「BanG Dream!  Roselia」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!(バンドリ ロゼリア)

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Roselia<ロゼリア>【8門】(「揺るぎないメロディ」・「激しいシャウト」)」解説とデッキレシピ


レベル1の連動に新弾の「“揺るぎない音楽”氷川紗夜」を採用し、フィニッシャーはガルパ初弾から活躍する「“鳥籠の歌姫” 湊友希那」という構成のRoselia軸デッキです。
「“揺るぎない音楽”氷川紗夜」はフロントアタックされた時に手札に戻るかアタック時のストックブーストかを選べるCXコンボを持っています。
手札の消耗を防ぐかリソースを稼ぐかを選ぶことができる使い勝手のよいCXコンボです。
フィニッシャーの「“鳥籠の歌姫”湊友希那」は回復と自身パンプテキストを持ち、2ダメージを2回与えるCXコンボをもっている優秀なフィニッシャーカードです。
「“こぼれ落ちる涙”湊友希那」も使い勝手のいい早出しキャラですね。
色は青1色、クライマックスは8枚ともゲートアイコンのものです。

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Roselia<ロゼリア>【8門】(「揺るぎないメロディ」・「激しいシャウト」)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“鳥籠の歌姫”湊友希那
登場時の回復テキストと自ターン中の自身パンプ、ダメージを与えるCXコンボを持っています。

登場時のクロック回復は言わずもがな便利なテキストですね。

自分のターン中、他の《音楽》キャラ1枚につきパワーを500ずつ伸ばすことができます。
最大でパワーを11500までのばすことができ、CXコンボと相性のいいテキストです。

CXコンボはバトル相手リバース時にコストを払うことで2ダメージを2回飛ばすことができるものです。
リバース要求、コストも相応ではありますが多点バーンを複数回飛ばすことができる強力なフィニッシャーです。
1枚で一気にダメージを叩き込むことが可能ですね。
対応クライマックスはゲートアイコンの「激しいシャウト」です。

“こぼれ落ちる涙”湊友希那
『経験』による早出しテキストと盤面参照のパワーパンプ、クロック回復テキストを持っています。

レベル置場に同名のカードがあればレベル2段階から早出しが可能です。
まとまった枚数を採用する必要はありますが、リフレッシュなどのタイミングに左右されずに安定的に早出しを行うことが可能になっています。

キャラすべてが《Roselia》ならパワー10000になることができます。
タイトル構築では難しい条件ですが、バンド構築では確実にパワーを出すことが可能ですね。

クロック回復も言わずもがな便利なテキストです。

厳しさの本音 湊友希那
全体パワーパンプと、強力なパワーパンプを行う起動能力を持っています。

《Roselia》のキャラすべてのパワーを1000伸ばすことができます。
タイミングを選ばずに舞台のキャラを支援し続けることが可能になっています。

起動能力はゲートアイコンのクライマックスを1枚捨てるとともに自身をレストすることで、キャラ1枚のパワーを5500伸ばし、バトル中のイベントメタを付与します。
パワーを大きく伸ばすことでリバース要求テキストのサポートを行うことができます。
イベントメタで防御札の影響を受けなくなるのも使い勝手がよいですね。

“揺るぎない音楽”氷川紗夜
盤面参照のパワーパンプと、ストックブーストか自身バウンステキストを行うCXコンボを持っています。

他に《Roselia》キャラが2枚以上なら、パワーを5500まで伸ばすことができます。
簡単な条件で最低限バニラサイズになることができるのは使い勝手がよいですね。

CXコンボはクライマックスの使用時にアタック時のストックブーストか、フロントアタックされたときに手札に戻るというテキストを獲得できるものです。
リソースを稼ぐか、手札の消耗を防ぐものですね。
今後の展開に向けて確実にストックを増やすことができるのは使い勝手がよいですね。
フロントアタックされたときに手札に戻ることで、相手キャラにリバースさせられず、手札の消耗を防ぐことができます。
相手の持つリバース要求テキスト対策にもなるほか、ダイレクトアタックにはならないので相手のダメージが増えないのもポイントです。
対応クライマックスはゲートアイコンの「揺るぎない音楽」ですね。

