「BanG Dream!  Pastel*Palettes」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!(バンドリ パスパレ)

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Pastel*Palettes<パスパレ>【風扉】Pastel*Pallets単デッキ(ガルパ2対応)」解説とデッキレシピ


舞台に4色を並べるというコンセプトは初弾と変わりませんが、前列が黄と紅、後列が青と緑という舞台が基本になります。
道中の連動は「本気・サバイバー」対応で手札を一気に増やす「“アイドルとは”大和麻弥」、フィニッシャーは【FEVER】を持つ「“夢に続く道” 白鷺千聖」ですね。
もちろん4色すべてのカードが採用されていますが、赤と黄がメインで青はレベル2に若干、緑は『助太刀』を除くとレベル0のみです。
クライマックス構成はカムバックとリターンを4枚ずつになっています。

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Pastel*Palettes<パスパレ>【風扉】Pastel*Pallets単デッキ(ガルパ2対応)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“夢に続く道” 白鷺千聖
盤面参照でパワー11000になり、登場時回復と相手にダメージを与えるCXコンボを持っています。
盤面に4色が揃っていればパワー11000になりますね。パスパレデッキでは他のカードのためにも盤面を4色にする必要があるので条件達成は容易でしょう。
単体でこのパワーを常に出せるのは便利です、

登場のクロック回復は言わずもがな重要なテキストです。

CXコンボでは相手の前列が空かキャラが全てリバースしていれば2コストで3ダメージを与えるリプレイ【FEVER】を行うというものです。

相手の盤面を壊滅させる必要はありますが、このカードがリバースさせる必要がなくパワーの高いキャラ相手にはこちらも高パワーキャラをあてがうなど自由度が高く、相手が前列にキャラを残さなかった場合にもバーンが可能になっています。
同時に自分のキャラ1枚をレストできるので同パワーでのアタックや相殺の使用などもケアすることが可能です。

“アイドル丸山彩っ!”丸山彩
控え室のクライマックス参照の早出しと登場時の3ルック、レベル3の相殺を持っています。

控え室にクライマックスが6枚以上あれば早出しが可能になります。
リフレッシュのタイミングに左右される部分も大きいですが、特定カードなどを必要としない使い勝手のよいものです。

登場時の3ルックはクライマックスなども対象に取ることができる便利なものです。
他のCXコンボ持ちと組み合わせたいですね。

レベル3キャラにしては若干パワーが低いですが、リバース時に他の《音楽》キャラが2枚以上、バトル相手のレベルが3以下ならそのキャラをリバースさせることが可能です。
パワーに関係なく大半の相手キャラを倒すことができますね。

相手キャラをむりやりリバースさせるということで「“夢に続く道” 白鷺千聖」のCXコンボと相性が良く、「“夢に続く道” 白鷺千聖」の自キャラをレストさせる効果ともよく噛み合っています。

“アイドルとは”大和麻弥
盤面条件でパワー9000になり、手札を2枚増やすCXコンボを持っています。

条件は盤面のキャラの色の合計が4色というパスパレではよくあるものですね。
パスパレデッキではさほど難しい条件ではなく、相手ターン中でもこのパワーが出せるのは魅力的です。

CXコンボでは相手リバースで山札の上から4枚を見て《Pastel*Palettes》のキャラを2枚まで手札に加えて1面に1000パンプを行うものです。
山札の上から4枚の上の中から選ぶということで自由度はあまり高くありませんが、一気に手札を2枚増やすことができます。
1000パンプで他のキャラのサポートも可能になっています。

