「Angel Beats!」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!

「Angel Beats!《Anniversary》軸【電源チョイス】」解説とデッキレシピ


「Key 20th Anniversary」で追加されたカードを中心に既存のカードも採用したデッキです。
フィニッシャーは2点ショット付与のCXコンボを持つ「白銀の両翼 かなで」です。
登場時テキストで複数展開しやすいのも便利ですね。
電源アイコンのクライマックスではシンプルに「神への復讐 ゆり」などを登場させます。
「SSSのリーダー ゆり」「神への復讐 ゆり」は「叛逆のために ゆり」によってすぐにアタックに参加することが可能です。
手札コストの『アンコール』を付与する「皆を見送る役目 かなで」はタイトルを通じた強みですね。
デッキ構成は黄赤になります。

「Angel Beats!《Anniversary》軸【電源チョイス】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

白銀の両翼 かなで
同名カードを山札から登場させる登場時テキストと、ショットテキストを付与するCXコンボを持っています。

登場時に1コストで山札から同名のカードを登場させることができます。
手札とストックの両方を節約しつつキャラを展開することが可能で、強力なCXコンボの多面連動にも繋がりますね。

CXコンボはキャラ1枚のソウルを1伸ばすとともに、ダメージキャンセル時の2点バーンを付与するものです。
ダメージを調整しつつ、ダメージがキャンセルされてしまっても追加ダメージで相手を追い詰めることが可能になっています。
対応クライマックスはチョイスアイコンの「懐かしの鼓動」ですね。

理不尽な運命への抵抗 ゆり
正面キャラのソウル減と、アタック時のバーンテキストを持っています。

正面のキャラのソウルを1下げることができます。打点を削ることで被ダメージを減らすことが可能です。
ソウル1のキャラでアタックしてもトリガー頼みになってしまうなど相手にプレッシャーを掛けることができますね。

アタック時に4コスト払い、舞台のキャラを好きな枚数控え室におくことで、そのキャラの枚数分のダメージを相手に与えることができます。
舞台のキャラをコストにしてしまいますが、クライマックスなどを必要とせずにバーンが可能で、打点調整もできるようになっていますね。

神への復讐 ゆり
盤面条件のパワーパンプと、『アンコール』のような復帰テキストを持っています。

キャラすべてが《Anniversary》か《死》ならパワー9500になります。
簡単な条件で安定してパワーを発揮できますね。

リバース時に手札のキャラを1枚控え室に置いて自身を思い出にすることで、次のドローフェイズに舞台に戻すことができます。
手札コストのアンコールのようにこのキャラを舞台に残すことができ、『アンコール』メタにも引っかかりません。

「叛逆のために ゆり」でスタンバイアイコンのクライマックスから登場してすぐにアタックできます。

SSSのリーダー ゆり
盤面参照の自身パンプと、1コストの復帰テキストを持っています。

他の《Anniversary》《死》のキャラ1枚につき、自身のパワーを500ずつのばすことができます。
パワーを7500まで伸ばすことが可能ですね。

アンコールステップに他のキャラがすべて倒されていれば、1コストでレスト状態に戻ることが可能です。
前列キャラの全滅が条件になるものの、『アンコール』に比べて軽いコストで舞台に残ることができるようになっています。

皆を見送る役目 かなで
手札コストの『アンコール』付与テキストと、自己レストのパワーパンプを持っています。

《死》のキャラすべてに手札コストの『アンコール』を付与することができます。
キャラすべてが『アンコール』を持つことで、盤面の維持が容易になりますね。
手札の不要なキャラを舞台のアタッカーに還元し続けることが可能です。

自身レストで、キャラ1枚のパワーを1000伸ばすことができます。
1面のみ、自ターンだけですが、パワーの必要なキャラを的確にサポートすることができるようになっています。