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Roselia<ロゼリア>【8門】(「揺るぎないメロディ」・「激しいシャウト」)」優勝デッキレシピまとめ

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Roselia<ロゼリア>【本門】Roselia単デッキ」解説とデッキレシピ


高い実力を持つ5人で結成された本格派ガールズバンド、Roseliaのメンバーのみで構成されたデッキです。
手札から「“鳥籠の歌姫”湊友希那」を公開する『共鳴』を交えつつゲームを進め、終盤にはその「鳥籠の歌姫」から放たれる2点バーン2回で勝負を決めます。
レベル1のCXコンボは「“クリスタルソング”湊友希那」ですね。
色はもちろん青1色、CX構成は「Zeit」4枚「激しいシャウト」4枚です。

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Roselia<ロゼリア>【本門】Roselia単デッキ」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“鳥籠の歌姫”湊友希那
登場時回復、自ターン中は自身で11500になり、CXコンボで2ダメージを2回与えることができます。

回復兼詰めというただでさえ強い組み合わせの上に、自身でパワーを伸ばすカードが弱いはずがありません。
CXコンボは相手リバースこそ必要ですが、自身+クライマックスでパワー12500スタートで殴ることができます。

このカードの強みは2点2回そのものではなく自身のアタックで3点~、バーンで合計4点、つまり1枚で7点以上を相手に与えることができる点です。
相手3-0からであっても十分リーサル圏内に持ち込むことができます。

対応CXの「激しいシャウト」が門アイコンなのも優秀です。

“クリスタルソング”湊友希那
手札を増やすCXコンボを持っています。

アタック時に4ルックを行うことで手札を増やします。
相手リバースを必要とせず、山削りも同時にこなすことができます。
条件こそありますが、とても手軽なものですね。

“揺るぎない覚悟”氷川紗夜
“揺るぎない覚悟”氷川紗夜
レベル0ボトム相殺と1コストでの復帰テキストです。

レベル0のキャラであれば確実に盤面から除外でき、リバース時や控え室に置かれた時のテキストを封じることが可能です。
復帰テキストは他に前列にレストしているキャラがいなければ1コストでレストできるというもので、実質的に1コストで手札1枚を増やしているということになります。
相殺でリバースしている時ももちろん使用でき、序盤の要です。

慣れない電話
3つの効果の内から好きな効果を選んで使うことができ、盤面に「友希那」「リサ」「紗夜」「燐子」「あこ」のRoseliaメンバー全員が揃っていれば、その効果を2回使うことが可能です。

一つ目は相手キャラのソウルをマイナスするものです。
単純に受けるダメージを減らすことができ、終盤には防御札として威力を発揮します。

二つ目はキャラのパワーを伸ばすものです。
パワー専用のイベントと比べるとさすがに補正値は劣りますが、それでもレベル1の『助太刀』と比較すると十分強力なものです。。

三つ目は《音楽》キャラを山札からサーチするものです。
通常のレベル1コスト1イベントと同様の使い勝手ですね。

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Roselia<ロゼリア>【本門】Roselia単デッキ」優勝デッキレシピまとめ

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Roselia<ロゼリア>【本門】Roselia単デッキ(ガルパ2対応)」解説とデッキレシピ


新弾を中心にしたRoselia統一デッキです。
アドバンテージを稼ぐCXコンボは【FEVER】を行う「“分厚いクッキー”氷川紗夜」ですね。ストックと手札の両方を一気に稼ぐことができます。
詰めはアタック時バーンを持つ「“クッキーをもう1度”今井リサ」と「“決意の叫び”白金燐子」による連パンですね。「“決意の叫び”白金燐子」で「“クッキーをもう1度”今井リサ」を再スタンドさせることで複数回バーンができます。
また「“こぼれ落ちる涙”湊友希那」を始めとして『経験』を持つカードが多いのも特徴的ですね。
色構成は青1色、クライマックス構成はドローアイコンとゲートアイコン4枚ずつです。

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Roselia<ロゼリア>【本門】Roselia単デッキ(ガルパ2対応)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“クッキーをもう1度”今井リサ
『経験』でパワーを10500まで伸ばし、登場時の3ルックとアタック時にコストを払っての1点バーンです。
『経験』は特定キャラ2枚を要求するものです。

