「BanG Dream!  グッドスタッフ」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!(バンドリ)

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【8電源】」解説とデッキレシピ


スタンバイアイコンのクライマックスを8枚採用したデッキです。
相性のよい高コストキャラや、上位後列のキャラが採用されますね。
バンドリ自体のプールの広さ、電源クライマックス自体とそれに対応するキャラの多さから8電源といっても多種多様なデッキタイプが存在しています。
CXコンボを使用するためにはポピパ中心の構成が主になりますが、他バンドの相性のよいカードを採用することも多いです。
基本的には赤中心のデッキ構成になります。

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【8電源】」優勝デッキレシピまとめ

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【8宝】モカロック」解説とデッキレシピ


フィニッシャーに相手の山を操作できるCXコンボを持つ「“受け止めたい想い”青葉モカ」を採用し、レベル1の連動には「“UNSTOPPABLE”ロック」を利用するデッキです。
「“受け止めたい想い”青葉モカ」は合いアタック時に相手の山札と自分の山札を1枚ずつ操作することができ、相手のキャンセルの期待値を下げると同時に、トリガー調整を行える強力なCXコンボを持っています。
レベル1でストックを貯めるCXコンボを持つ「“高鳴る鼓動”美竹蘭」とクライマックスを共有できるのも強みです。
「“UNSTOPPABLE”ロック」はリバースなどを必要とせずに手札を増やすことができますね。
サブフィニッシャーとして登場時のバーンテキストを持つ「“Poppin’Party”戸山香澄」が採用されるほか、宝アイコンのクライマックスのトリガーに反応して回収を行う「“止まっていた時間”上原ひまり」の採用も目立ちます。
緑に赤をタッチした色構成、クライマックスは8枚とも宝アイコンのものです。

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【8宝】モカロック」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“受け止めたい想い”青葉モカ
登場ターンのアンコールステップのクロック回復テキストと、相手と自分の山札のトップ操作を行うCXコンボを持っています。

舞台に登場したターンのアンコールステップの始めに、クロックの上から1枚を控え室に置くことができます。
タイムラグがあり、アンコールステップまでに舞台を離れてしまうとクロック回復を行うことができませんが、『アラーム』を最大限活かしつつクロック回復が可能です。

CXコンボはアタック時に相手と自分の山札を上から2枚ずつ確認し、2枚までを控え室に置いた上で残りのカードを好きな順番で山札の上に置き直すものです。
相手の山札からクライマックスを抜き取ってキャンセルの期待値を下げるとともに、トリガーするカードを確定させることができます。
次のキャラのトリガーや、クライマックスを山札の上に残して置くことでキャンセルを狙うことができます。
対応クライマックスはトレジャーアイコンの「That is How I Roll!」「“高鳴る鼓動”美竹蘭」と共通ですね。

“Poppin’Party”戸山香澄
登場時のバーンテキストと、アタック時の自身パンプを持っています。

登場時に山札の上から1枚を公開して、《音楽》のキャラであれば1ダメージを相手に与えることができます。
クライマックスやイベントで失敗してしまう可能性はありますが登場時に追加コスト無しでバーンを行うことができ、相手を追い詰めることが可能ですね。

自ターンに《音楽》キャラで舞台が埋まっていればパワーを5000伸ばすとともに、『助太刀』とイベントメタを獲得します。
高いパワーとともにカウンターを封じることで確実に相手のキャラを倒すことができ、防御札対策も可能ですね。

“高鳴る鼓動”美竹蘭
アタック時盤面参照のパワーパンプと、ストックを貯めるCXコンボを持っています。

アタック時に他の《音楽》のキャラ1枚につきパワーを500ずつ、最大2000伸ばすことができます。
パワーを6500まで伸ばすことができ、CXコンボとも相性がいいですね。

CXコンボはアタック時にパワーを1000伸ばし、バトル相手リバース時に山札の上からストックブーストを行うものです。
自身のテキスト、クライマックスを合わせてパワー8500でアタックできるとともに、リソースを貯めることができる便利なCXコンボですね。
対応クライマックスを「“受け止めたい想い”青葉モカ」と共有しているのもポイントです。

