「オーバーロード」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!

「オーバーロード《ナザリック》軸デッキ【電源扉】《ナザリック》軸デッキ」解説とデッキレシピ


フィニッシャーにアタック回数を増やすCXコンボをを持った「超越者 アインズ」を採用し、道中はスタンバイアイコンの「シャルティア復活」で盤面を固めてアドバンテージを稼ぐ赤寄りの《ナザリック》軸デッキです。
「超越者 アインズ」のCXコンボは相手キャラをリバースさせてコストを支払うことで「デス・ナイト」を控え室から登場させアタックすることで、相手に与えるダメージを増やすものです。
レベル1キャラが少なくなっているのは、スタンバイアイコンに期待してのものでしょう。
「復活の儀式 アインズ」でスタンバイで登場したキャラもすぐアタックに参加できるのは強力です。
「負けん気溢れる名調教師 アウラ」が盤面全体のパワーを上げることができるのもスタンバイとの噛み合いが良いですね。
色構成は赤緑、クライマックス構成はカムバックとスタンバイを4枚ずつです。

「オーバーロード《ナザリック》軸デッキ【電源扉】《ナザリック》軸デッキ」よく使われるカード・相性のいいカード解説

超越者 アインズ
自ターン中は11500までパワーを伸ばし、登場時の3ルックとアタック回数を増やすCXコンボを持っています。

自身でパワー10000を越えるのはよいですね。
リバース要求のあるCXコンボとも噛み合っています。
登場時の3ルックはたいおうCXはもちろん他のアタッカーなどを探しつつ手札を減らさない便利なものです。

CXコンボでは相手リバース時にコスト支払いでトップ盛りと控え室から「デス・ナイト」をリアニメイトできます。
「デス・ナイト」はスタンド状態で出てくるため、アタック回数を増やすことができます。
3コストということでアタックフェイズ初めにストックが0でも発動でき、このカードが圧殺されるのではなく手札に戻ってくるのも便利ですね。

リバースさせたキャラは山札の上に置かれるため、キャンセル率を下げることが可能です
新しく出てきた「デス・ナイト」はダイレクトアタックになりますし、他の面もクライマックスによりソウル2~、「デス・ナイト」によってサイド不可になっているので、相手のソウル減がない限りトップの1枚を確定1点にすることはできません。

対応クライマックスはカムバック(扉)アイコンの「〈心臓掌握〉」です。

復活の儀式 アインズ
盤面条件の早出しと、キャラをスタンドさせるCXコンボです。

早出しは《異形種》《ナザリック》4枚以上というシンプルなものですね。
特定カードは必要ありませんし、意識していなくても達成しやすいでしょう。

CXコンボは対応クライマックスの「シャルティア復活」がスタンバイアイコンであることを踏まえたものです。スタンバイで登場させたキャラもそのままアタックすることができます。
ノーコストなのは嬉しいですね。

ただし早出し条件との兼ね合いでレベル1からこのカードのCXコンボを使おうとすると1面圧殺しなければなりません。
クライマックス使用時に手札に戻る「守護者の本質 アルベド」と組み合わせて使いたいですね。

第5階層の守護者 コキュートス
パワーを10500まで伸ばし、ダイレクトアタック時にはストックブーストが可能です。

盤面依存ですが、10000を越えるのは頼もしいですね。
スタンバイで出すレベル2キャラとしての採用でしょう。

ダイレクトアタックはこのカードに相手がチャンプアタックをせざるを得なかった時や『助太刀』で相手の前列が空いたタイミングで主に活躍できるものです。

デス・ナイト
他のキャラがサイドアタックできなくなる代わりに素のパワーが高く、登場時に自身のパワーが最大2500伸びます。

最大パワーは8000ですね。
ノーコストキャラが自身で発揮できるパワーとしてはとても高い部類のものです。

「超越者 アインズ」のCXコンボで控え室から登場するキャラですね。

守護者の本質 アルベド
登場時1枚落としでのソウルパンプと、クライマックス使用時に手札に戻ってのパワーパンプです。

登場時のソウルパンプは運も絡みますが、レベル0でソウルを盛れるのは便利ですね。
もう片方のテキストで手札に戻ってくるので繰り返し使うこともできます。

手札に戻ってくるテキストは舞台を開けることになるので、スタンバイアイコンとの相性が良好です。
相手のターンの終わりまで持続するパンプも便利ですね。

流れ星の指輪
3つの効果を選ぶことができます。
2点バーンか2点回復、行き返し8000パンプのいずれかですね。

どれも強力な効果です。
2点バーンは言わずもがな、思い出に行ってしまいますが一気に2枚クロックを減らすこともできます。
パワー8000も相手ターンまで持続する驚異的なものです。

