
ストックを消費しないのも魅力ですね。

“私が出来ること”しろは
盤面が埋まっていれば自身で9500までパワーを伸ばし、CXコンボではストックと手札を同時に増やすことができます。

後列からの支援を含めて10000を越えるパワーで立ち続けることが可能です。
CXコンボはリバースこそ必要ですが2つのアドバンテージを一気に稼ぐもので、レベル1にも存在するストブ+トップチェックなどのものとは違って確実に手札を増やすことができます。
真の脅威は「“蝶番の儀”しろは」によってレベル1からストック消費無しで登場する点で、このカードの9500+後列+クライマックスというパワーをレベル1帯で返すのは非常に困難です。
確実にCXコンボを決めつつ、壁として立ち続けることでゲームを有利に進めます。

“蝶番の儀”しろは
登場時の1ドロー1ディス、CXコンボでの「“私が出来ること”しろは」との疑似チェンジを持っています。

1ドロー1ディスは手札の枚数こそ変わりませんが、CXコンボに必要なパーツを引き込める可能性はありますし、手札でダブついているCXを切る働きも期待できます。
CXコンボでは「“私が出来ること”しろは」を早出しすることができ、手札とストックのアドバンテージに繋ぐことが可能です。

加藤 うみ
登場ターン中は3000までパワーが伸び、相手ドローフェイズの始めにトップチェックが成功すれば手札に戻ります。

バニラサイズになるのはとても戦いやすいですね。
トップチェックはレベル1以上のカードであれば成功です。イベントなどでも問題ありません。
手札に戻ることで相手に割られずに手札の消耗を防ぎ、相手のリバース要求などのテキストへの対処としても機能します。
このカードの場合は再び登場することでパワーが伸びるのも魅力的ですね。

自分の罪
自分のキャラ1枚にリバース回避を付与することができます。

リバースしないことで場持ちを良くするアンコール的な側面とともに、リバース要求テキストへの強力なメタとなるカードです。。
サマポケを相手にリバース要求の詰め手段に頼る場合には真っ先に考慮する必要がありますね。
相手デッキのフィニッシャーを見極めて必要な場合は握っておくことで、強大な抑止力として作用します。

「Summer Pockets<サマポケ>風宝【風宝】」優勝デッキレシピまとめ

Pick Up !

“お泊まり会”鴎
クライマックスをサーチするテキストと、『助太刀』のように使えるCXコンボを持っています。

登場時に2コストで山札からクライマックスを手札に加えることができます。
控え室に既にあるクライマックスと同名のものしかサーチできないという条件はありますが、クライマックスを確実に手札に加えることができるのは便利ですね。

相手のアタック前に、手札の「夢を追いかけて」を控え室に置くことで、キャラ1枚のパワーを4000伸ばすことができます。
特定のクライマックスが必要ですが、パワーの伸びが大きくカウンターのように相手の計算を狂わせることが可能ですね。

クライマックスを手札に加えやすくするために門アイコンの対応クライマックスとこのカードを1枚ずつ採用しています。

「Summer Pockets<サマポケ>電源風【電源風】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“夏の思い出”蒼
登場時クロック回復と再スタンドを行うCXコンボを持っています。

クロック回復は便利なテキストですね。

CXコンボはアタック後にコストを支払うことで「空門 藍」をスタンドし、再びアタックできるようになります。バーンメタに強く、まとまったダメージを飛ばすことが可能ですね。
ストック2に加えて思い出置場から「“妹想い”藍」をこのカードのマーカーにすることで発動でき、マーカーを「空門 藍」に移してそのキャラをスタンドさせます。
「“妹想い”藍」を思い出に飛ばしておく必要があり、このキャラは次のターンスタンドできなくなってしまいますが、再スタンドとしては相手リバースも不要で軽いコストになっています。
対応クライマックスは「長い夢の終わり」、スタンバイアイコンですね。スタンバイで登場させた「空門 藍」をそのターン中にアタックさせる使い方も可能です。

空門 藍
マーカーがあればパワーを11500まで伸ばし、全体パワーパンプと『助太刀』・カウンターをロックするテキスト、アタック時のソウルパンプを持っています。

マーカーは「“夏の思い出”蒼」のCXコンボで獲得できます。
「“夏の思い出”蒼」でスタンドするまでパワーは伸びませんが、リバースしていてもスタンドしてアタックすることはできるので支障はありませんね。

舞台全体のパワーラインを上げることできるうえ、『助太刀』やカウンターイベントなどを受け付けません。
パワー負けや防御札対策になります。

ソウルパンプは簡単な条件で、手軽にダメージ調整が可能です。
スタンバイアイコンのネックになりがちなダメージの伸び悩みを緩和することができます。

“残された時間”蒼
全体パンプとキャラをスタンドさせるCXコンボ、手札を増やす『集中』を持っています。

補正値は500ですが、舞台全体のパワーラインを上げることができるのは便利です。

CXコンボは1コストでキャラをスタンドさせるものです。
対応クライマックスの「長い夢の終わり」がスタンバイアイコンということで、登場させたキャラがそのままアタックできるようにすることを想定したテキストになります。

