「グリザイアの果実」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!

「グリザイアの果実グリザイア【グッドスタッフ】【扉門】」解説とデッキレシピ


カードプールの長所を活かしたグッドスタッフデッキです。
「餌付け」「名実ともに天才 一姫」「別れと約束 一姫」を中心とした思い出圧縮を進めつつ、「別れと約束 一姫」のヒールメタで圧力を掛けます。
「餌付け」と「さっちんクッキング」の2種の控え回収イベントを採用し、門アイコンのCXとCX入れ替えを駆使しつつ「愛されメイド 幸」のCXコンボを連打してゲームを進めるデッキですね。
フィニッシャーは「Je vous suis attaché 由美子」です。
自身の回復メタを躱しつつクロックを減らすとともに、バーンか相手の山を崩すテキストで相手を追い詰めることができるカードになっています。
色構成は赤青黄、クライマックスは扉と門のものです。

「グリザイアの果実グリザイア【グッドスタッフ】【扉門】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

Je vous suis attaché 由美子
登場時のストブヒールと効果を選ぶことができるCXコンボを持っています。

登場時に手札を1枚捨てることで、クロックの1番上のカードをストックに置くことができます。
手札コストは必要になりますが、クロック回復を行いつつストックの補充が可能になっていますね。

CXコンボはアタック時に1コストでパワーを2000伸ばすともに、2つの効果のどちらかを行うものです。
相手のストック入れ替えか1点バーンですね。
相手のストックを控え室に置き、同じ枚数を山札から補充させることで、相手山札の圧縮率の低下を狙うことができます。
相手がストックを積み、山札の圧縮率を上げているほど効果があるテキストですね。
シンプルに手数を増やすことができる1点バーンも使い勝手がよいです。
対応クライマックスは門アイコンの「ロワゾー・ブリュー」ですね。

神が掴む果実 一姫
控え室参照の早出しと登場時のパワーパンプ、ショットテキストを持っています。

控え室のクライマックスが2枚以下なら、レベル2段階から登場できます。
特定のカードなどを必要とせずに早出しを行うことができますね。

登場したターン中はパワーを11000までのばすことができます。
瞬間的なパワーパンプですが、確実にパワーを出すことが可能ですね。

登場ターン中に与えたダメージがキャンセルされた時、山札の上から1枚を控え室に置いて、そのカード+1分のダメージを相手に与えることができます。
ダメージがキャンセルされても、ノーコストで追加でダメージを与えることが可能になっています。

愛されメイド 幸
盤面参照の自身パンプと、指定イベントを手札に加えるCXコンボを持っています。

他の《グリザイア》キャラ1枚につき、自身のパワーを500ずつ伸ばすことができます。
最大でパワー6000、舞台を埋めることで相手ターン中も安定してパワーラインを形成できますね。

CXコンボは山札から控え室のどちらかから「さっちんクッキング」を手札に加えるというものです。
サーチ範囲が広いうえに、ほぼ確実に手札アドバンテージを稼ぐことができ、控え室回収イベントということで次のターン以降に状況に応じて必要になったキャラを間接的に回収することができます。
対応クライマックスはカムバックアイコンの「日だまりの公園」ですね。

人であるためのルール 一姫
『記憶』による自身パンプと相殺テキストを持っています。

思い出が3枚以上あれば、パワー2000とソウル1を獲得します。
パワーを4500まで伸ばすことができるのはもちろん、クライマックスなどを必要とせずに確実にダメージを伸ばすことができますね。

パワーに関わらず相手のキャラを処理できる相殺テキストも使い勝手がよいです。

ひと夏の思い出 由美子
舞台にいるのがこのキャラだけなら、レベル1パワー4500になります。

序盤からの複数アタックとは相性が悪いものの、高いパワーとレベル0相殺の効かないレベルパンプを持つ強力な
アタッカーです。

別れと約束 一姫
リバース時に思い出に飛べるテキストと、回復メタテキストの『記憶』を持っています。

リバース時に1コストで思い出に飛ぶことができます。
思い出圧縮になると同時に、『記憶』を発動することが可能です。

『記憶』は自分か相手がクロック回復を行ったときに、追加で手札1枚を控え室に置かないと、山札からクロックを補充させるものです。
クロック回復に追加コストを掛けることで、クロック回復を妨害し、相手を倒しやすくなります。

名実ともに天才 一姫
登場時2枚削りの1面パワーパンプと、フロントアタックされたキャラを手札に戻せるテキストを持っています。

登場時に山札を2枚削り、クライマックスが控え室に置かれればキャラ1枚のパワーを1500伸ばすことができます。
運は絡みますが、山札を削りつつパワーパンプを行うことができますね。

他のキャラがフロントアタックされた時、1コストを払い、このカードを思い出に置くことで曽於のキャラを手札に戻すことができます。
手札に戻すことでリソースの消耗を防ぎつつ再展開が可能で、このカード自身は思い出に飛ぶことで思い出圧縮に貢献します。

絶妙なコンビネーション 蒔菜&幸
登場時のイベント回収を持っています。

登場時に手札を1枚捨てることで控え札から「餌付け」を回収することができます。

イベントに確実にアクセスできるのは使い勝手が良いですね。

餌付け
キャラ回収を行うイベントです。

控え室から《グリザイア》のキャラ1枚を手札に戻すことができます。

その後山札の上から1枚を公開して、レベル0以下のキャラが出ればそのカードをストック置場に置くことができます。

運は絡みますが、ストックを補充することができ、ノーコストで控え室のキャラにアクセスが可能です。
使用後は思い出に置かれて思い出圧縮と『記憶』に貢献します。

「絶妙なコンビネーション 蒔菜&幸」で回収が可能です。

さっちんクッキング
山札を2枚削り、控え室回収を行うイベントです。

山札の上から2枚を控え室に置いて、その2枚のレベルの合計以下のカードを控え室から手札に加えることができます。
高レベルキャラほど回収は難しくなっていますが、最低でもレベル0のキャラは回収が可能になっています。
山札の枚数調整も可能ですね。

「愛されメイド 幸」のCXコンボで回収が可能です。

「グリザイアの果実グリザイア【グッドスタッフ】【扉門】」優勝デッキレシピまとめ