“UNSTOPPABLE”ロック
盤面条件の自身パンプと、手札を増やすCXコンボを持っています。
舞台のキャラが全て《音楽》ならパワー6000になります。
バンドリではほぼ確実に条件を満たすことができ、相手ターン中も安定してパワーを出し続けることが可能になっています。

CXコンボはアタック時に山札の上から1枚を公開し、《音楽》キャラなら手札に加えることができるというものです。
何が手札に加わるかは不確定で、クライマックスやイベントなどで失敗する可能性もありますが相手リバースなどを必要とせずに手札を増やすことができます。
対応クライマックスはトレジャーアイコンの「激奏」です。

“止まっていた時間”上原ひまり
500応援と手札を増やすCXコンボ、トレジャーアイコンのクライマックスをトリガーした時の手札交換を持っています。

『応援』は腐りにくく使いやすいテキストです。
安定して前列のキャラを支援することができます。

CXコンボは後列キャラが持つものということで、1コストで控え室回収をを行うものですが、このデッキでは対応クライマックスが採用されることは稀ですね。

手札入れ替えはトレジャーアイコンのトリガー時という限られたタイミングですが、カードの種類に指定がなくイベントやクライマックスも回収出来ますね。
手札を切るコストでダブついたCXを切ることも可能です。
手札の質を整えつつ、宝アイコン採用デッキでで意識しなくてはいけない手札事故の回避が簡単に出来るようになっています。

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【8宝】モカロック」優勝デッキレシピまとめ

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【扉宝】FEVERモカ(タンバリンモカ)」解説とデッキレシピ


Poppin’PartyとAfterglowのカードで構成されたグッドスタッフデッキです。
前シーズンに使用されていた「蔵モカ」の構成から「ハッピークリスマス♪ 香澄」をFEVER持ちの「“星形のタンバリン”戸山香澄」に置き換え、『アラーム』持ちカードを多用して「“ここにいる証”美竹蘭」を追加のフィニッシャーとして採用した形になります。
メインのフィニッシャーは愛ってのキャンセルを潰す「“受け止めたい想い”青葉モカ」になっています。
色構成は緑中心に赤を最低限、クライマックス構成はカムバックとトレジャーですね。

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【扉宝】FEVERモカ(タンバリンモカ)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“受け止めたい思い”青葉モカ
変則的なクロック回復と相手の山札を操作するCXコンボです。

回復テキストは登場時とは違い、タイミングは遅いですがアラームを邪魔しません。
CXコンボは相手の山札の上から2枚のみとはいえクライマックスを撥ねることができるので、キャンセルを防ぐことが可能です。点差を縮めるのには不適ですが、最後の数点を詰める際にはこれ以上無い威力を発揮します。

“ここにいる証”美竹蘭
手札を増やす『アラーム』を持っており、アタック時にコストを払うことでバーンを飛ばします。

『アラーム』はいわゆる「オカ研」とほぼ同様のコストで《Aftetglow》キャラをサーチすることができます。
クロックは増えてしまいますが序盤で手軽に手札を増やすことができる便利なテキストです。
レベル制限などがなく、《Aftetglow》のキャラであれば好きなキャラを手札に加えることができるのも便利ですね。

アタック時に1コストを払って山札の上から3枚を控え室に置き、その中の『アラーム』を持つカードの枚数分のダメージを相手に与えることができます。
0点から3点まで幅があり1ダメージも与えることができない状況も発生しますが、このコストでリバースやクライマックスを必要とせずにエクストラダメージを用意できるのは優秀です。このデッキではこのカード含めて25枚が「アラーム」持ちになっています。