レベル3ということである程度余裕を持って達成できる上、他のカードともある程度共通しているため使い勝手は悪くないでしょう。
それぞれ「“こぼれ落ちる涙”湊友希那」はレベル3、「“今度は私が”氷川紗夜」はレベル0のキャラになります。

3ルックもイベントやクライマックスを引き込む可能性もある便利なものです。
手札が減らないのも利点ですね。

アタック時には1コストと手札から《Roselia》キャラを捨てることで相手に1ダメージを与えることができます。
手札コストを「《Roselia》のキャラ」に限定することで、通常の2コスト手札1枚からストック消費を軽減していますね。
「“決意の叫び”白金燐子」などによる2回目のアタックでもバーンが可能ですね。

“こぼれ落ちる涙”湊友希那
『経験』による早出しとクロック回復を持ち、10000までパワーを伸ばすことができます。

『経験』による早出しは同名カードを指定するものです。
「“クッキーをもう1度”今井リサ」のパワーを伸ばす『経験』とも互換性があるということで組み合わせて運用することになるでしょう。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストです。
パワー10000になるためには舞台のキャラ全てが《Roselia》である必要がありますが、このデッキでは問題ありません。

「“クッキーをもう1度”今井リサ」「“見守る目線”湊友希那」の『経験』で指定されているカードです。

“決意の叫び”白金燐子
盤面条件でパワー10500になり、登場時の2ドロー1ディスと自分のキャラ1枚をスタンドさせるCXコンボをもっていますね。

自身でパワー10000を越えるのは戦いやすく便利です。
登場時テキストもクライマックスや他のアタッカーを引き込む可能性がある便利なものです。

CXコンボでは舞台のキャラが《Roselia》で統一されていればこのカードのアタック後の3コスト手札2枚で他のキャラをスタンドさせるというものです。
コストも相応に重いですが、アタック回数を増やす強力なフィニッシャーですね。
アタックの終わりにコスト支払いということでアタックフェイズ開始時にストックが0でもテキスト発動に必要なストックを貯めることができるのは便利です。

アタック時にバーンを行うテキストを持つ「“クッキーをもう1度”今井リサ」トの組み合わせが強力です。

対応クライマックスはゲートアイコンの「仮入部員」です。

“分厚いクッキー”氷川紗夜
盤面参照でパワーを9000まで伸ばし、手札とストックを増やすCXコンボでのリプレイを持っています。

常時9000を維持できるのは便利ですね。

CXコンボでは相手の前列が空かキャラが全てリバースしていれば1コストでリプレイ【FEVER】を発動させます。
【FEVER】は山札からキャラをサーチして控え室からストックブースト、相手ターンの終わりまでパワーを1000伸ばすものです。
リソースを一気に稼ぎつつ盤面を固めることができます。

対応クライマックスはドロー(本)アイコンの「クッキーづくり」です。

“見守る目線”湊友希那
『経験』でパワー6000になり、アタック時のトリガーを操作するテキストを持っています。

『経験』ということで盤面やタイミングに左右されにくいパワーパンプになっています。
「“こぼれ落ちる涙”湊友希那」はレベル3のキャラです。
同様の条件の『経験』を持つ「“クッキーをもう1度”今井リサ」「“こぼれ落ちる涙”湊友希那」と上手く組み合わせて運用したいですね。

アタック時に他に《Roselia》キャラが2枚以上いれば、山札の上から2枚を見て好きなカードを山札の上に残し、もう1枚を控え室に置くことができます。
山札の上に残すカードはそのままトリガーで捲るカードになるため、トリガーを確定させることが可能です。

“今度は私が”氷川紗夜
バトル相手リバース時に自キャラ1枚をレストして後列に退避させるテキストを持っています。

序盤からキャラの損耗を防ぎつつアタック回数を増やすことができます。
リバースしたキャラでもレストして後列に逃がせるのは強力です。

「“クッキーをもう1度”今井リサ」の『経験』で指定されているカードです。

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Roselia<ロゼリア>【本門】Roselia単デッキ(ガルパ2対応)」優勝デッキレシピまとめ