「BanG Dream!  Afterglow」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!(バンドリ アフグロ)

「BanG Dream!Afterglow<アフグロ>【8宝】(「あの日の景色」・「That is How I Roll!」)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“受け止めたい想い”青葉モカ
登場ターンのアンコールステップのクロック回復テキストと、相手と自分の山札のトップ操作を行うCXコンボを持っています。

舞台に登場したターンのアンコールステップの始めに、クロックの上から1枚を控え室に置くことができます。
タイムラグがあり、アンコールステップまでに舞台を離れてしまうとクロック回復を行うことができませんが、『アラーム』を最大限活かしつつクロック回復が可能です。

CXコンボはアタック時に相手と自分の山札を上から2枚ずつ確認し、2枚までを控え室に置いた上で残りのカードを好きな順番で山札の上に置き直すものです。
相手の山札からクライマックスを抜き取ってキャンセルの期待値を下げるとともに、トリガーするカードを確定させることができます。
次のキャラのトリガーや、クライマックスを山札の上に残して置くことでキャンセルを狙うことができます。
対応クライマックスはトレジャーアイコンの「That is How I Roll!」「“高鳴る鼓動”美竹蘭」と共通ですね。

“止まらずに、前へ”美竹蘭
控え室参照の早出しテキストと変則的な回復テキスト、『アンコール』を持っています。

控え室のクライマックスが2枚以下ならレベル2段階から登場が可能になっています。
タイミング次第ではありますが、特定カードなどを必要としない早出しテキストですね。

登場時に他の《音楽》キャラが2枚以上なら、クロックのキャラを1枚思い出に送ることができます。
クロックを減らすことができるのはもちろん、思い出に送ることで圧縮にも繋がるテキストです。
『アラーム』を阻害しないにも使い勝手がよいですね。

《Afterglow》のキャラ指定の『アンコール』テキストを持っています。
早出しキャラが『アンコール』で舞台に残りやすいのは便利です。

“はいっ、プレゼント♪”上原 ひまり
早出しメタの相殺テキストと、ストックブーストの『アラーム』を持っています。

クロックに送ることで相手の早出しキャラを確実に処理できる早出しメタのクロック相殺テキストは使い勝手がいいですね。
『アンコール』や盤面条件テキストなどの妨害も可能になっています。

『アラーム』はクライマックスフェイズの始めに山札からストックブーストを行うものです。
不確定ストックブーストではありますが、確実にストックを増やすことができますね。

マイペース 青葉モカ
手札からストックを増やせるCXコンボを持っています。

対応クライマックスの使用時に、アタック時山札からのストックブーストかバトル相手リバース時の控え室回収かを選ぶことができます。
どちらか一方しか増やすことはできませんが、状況や戦略に合わせて効率よくリソースを稼ぐことができます。
リバースの取れる状況では控え室回収、そうでない状況ではストックブーストという使い分けも可能になっていますね。
対応クライマックスはトレジャーアイコンの「あの日の景色」です。

“高鳴る鼓動”美竹蘭
アタック時のパワーパンプと、ストックブーストのCXコンボを持っています。

アタック時に他の《音楽》キャラ1枚につきパワーを500ずつ、最大で2000伸ばすことができます。
手軽にパワーを6500まで伸ばすことができ、CXコンボとも相性がよいですね。

CXコンボはアタック時にパワーを1000伸ばし、バトル相手のリバース時に山札からストックブーストを行うものです。
大きくリソースを稼ぐことができるわけではありませんが、パワーを伸ばすことで相手キャラを倒しつつストックを貯めることが可能になっています。
対応クライマックスは宝アイコンの「That is how I Roll!」です。

“あたしたちの音楽”美竹蘭
トレジャーアイコンのトリガーに反応する1ドロー1ディスと、手札の増える『集中』を持っています。

トレジャーアイコンのクライマックスをトリガーした時に1ドロー1ディスが可能です。
手札の質を上げることができるのはもちろん、手札に加わったCXをはじめ不要なカードをすぐに控え室に置くことができるデザインになっていますね。

『集中』は《Afterglow》指定、単レスト山サーチのものです。

「BanG Dream!Afterglow<アフグロ>【8宝】(「あの日の景色」・「That is How I Roll!」)」優勝デッキレシピまとめ

「BanG Dream!Afterglow<アフグロ>【8宝】(「あの日の景色」・「あたしたちのメロディ」)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“あたしたちの音楽”上原ひまり
登場時の2ドロー1ディスと、相手にダメージを与えるCXコンボを持っています。