叛逆のために ゆり
キャラをスタンドさせるCXコンボと、手札を増やす『集中』を持っています。

スタンバイアイコンの「SSS」の使用時に1コスト払うことで。「SSSのリーダー ゆり」か「神への復讐 ゆり」1枚をスタンドさせることができます。
基本的にはスタンバイアイコンで登場したキャラをすぐにアタックに参加させることができるものですね。
高レベルキャラがいち早くアタックすることができます。

『集中』は単レスト控え回収のものです。

「Angel Beats!《Anniversary》軸【電源チョイス】」優勝デッキレシピまとめ

「Angel Beats!《Anniversary》軸【風チョイス】」解説とデッキレシピ


レベル3に「白銀の両翼 かなで」を採用し、レベル1連動に「My Song 岩沢」を採用したデッキです。
「白銀の両翼 かなで」は容易に複数展開を行い、ショット付与で確実に相手を追い詰めることができます。
「My Song 岩沢」はデッキトップ次第にはなるものの、ストックか手札を確実に増やすことができるCXコンボを持っていますね。
CXを共有する「Girls Dead Monster ひさ子」もストックを稼ぐことが可能です。
黄主体のデッキ構成、クライマックスは風アイコンとチョイスアイコンのものですね。

「Angel Beats!《Anniversary》軸【風チョイス】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

白銀の両翼 かなで
同名カードを山札から登場させる登場時テキストと、ショットテキストを付与するCXコンボを持っています。

登場時に1コストで山札から同名のカードを登場させることができます。
手札とストックの両方を節約しつつキャラを展開することが可能で、強力なCXコンボの多面連動にも繋がりますね。

CXコンボはキャラ1枚のソウルを1伸ばすとともに、ダメージキャンセル時の2点バーンを付与するものです。
ダメージを調整しつつ、ダメージがキャンセルされてしまっても追加ダメージで相手を追い詰めることが可能になっています。
対応クライマックスはチョイスアイコンの「懐かしの鼓動」ですね。

Girls Dead Monster ひさ子
レベル3以上のキャラへの強力な『応援』と、ストックブーストを行うCXコンボを持っています。

『応援』はレベル3以上のキャラのパワーを2000伸ばすことができるものです。
レベル3以外のキャラのパワーは伸ばすことができないものの、その分レベル3のキャラには強力なパワーパンプが可能になっています。

CXコンボは対応クライマックスの使用時に控え室からストックブーストをおこなうことができるものです。
確実にストックを貯めることができ、終盤への準備を整えることができます。
対応クライマックスは「My Song 岩沢」と共通の「始まりの音」です。

My Song 岩沢
盤面条件の自身パンプと手札かストックを増やすCXコンボを持っています。

他の《Anniversary》《死》のキャラ1枚につき、パワーを500ずつ伸ばすことができます。
最大でパワー6000、盤面を埋めることで相手ターン中も安定してパワーを発揮できますね。

CXコンボは対応クライマックスの使用時にデッキトップを公開し、レベル0のキャラならストックに、それ以外のカードなら手札か控え室におくことができるものです。
山札の1番上のカード次第ではありますが、確実にリソースを増やすことができます。
レベル0のキャラはストックに送られてしまいますが、それ以外のカードはイベントやクライマックスを含めて手札に加えることができます。
余分なクライマックスなど必要ないカードは控え室に置くことができるのも便利ですね。
対応クライマックスは風アイコンの「始まりの音」です。

皆を見送る役目 かなで
手札コストの『アンコール』付与テキストと、自己レストのパワーパンプを持っています。

《死》のキャラすべてに手札コストの『アンコール』を付与することができます。
キャラすべてが『アンコール』を持つことで、盤面の維持が容易になりますね。
手札の不要なキャラを舞台のアタッカーに還元し続けることが可能です。

自身レストで、キャラ1枚のパワーを1000伸ばすことができます。
1面のみ、自ターンだけですが、パワーの必要なキャラを的確にサポートすることができるようになっています。

「Angel Beats!《Anniversary》軸【風チョイス】」優勝デッキレシピまとめ