「オーバーロード《ナザリック》軸デッキ【電源扉】《ナザリック》軸デッキ」優勝デッキレシピまとめ

「オーバーロード《ナザリック》軸デッキ【電源扉】《ナザリック》軸デッキ(「守護者の本領 シャルティア」採用型)」解説とデッキレシピ


ゲームの進め方は先に紹介したデッキとほぼ同様ですが、フィニッシャーを「守護者の本領 シャルティア」に変更したものになります。
スタンバイアイコンと「復活の儀式」での盤面確保性能はそのままに、バトル相手のリバースを必要としない「守護者の本領 シャルティア」によって戦いやすくなっています。
クライマックスはスタンバイとカムバックを4枚ずつ、色構成は赤に緑をタッチしたものです。

「オーバーロード《ナザリック》軸デッキ【電源扉】《ナザリック》軸デッキ(「守護者の本領 シャルティア」採用型)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

守護者の本領 シャルティア
登場時の同名キャラリクルートとユニークなCXコンボです。
登場時に1コストで同名キャラを並べられるのは使い勝手がよいですね。
3コスト手札1枚でレベル3キャラが2枚並ぶということで手札面ストック面ともに軽くなっています。

クライマックスコンボはアタック時1コストでダメージが通れば3点回復できるというものです。
ダメージ総量こそ増えませんが、キャンセルされなければ一気にクロックを回復させることができます。
キャンセルされてしまえばそれまでですが、自身で複数並べやすく期待値を大きく上げることができるようになっています。

対応クライマックスの「スポイトランス」はカムバック(扉)アイコンです。

負けん気溢れる名調教師 アウラ
全体1500パンプとクライマックスなどを必要としないクロックシュートを持っています。

前列にいるだけで盤面全体を強力に支援することができます。
自身もパワー11500になるのでクロックシュートも使いやすくなる上、早い段階から登場して盤面を固めることができるということでスタンバイアイコンとの相性もよいです。

クロックシュートはコストとして手札のキャラ2枚と考え無しに使うことはできませんが、クライマックスを必要とせず相手ターン中にも発動する汎用性のあるものになっています。
パンプテキストで盤面を固めて、アタックでの相手リバースもしくはチャンプアタックされればクロックシュートと綺麗にまとまっている1枚ですね。

第5階層の守護者 コキュートス
パワーを10500まで伸ばし、ダイレクトアタック時にはストックブーストが可能です。

盤面依存ですが、10000を越えるのは頼もしいですね。
スタンバイで出すレベル2キャラとしての採用でしょう。

ダイレクトアタックはこのカードに相手がチャンプアタックをせざるを得なかった時や『助太刀』で相手の前列が空いたタイミングで主に活躍できるものです。

復活の儀式 アインズ
盤面条件の早出しと、キャラをスタンドさせるCXコンボです。

早出しは《異形種》《ナザリック》4枚以上というシンプルなものですね。
特定カードは必要ありませんし、意識していなくても達成しやすいでしょう。

CXコンボは対応クライマックスの「シャルティア復活」がスタンバイアイコンであることを踏まえたものです。スタンバイで登場させたキャラもそのままアタックすることができます。
ノーコストなのは嬉しいですね。

ただし早出し条件との兼ね合いでレベル1からこのカードのCXコンボを使おうとすると1面圧殺しなければなりません。
クライマックス使用時に手札に戻る「守護者の本質 アルベド」と組み合わせて使いたいですね。

「オーバーロード《ナザリック》軸デッキ【電源扉】《ナザリック》軸デッキ(「守護者の本領 シャルティア」採用型)」優勝デッキレシピまとめ

「オーバーロード《ナザリック》軸デッキ【電源扉】《ナザリック》軸デッキ(「死の支配者 アインズ」採用型)」解説とデッキレシピ


TD収録の「死の支配者 アインズ」を採用した電源軸のデッキです。
相手がどんなに盤面を固めていても、CXコンボで相手前列キャラを一掃することができます。
これだけでは直接勝利には近づきませんが、相手のリソースを削ぐことで時間を稼ぐと同時に、「無窮の献身 アルベド」などダイレクトアタックで真価を発揮できるテキストを組み合わせて勝利を狙います。

「オーバーロード《ナザリック》軸デッキ【電源扉】《ナザリック》軸デッキ(「死の支配者 アインズ」採用型)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