登場時テキストで手札を整えることが可能になっています。
手札枚数を維持できるのはもちろん、対応クライマックスなどを引き込める可能性もありますね。

アタック時に山札を2枚削り、その中の『アラーム』キャラかイベントの枚数分相手に1ダメージを与えることができます。
デッキ構成に気を遣う必要があり、運も絡みますが、最大で1ダメージ2回をノーコストで与えることができるのは強力ですね。
対応クライマックスは「あたしたちの音楽」、トレジャーアイコンのものです。

「BanG Dream!Afterglow<アフグロ>【8宝】(「あの日の景色」・「あたしたちのメロディ」)」優勝デッキレシピまとめ

「BanG Dream!Afterglow<アフグロ>【8宝】(「“気づいた『変化』”羽沢つぐみ」採用型)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“気づいた『変化』”羽沢つぐみ
登場時の3ルックと相手にダメージを与えるCXコンボを持っています。

登場時テキストは手札を減らさないと同時に、他のアタッカーやクライマックス探しに活躍できるものです。イベントも手札に加えることができますね。

CXコンボでは相手の前列が空かキャラが全てリバースしていれば1コスト手札1枚で1ダメージを与え相手の前列キャラ1枚をクロックに送るリプレイ『FEVER』を行うというものです。

相手の盤面を壊滅させる必要はありますが、このカードがリバースさせる必要がなくパワーの高いキャラ相手にはこちらも高パワーキャラをあてがうなど自由度が高く、相手が前列にキャラを残さなかった場合にもバーン自体は可能になっています。
前列が空の場合にはクロックシュートが不発に終わるのはご愛敬。

対応クライマックスは「変わりゆく空」、トレジャーアイコンですね。

「BanG Dream!Afterglow<アフグロ>【8宝】(「“気づいた『変化』”羽沢つぐみ」採用型)」優勝デッキレシピまとめ

「BanG Dream!Afterglow<アフグロ>【8宝】(ガルパ2対応)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“受け止めたい思い”青葉モカ
変則的なクロック回復と相手の山札を操作するCXコンボです。

回復テキストは登場時とは違い、タイミングは遅いですがアラームを邪魔しません。
CXコンボは相手の山札の上から2枚のみとはいえクライマックスを撥ねることができるので、キャンセルを防ぐことが可能です。点差を縮めるのには不適ですが、最後の数点を詰める際にはこれ以上無い威力を発揮します。

“止まらずに、前へ”美竹蘭
控え室参照の早出しと登場時の一風変わったクロック回復と手札アンコールを持っています。
早出しは控え室のクライマックスが2枚以下なら可能になります。
リフレッシュのタイミングに大きく左右されますが、特定カードを必要としない使いやすいものですね。

回復テキストは盤面条件はありますがクロック置場のキャラを直接思い出に送る珍しいテキストです。
回復メタにひっかからず、僅かながらデッキ圧縮にも繋がりますね。

「“隣にいること”青葉モカ」に指定されているカードです。

“隣にいること”青葉モカ
“隣にいること”青葉モカ
レベル比例応援と手札の増える『集中』に加えて、特定カードがいれば全体500パンプを獲得します。

レベル応援は高レベルキャラの支援ではとても強力なものですね。
『集中』はこの段階ではさほど積極的に使うものではありませんが、レベル0などの『集中』をより強力な後列向けテキストを持つカードに張り替えた後でも『集中』を使える選択肢があるのは強力です。

全体500パンプは同時に舞台に「“止まらずに、前へ”美竹蘭」が舞台にいる必要がありますが、レベル応援と組み合わせることでより強力に前列キャラを支援することが可能ですね。

“高鳴る鼓動”美竹蘭
アタック時に6500までパワーが伸び、CXコンボで更にパワーを1000伸ばして相手リバース時にストブを行うことができます。

クライマックス込み自身で8500までパワーを伸ばすことができ非常に優秀です。
フィニッシャーの「“受け止めたい思い”青葉モカ」とクライマックスを共有しているのも使いやすいポイントですね。

“大事な忘れ物”羽沢つぐみ
“大事な忘れ物”羽沢つぐみ
特定カードを介したクロック回収と自身パンプを持っています。

登場時に手札を1枚捨て、控え室の「“一生のお願いっ!!”上原ひまり」をクロック置場に置くことでクロック置場の《音楽》キャラを回収し、自身のパワーを2000伸ばします。

「“一生のお願いっ!!”上原ひまり」はTDに収録された移動と『アラーム』を持つレベル0キャラです。

手札やクロックが減ったり増えたりするわけではありませんが、手札の質を向上させるものです。
自身のパワーは6500になりますし、「“一生のお願いっ!!”上原ひまり」の『アラーム』もそのまま発動しますね。