“止まらずに、前へ”美竹蘭
https://www.suruga-ya.jp/database/pics/game/gg004216.jpg

“アタシ達の夕焼け” 宇田川巴
https://www.suruga-ya.jp/database/pics/game/gg004220.jpg

“星型のタンバリン”戸山香澄
手札を増やすCXコンボを持っています。
CXコンボでは2つのテキストを好きな順番で行います。

一つ目は相手の前列が空かキャラが全てリバースしていれば1コストでリプレイ『FEVER』を発動させるものです。
リプレイ『FEVER』は控え室のキャラを回収するシンプルなものですね。

もう一つは山札の上から1枚までを控え室に置いた上でトップを公開、そのカードがレベル1以上のキャラなら手札に加えるものです。
1枚を控え室に置くかは任意ですね。
多面展開して1面が回収できないカードを捲ってもその他の面は回収を行えるように、という調整でしょう。

相手前列を壊滅させる必要はありますが、1枚で2枚手札を増やせる可能性があります。
『FEVER』が不発でも手札が増える可能性がある点で「“みんなの力を合わせて”松原花音」と差別化されています。

対応クライマックスはカムバックアイコンの「レッツ・シング♪」です。

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【扉宝】FEVERモカ(タンバリンモカ)」優勝デッキレシピまとめ

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【扉宝】蔵モカ」解説とデッキレシピ


『蔵友希那』『蔵香澄』と同様に「ハッピークリスマス♪ 香澄」を中心としてゲームを進め、フィニッシャーには相手の山札を操作することができる「“受け止めたい思い”青葉モカ」を据えています。
上記の2タイプとくらべるとエクストラダメージには乏しいですが、相手の山札を上から2枚見て好きな枚数だけ控え室に置き、そのまま相手の山札の上に戻すというCXコンボで相手のキャンセルを潰し、確実にダメージを与えることが可能です。
色は赤緑(t青)、CXは扉と宝です。

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【扉宝】蔵モカ」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“受け止めたい思い”青葉モカ
変則的なクロック回復と相手の山札を操作するCXコンボです。
回復テキストは登場時とは違い、タイミングは遅いですがアラームを邪魔しません。
CXコンボは相手の山札の上から2枚のみとはいえクライマックスを撥ねることができるので、キャンセルを防ぐことが可能です。点差を縮めるのには不適ですが、最後の数点を詰める際にはこれ以上無い威力を発揮します。

“はいっ、プレゼント♪”上原ひまり
早出しメタのクロック相殺とストックブーストが行えるアラームを持っています。
アンコールなどを許さずに確実に早出しに対処が可能ですし、盤面外から行うことができるストックブーストはタイミングを問わず嬉しいものです。
とりあえずレベル2になる段階で握っておけば、相手の早出しに対処する必要があれば早出しメタとして、そうでなければ終盤に向けたリソ-ス整備に使うことができる便利なカードです。

“高鳴る鼓動”美竹蘭
アタック時に6500までパワーが伸び、CXコンボで更にパワーを1000伸ばして相手リバース時にストブを行うことができます。
クライマックス込み自身で8500までパワーを伸ばすことができ非常に優秀です。
フィニッシャーの「“受け止めたい思い”青葉モカ」とクライマックスを共有しているのも使いやすいポイントですね。

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【扉宝】蔵モカ」優勝デッキレシピまとめ

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【扉門】蔵友希那」解説とデッキレシピ


質・量ともに高水準なカードプールを活かした多種多様なデッキタイプで環境の一角を担うタイトルです。
上位に上がってくるのは数タイプのみですが、それでも他タイトルと比べると幅がありますね。
2019年にはアニメ2期3期が放送され、ソシャゲも好調なため更なる追加が見込まれています。
最も結果を残している『蔵友希那』型は、レベル1帯では「ハッピークリスマス♪ 香澄」のCXコンボでアドを稼ぎ、フィニッシャーは2ダメージを2回与える破格の性能をもつ「“鳥籠の歌姫”湊友希那」という組み合わせです。
また「ハッピークリスマス♪ 香澄」のCXコンボで回収できる「蔵の中にあったもの」や手札を減らさずにストックブーストを行うことのできる「イラつくあいつ」、相手の山を崩すことが可能な「がんばれパン」を中心にイベントカードを7~9枚ほど採用しているのも特徴です。
色構成は赤青、CXは扉と門ですね。