死の支配者 アインズ
登場時の3ルックと相手の盤面を崩壊させるCXコンボです。

登場時テキストは後続アタッカーやCX探しに便利なものです。

CXコンボは相手の前列のレベル3以下のキャラを全て控え室に置くことができる破格のものです。
2コストと盤面の対応CX、手札2枚という重いコストですが、パワーなどに関係なく相手の盤面をボロボロにすることができます。盤面を固めるデッキなどには特に有効ですね。

対応クライマックスはカムバック(扉)アイコンの「終焉の時」です。

無窮の献身 アルベド
登場時回復と、ダイレクトアタック時にコストを支払うことで相手にダメージを与えるテキストを持っています。

登場時回復は言わずもがな便利ですね。

ダイレクトアタック時のテキストはタイミングこそ限られてしまいますが、通常のアタック時1ダメージと比べてコストが軽くなっています。
「死の支配者 アインズ」が相手前列のキャラを一掃できるCXコンボを持っているので、組み合わせが想定されているのでしょう。

「オーバーロード《ナザリック》軸デッキ【電源扉】《ナザリック》軸デッキ(「死の支配者 アインズ」採用型)」優勝デッキレシピまとめ

「オーバーロード《ナザリック》軸デッキ【宝扉】《ナザリック》軸デッキ」解説とデッキレシピ


与えたダメージが通ればクロック回復というユニークなCXコンボを持つ「守護者の本領 シャルティア」を採用した《ナザリック》軸のデッキです。
1連動は「惜しみない狂愛 アルベド」ですね。
手札を増やすシステムとして「吸血鬼の真相 シャルティア」「ヴァンパイア・ブライド」のシナジーを採用している点も特徴的です。
色構成は赤と緑、クライマックス構成はトレジャーとカムバックを4枚づつですね。

「オーバーロード《ナザリック》軸デッキ【宝扉】《ナザリック》軸デッキ」よく使われるカード・相性のいいカード解説

守護者の本領 シャルティア
登場時の同名キャラリクルートとユニークなCXコンボです。
登場時に1コストで同名キャラを並べられるのは使い勝手がよいですね。
3コスト手札1枚でレベル3キャラが2枚並ぶということで手札面ストック面ともに軽くなっています。

クライマックスコンボはアタック時1コストでダメージが通れば3点回復できるというものです。
ダメージ総量こそ増えませんが、キャンセルされなければ一気にクロックを回復させることができます。
キャンセルされてしまえばそれまでですが、自身で複数並べやすく期待値を大きく上げることができるようになっています。

対応クライマックスの「スポイトランス」はカムバック(扉)アイコンです。

果てなき忠誠 アルベド
盤面参照の早出しを持ち、自ターン中はパワー11000、登場時にはクロックをストックに変換することができます。
早出しはキャラを並べれば条件を達成できるものです。
手軽ですが、多面展開は難しくなっています。

自ターン中のみとはいえパワー10000を越えるのも強力です。

登場時テキストは手札を消費しますが、クロックを減らしつつ差し引きコスト1で登場できるというものです。
「回復メタ」をくぐり抜けることもできるようになっていますね。

吸血鬼の真祖 シャルティア
他のキャラが相手キャラをリバースさせたときのパワーパンプと、指定カードをクロックに置いての1ドローです。

他の自分のキャラがバトルに勝った時にキャラ1枚のパワーを1500上昇させることができます。
まず相手のキャラをリバースさせる必要はありますが、パワーの勝っている1面を起点にどんどん相手のキャラをリバースさせたり、特に堅い相手キャラをパンプを集めてリバースさせるなど便利に使うことができます。

もう片方のテキストは控え室の「ヴァンパイア・プライド」をクロック置場に置くことで1ドローを行うものですね。
クロック1枚で手札を増やすことができます。
所謂「オカ研」互換に比べるとドローということで欲しいカードを確実に手札に加えることはできませんが、毎ターン、1ターンに3回まで使うことができます。

ヴァンパイア・プライド
レベル0相殺と自身を控え室に置いての1面2500パンプを行います。

パワーに関わらずレベル0のキャラを討ち取ることができる相殺は役に立つものです。

自身コストのパワーパンプも補正値が大きく、自然に舞台を置くことで舞台の枠を自然に他のアタッカーに譲るとができます。

「吸血鬼の真相 シャルティア」で指定されているカードですね。

鮮血の戦乙女 シャルティア
登場時相手前列キャラ1枚のパワーを500下げ、手札の増える『集中』を持っています。

相手のパワーを下げるテキストはリバースしやすくなるだけでなく、パワーが500のキャラに使うことで、間接的な除去としても扱えます。
このカード1枚ではパワー500以下に限りますが、厄介なキャラを除去することができるのは良いですね。