レベル0にももちろん『集中』持ちは採用されていますが、上位後列のこのカードも『集中』を持つことで、レベルに合わせてより強力なキャラを後列に出しつつ必要な場面で『集中』を使うことができるようになっていますね。

“お姉ちゃんとの時間”蒼
盤面参照でパワーを伸ばし、『アンコール』を持っています。
パワー7500で『アンコール』持ちのバリエーションのひとつですね。

パワーを出しつつ『アンコール』で場持ちも良いスタンバイで登場させるキャラの有力候補です。
「“妹想い”藍」のテキストでもレベル0段階から登場することができます。

“神秘的な光景”蒼
『記憶』で登場時の4ルックテキストを獲得します。

条件は「“妹想い”藍」が思い出置場にあれば、というものですね。
「“妹想い”藍」が思い出に飛ぶテキストを2つ持っていることもあって達成はさほど難しくないでしょう。

手札を1枚捨てることで4ルックが可能になります。
ストック消費無しで手札の質を高める・山を削る・手札の不要なカードを捨てる3つの役割を同時にこなせるとても強力なテキストです。

“妹想い”藍
自身を思い出にすることがコストに含まれる能力を2つ持っています。
それぞれ「“お姉ちゃんとの時間”蒼」「“夏の思い出”蒼」に関係したものです。

一つ目はリバース時に手札1枚ストック1で控え室から「“お姉ちゃんとの時間”蒼」を登場させるものです。
コストの踏み倒しなどにはなっていませんが、強力なキャラをレベル0段階から登場させることができ、自然にレベル1の盤面に繋げることができますね。

もう一つは起動能力ですね。
1コストと自身を思い出に送ることで、控え室から「“夏の思い出”蒼」を回収することができます。
思い出に飛ぶことで「“神秘的な光景”蒼」や「“夏の思い出”蒼」自体の『記憶』条件を満たしつつ、便利なキャラを回収することが可能です。

「Summer Pockets<サマポケ>電源風【電源風】」優勝デッキレシピまとめ

「Summer Pockets<サマポケ>宝扉【宝扉】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“夏の思い出”七海
登場時の3ルックとCXコンボでのXバーンです。

3ルックは対応CXや追加のアタッカーを手札に加えることができます。手札を減らさないというのは終盤では重要なことです。
CXコンボではストック2手札2を支払い、思い出置場のカードを好きな枚数控え室に置くことで、その枚数の2倍のダメージを相手に与えるというものです。
2点ずつとはいえダメージ量の調整が可能なので、相手のクロックの進み具合を見ながら最適な点数を与えることができます。
パワーが5000伸びるのも盤面争いに役立ちますね。

“いつか見る未来”うみ
クライマックス条件の早出しと登場時のユニークな回復テキストです。

早出しはリフレッシュのタイミングに大きく左右されるタイプのものですが、わざわざ早出しのために用意をしなくとも確実に通過する状態が条件となっている使いやすいものです。
回復テキストは盤面条件はありますがクロック置場のキャラを直接思い出に送ることができます。
回復メタにひっかからず、圧縮を手助けしたり、「“夏の思い出”七海」のCXコンボの下準備としても使うことができます。

“いつも見ていた夢”鴎
アタック時に緩い条件で6500までパワーが伸び、手札が増えるCXコンボを持っています。

CXコンボが使えなくてもパワー6500のアタッカーとして運用できるのは優秀です。
CXコンボはアタック時に山札の上から2枚を公開し、相手が選んだカードを手札に加えるというものです。
カードを選ぶのこそ相手ですが、リバース不要でイベントも手札に加えることができます。
相手がこちら側の動きやテキストをしっかり把握していなければドツボ的な選択をしてくれることも多いですし、自分の選択が自分の不利に繋がるかもしれない選択を強要できるのは少なからずプレッシャーになります。
タイミング的にはレベル3を握り始めても決して悪くはなく、レベル0のキャラでも何かしらには使えるため、実際に使ってみると想像以上に使い勝手のいいカードです。

“白羽の伝承”しろは
登場時にトップ操作が可能で、単レストの控え集中を持っています。

単レスト集中は山を削りつつ手札の整備を行うことができる便利なものです。
トップ操作を持っているので自分自身で集中を当たりやすくすることが可能ですね。

“働き者のメイドさん”鴎
自身リバース時に1コスト・クロック1・自身思い出で《海賊》サーチを行います。

「オカ研」と同様のコストでレベル帯を問わないサーチが可能で、自身は思い出に飛ぶので圧縮に繋がります。もちろん「“夏の思い出”七海」のCXコンボの弾にもなることが可能です。
このデッキではレベル1連動の「“いつも見ていた夢”鴎」を探すことが主な役割になりますね。必要なカードを的確に手札に加えることで安定した動きを可能にするカードです。

「Summer Pockets<サマポケ>宝扉【宝扉】」優勝デッキレシピまとめ