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【扉門】蔵友希那」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“鳥籠の歌姫”湊友希那
登場時回復、自ターン中は自身で11500になり、CXコンボで2ダメージを2回与えることができます。
回復兼詰めというただでさえ強い組み合わせの上に、自身でパワーを伸ばすカードが弱いはずがありません。
CXコンボは相手リバースこそ必要ですが、自身+クライマックスでパワー12500スタートの上に「“1日だけの新婦”山吹沙綾」によってイベント助太刀を封じてくる動きなどを組み合わせて、簡単に撃ち込んできます。
対応CXの「激しいシャウト」が門アイコンなのも優秀です。

“二人で過ごす七夕”氷川紗夜
登場時の2ドロー1ディス、「“鳥籠の歌姫”湊友希那」との『共鳴』を持つ早出し可能なレベル3です。
《音楽》4枚という簡単な条件で早出しでき、2ドロー1ディスで手札を整えることが可能ですね。
『共鳴』によって自身で11000までパワーが伸びるので相手の早出し相手でも戦いやすいです。

“Poppin’Party”戸山香澄
登場時にトップチェック成功で1ダメージ、自ターン中はパワー15000になり相手の助太刀とイベントを封じます。
手軽なエクストラダメージと高パワーで堅実な仕事のできるカードです。

“ステージ”牛込りみ
早出しメタ相殺とアタック時の控えのイベント枚数を参照するパンプを持っています。
ほぼ全てのデッキが早出しを行ってくる現環境でメタ相殺はとても重要なものです。
アタック時のパンプがくせ者で、イベントの枚数×1500ということで4500や6000といったパワーを簡単に上乗せすることができます。レベル1のキャラでもレベル2以上のキャラと張り合うことができるだけのサイズになりますね。

“1日だけの新婦”山吹沙綾
レベル比例応援と、自身を含むキャラ2枚をレストすることで、キャラ1枚にパワー500とイベント助太刀封じを付与します。
レベル応援はもちろん強力なものですし、相手のイベントと助太刀を封じることで「“鳥籠の歌姫”湊友希那」がバトル相手をリバースするための手助けを行うことができます。

ハッピークリスマス♪ 香澄
他の《音楽》のキャラ登場時にパワーが1000ずつ伸びて最大6500になり、CXコンボで控え室から「蔵の中にあったもの」を回収することができます。
L1において一定のボーダーラインであるパワー6500になることができる上に、CXコンボはリバースやストックなどを必要とせずにアタックするだけで手札を増やすことができる優秀なものです。
更に他のリバース不要ノーコストのCXコンボにありがちな「とりあえず手札は増えるが何を手札に加えることができるかはロクに選べない」ものとは違い、回収イベントを回収しているのである程度好きなキャラを回収することが可能です。
イベントを手札に加えているということで、実質的な回収タイミングはアタックフェイズ中ではなく相手ターンを挟んでからの自分のメインフェイズであり、相手の様子やこちらのダメージの具合を見ながら必要なキャラを的確に回収することができます。「レベル1キャラを回収したがダメージが通ってレベル2になってしまった」案件や「レベル2に上がるつもりで早出し握ったけど自分のキャンセル強すぎ」案件を回避できますね。

“揺るぎない覚悟”氷川紗夜
レベル0ボトム相殺と1コストでの復帰テキストです。
レベル0のキャラであれば確実に盤面から除外でき、リバース時や控え室に置かれた時のテキストを封じることが可能です。
復帰テキストは他に前列にレストしているキャラがいなければ1コストでレストできるというもので、実質的に1コストで手札1枚を増やしているということになります。
相殺でリバースしている時ももちろん使用でき、序盤の要です。