「“自己流サバイバルスキル”大和麻弥」のCXコンボでレベル1段階から登場し、そのまま活躍することができます。

対応クライマックスの「本気・サバイバー」はカムバック(扉)アイコンです。

“自己流サバイバルスキル”大和麻弥
登場時の1ドロー1ディスと、CXコンボでの疑似チェンジを持っています。

登場時には手札を整えることができますね。
1枚しか引けないのでなかなか上手くはいかないでしょうが、便利なテキストには違いありません。

CXコンボは自身を控え室に置いて手札の「“アイドルとは”大和麻弥」を登場させるものです。
「“アイドルとは”大和麻弥」はレベル2キャラなので、レベル1段階では早出しということになります。
キャラ1枚を登場させるのにCXと手札を1枚必要としていますが、ストック消費はありません。

「“アイドルとは”大和麻弥」は同じクライマックスで手札の増えるCXコンボを行えるため、登場させてすぐにアドバンテージを稼ぐことができます。

対応クライマックスは「本気・サバイバー」です。

“努力の結晶”丸山彩
自ターン中は盤面参照でパワーを7000まで伸ばすことができ、登場時にはクロックのキャラを手札に加えることができます。
舞台に4色のキャラがいるという通常のデッキではなかなか厳しい条件ですが、《Pastel*Pallets》デッキではさほど苦でもないでしょう。
自ターンのみとはいえレベル1コスト0のキャラがパワー7000になるのは強力です。

登場時には手札を1枚捨てることでクロック置場からキャラを手札に戻すことができます。
クロックは山札から補充させるので回復などには繋がりませんが、なかなかアクセスしにくいクロックのキャラに触れるのは便利です。
「“煌めくステージへ”大和麻弥」などクロックと控え室のキャラを入れ替えるテキストと組み合わせることで実質的な控え室回収としても運用できますね。

“夜更かしは今日だけ”白鷺千聖
登場時のトップ操作とユニークな『集中』です。

登場時に山札の一番上のカードを確認し、そのままか山札の一番下に置くことができます。
トップチェックの補助はもちろん、『集中』のサポートにもなりますね。

『集中』は舞台の色の数+1枚を捲ることができるものです。最大5枚ですね。単純にCXを捲る可能性が上がる強力なものです。
コスト自体は2レスト、サーチを行う『集中』です。

集中部分は「“モデル・モード”若宮イヴ」の控え回収版です。
色やもう一つのテキストなどを元に使い分けましょう。

私のブシドー!
控え室回収と、『集中』が成功すれば2点回復2点バーンを行うイベントです。

好きなキャラを回収できるのは終盤の展開に大きく役立ちます。

『集中』は山札を5枚削りそのなかに各色のカードがなければならないものですね。
構築にかなり気を遣ったとしても運が大きく絡みますが、リターンは絶大です。

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Pastel*Palettes<パスパレ>【風扉】Pastel*Pallets単デッキ(ガルパ2対応)」優勝デッキレシピまとめ

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Pastel*Palettes<パスパレ>【門扉】Pastel*Palettes単・「煌めくステージへ」デッキ」解説とデッキレシピ


同事務所に所属する5人のアイドルで結成されたガールズバンド、Pastel*Palletsのメンバーのみで構成されたデッキです。
舞台に4色のキャラを登場させることで発動するテキストが特徴的なほか、このデッキでは3枚のキャラとシナジーを持っているクライマックス「煌めくステージへ」を採用しての多段CXコンボを使用します。
「煌めくステージへ」はアドバンテージを稼ぐCXコンボなので、盤面を固めると同時にCX不要で細かいダメージを刻める「“本当の私を伝えられたら”白鷺千聖」を採用していますね。
4色全てのカードが採用されてはいますが、発生させる色は緑赤青の3色ということで立ち回りやすくなっています。
CX構成は門と扉ですね。扉はトリガー重視での採用でしょう。

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Pastel*Palettes<パスパレ>【門扉】Pastel*Palettes単・「煌めくステージへ」デッキ」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“本当の私を伝えられたら”白鷺千聖
前列にいれば《音楽》キャラすべてのパワーを1500伸ばし、バトル相手がリバースしたときにコストを支払うことで相手に1ダメージを与えることができます。