“止まっていた時間”上原ひまり
500応援と手札を増やすCXコンボ、トレジャー(宝)アイコンのクライマックスをトリガーした時の手札交換を持っています。

『応援』は腐りにくく使いやすいテキストですね。

CXコンボは後列キャラが持つものということで、1コストで控え室回収をを行うものです。
コストこそかかってしまいますが、確実に手札を増やすことが出来ます。

手札入れ替えはトレジャーアイコンのトリガー時という限られたタイミングですが、カードの種類に指定がなくイベントやクライマックスも回収出来ますね。
手札を切るコストでダブついたCXを切ることも可能です。
手札の質を整えつつ、トレジャーアイコンで意識しなくてはいけない手札事故の回避が簡単に出来るようになっています。

対応クライマックスは「リーダーの提案」です。
もちろんトレジャー(宝)アイコンです。

「BanG Dream!Afterglow<アフグロ>【8宝】(ガルパ2対応)」優勝デッキレシピまとめ

「BanG Dream!Afterglow<アフグロ>【2002宝】Afterglow単デッキ」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“ここにいる証”美竹蘭
手札を増やす『アラーム』を持っており、アタック時にコストを払うことでバーンを飛ばします。

『アラーム』はいわゆる「オカ研」とほぼ同様のコストで《Aftetglow》キャラをサーチすることができます。
クロックは増えてしまいますが序盤で手軽に手札を増やすことができる便利なテキストです。
レベル制限などがなく、《Aftetglow》のキャラであれば好きなキャラを手札に加えることができるのも便利ですね。
アタック時に1コストを払って山札の上から3枚を控え室に置き、その中の『アラーム』を持つカードの枚数分のダメージを相手に与えることができます。
0点から3点まで幅があり1ダメージも与えることができない状況も発生しますが、このコストでリバースやクライマックスを必要とせずにエクストラダメージを用意できるのは優秀です。

“七不思議伝承~”青葉モカ
登場時に控え室から《音楽》キャラを回収し、バトル相手のリバース時にコストを支払うことでそのキャラを直接相手のクロックに送るクロックシュートを持っています。

登場時テキストは控え室から好きなキャラを手札に加えることが可能です。
他のフィニッシャーを手札に加えるのはもちろん、クロックシュートに必要な『アラーム』を持つキャラを手札に加えることができる便利なテキストです。

“グロウアップロック”美竹蘭
クロック条件での早出し、自身も含めた全体への1500パンプ、さらにCXコンボで手札を増やしつつ多面展開を行います。

早出しは「“グロウアップロック”羽沢つぐみ」がクロック置場にあれば可能になります。クロックフェイズなどで手軽に満たすことができますね。
全体パンプはこのカードが前列にいる必要はありますが舞台全体のパワーが大きく向上するものです。
自身のパワーも上昇し、11000になります。多面展開できると盤面がとても強固なものになります。
CXコンボは2コストが必要ですが、山札からキャラ2枚をサーチし、その上手札から同名カードを登場させることができます。
手札から「“グロウアップロック”美竹蘭」を登場させるので手札の純増は1ですが、メインフェイズに手札になくても登場させることができ終盤に向けて手札を整えることができます。
パワーパンプテキストは多面展開で大きく活躍するのでぜひ活用したいCXコンボです。

対応クライマックスはトレジャー(宝)アイコンの「グロウアップロック」ですね。

“はいっ、プレゼント♪”上原ひまり
早出しメタのクロック相殺と、ストックブーストを行う『アラーム』です。

早出しメタ相殺は現環境では特に優秀ですね。
『アラーム』は《音楽》4枚以上という条件こそありますが手軽にストックを増やすことができるものです。
早出しメタのみではなく『アラーム』を併せ持っているので、相手の様子を見つつ早出しへの対処が必要なら早出しメタとして、必要がなさそうなら終盤に向けたリソース整備に、と便利に使うことが可能です。

“はじまりはいつも”羽沢つぐみ
自ターン中は簡単に6500になり、手札を増やすCXコンボを持っています。

「キャラすべてが緑なら」ということでデッキ構築は大きく縛られてしまいますが、CXコンボ持ちのカードア6500になるのは強力です。
CXコンボは相手リバースが必要ですが4ルックを行ったうえでキャラ1枚のパワーを+2000することが可能です。
山削りを同時にこなすことができる上にパワーパンプで複数連動が容易になります。CXでのパワーパンプも併せると相手の高パワーキャラにも手が届きますね。

“グロウアップロック”上原ひまり
ストックを増やすCXコンボを持っています。

アタックのみでストックを増やすことができ、控え室から『アラーム』持ちのキャラをストックに置くのでどのカードがストックに行ったかを把握することができるのは利点ですね。
「“グロウアップロック”美竹蘭」はストック消費が激しいので

「BanG Dream!Afterglow<アフグロ>【2002宝】Afterglow単デッキ」優勝デッキレシピまとめ