キラキラを求めて 香澄
登場時に手札2枚と「ハッピークリスマス♪ 香澄」「蔵の中にあったもの」を交換することができ、更にキャラ1枚のパワーを+1000することができます。
レベル1で必要になる2枚を確実に手札に加えることができるとても強力なシステムカードです。このカードの存在でレベル1でのCX連動がより確実なものになります。
パワーパンプも大きな補正値ではありませんが便利なものですね。
その猛威から2018年後期制限で1枚制限が適用されたカードですが、1枚でも十分その働きをこなしています。

“ちびキャラ”美竹蘭
登場時にコスト1ハンド1で3ルックを行います。
手札に加えるカードに制限がないので、ただキャラを手札に加えるのみではなくCXやイベントも拾うことができます。
山札の上から3枚なので確実に欲しいカードを手札に加えられるとは限りませんが、CXコンボなどののサポートとして活躍します。
「“ロックな一体感”美竹蘭」も同様のテキストのカードです。

蔵の中にあったもの
山札から3枚を控え室に落とし、その中の指定カードの枚数分のレベル以下のキャラを回収するイベントです。
「オペレーション・トルネード」互換ですね。
「ハッピークリスマス♪ 香澄」のCXコンボで回収することができ、山削りや回収に酷使されます。

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【扉門】蔵友希那」優勝デッキレシピまとめ

WGP2018 名古屋会場Bブロック優勝デッキ

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【8扉・扉ストブ】蔵香澄」解説とデッキレシピ


『蔵友希那』のフィニッシャーを「戸山香澄」「“はじまりの音”戸山香澄」に変更したものです。
「“鳥籠の歌姫”湊友希那」と比べると、「戸山香澄」のCXコンボによる展開力と相手リバースを必要としない「“はじまりの音”戸山香澄」のバーンで相手の盤面に関係なく戦える点が優秀です。
2枚の対応CXである「STAR BEAT!~ホシノコドウ~」には本アイコン、扉アイコン、赤のストブの3種があるので好みや必要に応じて積み分けたり混在させることができます。
色は赤中心に青などをタッチするものが多いです。

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【8扉・扉ストブ】蔵香澄」よく使われるカード・相性のいいカード解説

戸山香澄
登場時の2ドロー2ディス1ストブ、CXコンボで手札から好きなキャラを登場させ、アタック時4コストで所謂『武蔵ショット』と同式のバーンを飛ばします。
登場時テキストは手札を整えつつストックを補充するもので、後続の登場やそのCXコンボに繋ぎやすくなっています。
CXコンボは手札からノーコストで好きなキャラを登場させるもので、ストックを節約しながら展開を行うことが可能です。手札にあるキャラしか登場させることはできませんが、登場時の回復テキストなどは発動します。
自身のパワーも3000上がるので戦いやすくなります。
3つ目のテキストは4コストと重いですが、CXコンボなどが使えなくてもエクストラダメージを与えることができるものです。

“はじまりの音”戸山香澄
登場時回復とCXコンボで控え室の「蔵の中にあったもの」の枚数分のダメージを与えます。
回復は重要なテキストですね。
CXコンボの手札コストは『赤のカード』ということで「蔵の中にあったもの」を控え室に置くことができ、ダメージ調整が可能です。
「戸山香澄」とCXを共有しており、連携が念頭に置かれたテキストということができます。

友達思い 沙綾
レベル3以上への2000応援に加え、登場時に「戸山香澄」がいればトップ操作とストブが可能です。
応援は補正値が大きく、「戸山香澄」による展開力でレベル3が簡単に並ぶこのデッキではとても役に立ちます。
2つめのテキストは登場時に既にレベル3キャラが登場している必要があるというものですが、差し引きノーコストで登場できますし、トップ操作はどのタイミングでも役に立ちますね。
もちろん「戸山香澄」でのCXコンボで登場させることもでき、その場合はストックが増えるということになります。

「BanG Dream!バンドリ【グッドスタッフ】【8扉・扉ストブ】蔵香澄」優勝デッキレシピまとめ