集中は単レスト控え回収の使い勝手のよいものです。

「オーバーロード《ナザリック》軸デッキ【宝扉】《ナザリック》軸デッキ」優勝デッキレシピまとめ

「オーバーロード《ナザリック》軸デッキ【8宝】《ナザリック》軸デッキ」解説とデッキレシピ


緑中心に《ナザリック》キャラでまとめられたデッキです。
レベル1連動はシンプルな相手リバース時サーチの「惜しみない狂愛 アルベド」を採用し、レベル3では「女の闘い アルベド」で相手の攻勢を削ぎつつ「負けん気溢れる名調教師 アウラ」で盤面を固めつつクライマックス不要のクロックシュートで勝負を決めます。
運は絡みますが相手キャラ1枚をダメージが与えられないようにするカウンターイベント「凍りつく時」も強力ですね。
色構成は緑t赤、クライマックスは8枚ともトレジャー(宝)アイコンのものになっています。

「オーバーロード《ナザリック》軸デッキ【8宝】《ナザリック》軸デッキ」よく使われるカード・相性のいいカード解説

女の闘い アルベド
登場時クロック回復と自身のパワーを伸ばし、相手のソウルを削るCXコンボを持っています。

登場時回復は言わずもがな優秀なテキストです。
ソウル減のCXコンボと組み合わさることで相手は勝負を決めにくくなります。

CXコンボは1コスト手札1枚が必要ですが、単体パワー13000になり、次の相手アタック前にキャラ1枚のソウルを-2できるものです。
パワー補正も大きいですし、ソウルの減少幅も大きく相手の攻勢を強力に妨害することができます。

勝ちに行くというよりも、負けない方向に振り切った1枚です。

対応クライマックスはトレジャーアイコンの「女の本性」になります

負けん気溢れる名調教師 アウラ
全体1500パンプとクライマックスなどを必要としないクロックシュートを持っています。
前列にいるだけで盤面全体を強力に支援することができます。
自身もパワー11500になるのでクロックシュートも使いやすくなりますね。

クロックシュートはコストとして手札のキャラ2枚と考え無しに使うことはできませんが、クライマックスを必要とせず相手ターン中にも発動する汎用性のあるものです。
パンプテキストで盤面を固めて、アタックでの相手リバースもしくはチャンプアタックされればクロックシュートと綺麗にまとまっている1枚ですね。

惜しみない狂愛 アルベド
クライマックス使用時に自身1500パンプと手札を増やすCXコンボです。

CXの種類を問わず6000までパワーが伸びるのは使い勝手がよいですね。

CXコンボは相手リバースでサーチを行うシンプルなものです。
相手リバースは必要ですが、クライマックス込みで自身パワー7000スタートですし、好きなキャラを手札に加えることができるのも便利です。

対応クライマックスはトレジャー(宝)の「慈悲深き純白の悪魔」です。

頼りない大自然の使者 マーレ
登場時トップチェックでの自身パンプと移動テキストですね。
登場に山札の1番上のカードを控え室に置き、そのカードのレベルが1以上ならパワー4000になります。
レベル0ではとても心強いパワーです。

相手アタックの前に、登場時と同様に山札の1番上のカードを控え室に置き、それが《ナザリック》《異形種》なら前列のキャラのいない枠に移動することができます。
相手キャラから逃げることでリバースさせるのを防ぎ、手札の消耗を抑えることができるテキストです

ナザリック地下大墳墓の主人 アインズ
登場時の3ルックと、レベル0のクロック相殺です。
登場時テキストはクロックこそ増えてしまいますが、手札を増やすことができるものですね。
山削りにも貢献することができます。

クロック相殺もレベル0のキャラであればパワーに関わらず確実に処理できる便利なテキストです。
『アンコール』などの控え室に置かれた時に発動する効果へのメタとしても機能します。

凍りつく時
相手キャラ1枚がダメージを与えられないようにするカウンターイベントです。

山札を2枚削り、その中にクライマックスがなければテキスト付与はできませんが、1コストで「ホラー」互換として使える可能性があります。
もし失敗してもクライマックス以外のカードを2枚削ることでキャンセル率自体は向上していますね。