パワーラインを大きく上げることができるのはよいですね。複数枚展開することでとても強固な盤面を形成します。
バトル相手リバース時のダメージは1点のみと派手なものではありませんが、CXなどを必要とせず相手ターン中のバトル相手リバースでも発動することができます。

一気に打点を詰めることはできませんが強固ならライン作りとエクストラダメージを1枚で両立するカードです。

「“煌めくステージへ”丸山彩」でレベル1から登場できるととても強力です。

“煌めくステージへ”若宮イヴ
相手ドロー始めに1面のパワーを+4000するテキストと、手札を増やすCXコンボです。

1面のパワーを大きく伸ばすことができるのはよいですね。
自身で早出しはできませんが、CXコンボでレベル1から登場する可能性があり、自身のパワーを上げるだけでなく他の面の支援にも活用できるのは便利です。

CXコンボはいわゆる「島風」互換のサーチ枚数が2枚になったものです。
一気に手札を増やすことができます。
行きのパワー自体は自身では奮いませんが、先に述べたようにレベル1から登場しうることを考えると十分活躍できるでしょう。

CXを共有していることもあり、「“煌めくステージへ”丸山彩」で登場させたいキャラ筆頭ですね。

“煌めくステージへ”丸山彩
色条件を無視して登場させることができ、《Pastel*Pallets》キャラ4枚が舞台にいれば早出し可能、CXコンボで山札の1番上のキャラをレベルや色の条件を全て無視して登場させることができます。

色を介さずに登場できるのはこのデッキのような多色デッキではとても便利です。
盤面条件も満たしやすいですね。

CXコンボは山札の1番上のカードが《Pastel*Pallets》キャラであれば、その色やレベルを問わずに登場させることができます。
レベル3のキャラでもあってもレベル1の段階から登場させることが可能です。

山札の1番上のカードということで、このカードのみではどのカードが出てくるかは不明ですが、「“煌めくステージへ”白鷺千聖」によってある程度登場させるキャラクターを選択できます。

「“煌めくステージへ”若宮イヴ」と「“煌めくステージへ”白鷺千聖」とクライマックスを共有しています。

“煌めくステージへ”白鷺千聖
舞台に4色のキャラが揃っていれば他のキャラすべてにパワーを1000付与でき、山札の上から4枚を確認して1枚を手札に加えたうえで残りのカードを山札の上に好きな順番で置き直すCXコンボを持っています。

盤面4色という通常のデッキではなかなか難しいこの条件も、このデッキではある程度容易に達成できます。
レベル1から常時全体1000パンプが登場するのは強力です。

CXコンボはこのカードのみでは4ルックをしてからそのターン中のトリガーを確定できるというものですね。
これは「“煌めくステージへ”丸山彩」と組み合わせることで真価を発揮しますね。
山札の上から4枚の内から「“煌めくステージへ”丸山彩」で登場させるカードを選ぶことが可能になります。
同時に手札の質を向上させることにも繋がりますね。
先行する2パンのみですが、トリガーも確定できますね。

“モデル・モード”若宮イヴ
ユニークな『集中』と、手札を増やすCXコンボです。

『集中』は舞台の色の数+1枚を捲ることができるものです。最大5枚ですね。
単純にCXを捲る可能性が上がる強力なものです。

コスト自体は2レスト、サーチのものですね。

このデッキでは対応クライマックスが採用されていないため、CXコンボは飾りになってしまっています。

盤面に黄を発生させるという重要な役割も担っているカードです。

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Pastel*Palettes<パスパレ>【門扉】Pastel*Palettes単・「煌めくステージへ」デッキ」優勝デッキレシピまとめ

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Pastel*Palettes<パスパレ>【風扉】Pastel*Pallets単デッキ」解説とデッキレシピ