「オーバーロード《ナザリック》軸デッキ【8宝】《ナザリック》軸デッキ」優勝デッキレシピまとめ

「オーバーロードグッドスタッフ【風門】黄t青赤グッドスタッフデッキ」解説とデッキレシピ


道中を手札を増やしつつ盤面を固めるCXコンボの「英雄の中の英雄 モモン」に任せつつ、フィニッシャーは状況に合わせて効果を選べるCXコンボの「“蒼の薔薇”イビルアイ」を採用しているグッドスタッフ調のデッキです。
サブフィニッシャーとしてクライマックスを必要としない「新たな伝説 モモン」を採用していますね。
レベル1のサブアタッカー枠としては、「幸せの在処 ツアレ」からも登場できる「正義の体現者 セバス」が選択されています。
色構成は黄メインで青と赤を高レベル帯のみ採用、クライマックス構成は風と門を4枚ずつです。

「オーバーロードグッドスタッフ【風門】黄t青赤グッドスタッフデッキ」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“蒼の薔薇”イビルアイ
登場時の回復と効果を選べるCXコンボです。

クロック回復は便利なものですね。

CXコンボは相手の圧縮を崩すか、相手にダメージを与えるかを選ぶことが可能です。
圧縮崩しは控え室から3枚を山札に戻すものですね。相手の山札の圧縮を確実に崩すことができます。
バーンテキストはハンド2枚を切ることで相手控えのCX分のダメージを与えるものです。
打点を弄ることは難しいですが、手軽に2点以上のダメージを飛ばすことができます。

状況に応じて効果的なものを選ぶのはもちろん、複数枚前列に並べて併用するのも強力ですね。

対応クライマックスはゲート(門)の「極大級魔法詠唱者」です。

新たな伝説 モモン
相手のスタンドを封じるテキストと、再スタンドテキストを持っています。

自ターン中に相手キャラをリバースさせてコストを支払うことで相手キャラ1枚を次のターンにスタンドできなくさせます。
アタックで処理できなかった相手アタッカーを実質的に潰すことができますね。
自己レストでカウンター不可などを付与するような後列のキャラを指定して妨害を行うことも可能です。

再スタンドは登場ターン中に相手をリバースさせて発動するものです。
自身のキャラを1枚レストさせて相手の山札を3枚削り、その中にクライマックスがなければスタンドできるということで運も大きく絡みますが、コスト的には破格のものになっています。

英雄の中の英雄 モモン
『経験』で自身のパワーを伸ばし、手札を増やして自身を強化するCXコンボを持っています。

6000までパワーが伸びますね。
相手をリバースさせる必要があるCXコンボとよく噛み合っています。

CXコンボは相手リバース時が必要なものです。
相手ターンの終わりまで自身のレベルを1、パワーを2500上昇させて、山札の1番上のカードが《人類種》《異形種》なら手札に加えることができます。
レベル参照の相討ちが通用せず、『経験』込みでパワー8500になるのはとても強力です。

対応クライマックスはリターン(風)の「伝説の幕開け」ですね。

正義の体現者 セバス
デメリット持ちオバスペアタッカーです。

パワーはバニラよりも1000高い6500になっています。
デメリットは「幸せの在処 ツアレ」が控え室になければレストしてしまうというものです。
登場時に特定カードが控え室にあるだけで、常時6500が出せるのは便利ですね。

「幸せの在処 ツアレ」の疑似チェンジ先にもなっています。
この疑似チェンジを使えていれば、リフレッシュまではほぼ確実に「幸せの在処 ツアレ」が控え室にあることになりますね。

幸せの在処 ツアレ
フロントアタックされた時の疑似チェンジを持っています。

チェンジ先の「正義の体現者 セバス」はパワー6500のキャラです。
手札に「正義の体現者 セバス」を握っている必要はありますが、相手は警戒しつつアタックせざるをえません。
素のパワー6500のキャラに自然に繋ぐことができるのは便利ですね。

美姫 ナーベ
ストックが2枚以下ならパワー3000,相手のドローフェイズの始めにトップチェックが成功すれば手札に戻ってきます。

ストック2枚以下ということで最序盤しか発動は難しいですが、常にパワーが出せるのはよいですね。
バニラサイズになることができます。

トップチェックはレベル1以上なら成功ということで一般的な構築なら半分程の確率で手札に戻ってきます。
盤面からいなくなることで手札の温存に繋げることが可能になる便利なテキストです。

「オーバーロードグッドスタッフ【風門】黄t青赤グッドスタッフデッキ」優勝デッキレシピまとめ