舞台に4色のキャラを登場させることで大きな恩恵を受けることができるテキストを最大限活用するデッキです。
「“真っ白な居場所”白鷺千聖」で強固な盤面を築き、「“モデル・モード”若宮イヴ」のCXコンボでアドバンテージを稼ぎます。
詰めは「“必殺アイドルポーズ☆”丸山彩」の相手の盤面を見ない連パンですね。
4色全てのカードが採用されていますが、緑と黄のカードはレベル0の「“素顔の姿”大和麻弥」「“モデル・モード”若宮イヴ」であり、発生させるのは青と赤になります。
CX構成は風と扉4枚ずつですね。

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Pastel*Palettes<パスパレ>【風扉】Pastel*Pallets単デッキ」よく使われるカード・相性のいいカード解説

“必殺アイドルポーズ☆”丸山彩
登場時の3ルックと青のキャラをスタンドさせるCXコンボです。

登場時テキストは対応クライマックスや他のキャラを探すのにとても便利なものです。
特徴指定のキャラの分だけ見ることができる通称「Xルック」よりは最大の見ることができる枚数は劣りますが、安定して3枚を見ることができます。

CXコンボではアタック時2コストハンド2で青のキャラをスタンドさせることができます。
相手リバースなどが必要なく、一方的にアタック回数を増やすことが可能です。
「舞台のキャラの持つ色の合計が4色以上なら」などという条件こそありませんが、黄と緑のキャラがいる必要があり、青のキャラをスタンドさせ、自身は赤と実質的に4色要求になっています。
このキャラを2枚並べて1枚の青置きゃ等を合計3回アタックさせるといった使い方も可能です。

“真っ白な居場所”白鷺千聖
舞台に4色が揃っていればパワー7000になり、リバース時のデメリットを持っています。

安定的にパワー7000を出し続けることができるのは強力ですね。
同様の条件で1000応援を獲得する「“素顔の姿”大和麻弥」と合わせて8000ラインを作り上げます。

リバース時に発動するデメリットを持ってはいますが、これが発動するような状況は相当不利な状況だけでしょう。

“目指す道のり”白鷺千聖
登場時に《音楽》キャラ1枚のパワーを1500上昇させ、自身を控え室において「“真っ白な居場所”白鷺千聖」を
登場させることができます。

パワーパンプは好きなキャラに振り分けることができ、パワーの低い面をサポートしたり、元々パワーのある面に付与することで更に突破力を高めることが可能です。

登場とともに舞台から消え、強力な前衛キャラである「“真っ白な居場所”白鷺千聖」と交代できます。
盤面形成が手軽になりますね。

発動タイミングが同時で好きな順番で処理できるため、登場させた「“真っ白な居場所”白鷺千聖」のパワーを1500上昇させることも可能です。

“素顔の姿”大和麻弥
盤面4色で1000応援を獲得し、メイン始めにクロックを弄ることができます。

レベル0キャラが1000応援を獲得するのはとても強力ですね。
最序盤からの達成はさすがに難しいですが、強力に前列をサポートします。

メイン始めにクロックの1番下のカードと控え室のキャラを入れ替えることで、多色デッキには付きものの色発生のトラブルを回避することも可能です。

盤面に緑を発生させる役割を担っていますね。

“モデル・モード”若宮イヴ
ユニークな『集中』と、手札を増やすCXコンボです。

『集中』は舞台の色の数+1枚を捲ることができるものです。最大5枚ですね。
単純にCXを捲る可能性が上がる強力なものです。
コスト自体は2レスト、サーチのものですね。

CXコンボではキャラ1枚に相手リバース時の4ルックを付与することができます。
確実に相手のキャラをリバースさせることができるキャラに付与することができ、4ルックということで山削りもこなすことができるものですね。

盤面に黄を発生させるという重要な役割も担っているカードです。

「BanG Dream!BanG Dream!&nbsp;Pastel*Palettes<パスパレ>【風扉】Pastel*Pallets単デッキ」優勝デッキレシピまとめ