「Re:ゼロから始める異世界生活【氷結の絆】」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!

「Re:ゼロから始める異世界生活リゼロ【氷結の絆】【8本】(氷結の絆)」解説とデッキレシピ


「銀髪の美少女 エミリア」「異世界常夏生活 エミリア」の8本デッキに、「~氷結の絆」の緑のカードを加えたデッキです。
「エミリア」「パック」を中心としたネーム指定のテキストを問題なく活用できます。
「異世界常夏生活 エミリア」はソウル減の、「銀髪の美少女 エミリア」は使いやすい4ルックのCXコンボを持っています。
新弾のカードは、強力な『応援』を持つ「“ただの”エミリア」や強力な早出しの「その時を信じて パック」、思い出を貯めつつ4ルックを行える「おちゃらけパック」などが採用されます。
ソウル減に加えて思い出圧縮の要素が加わり、耐久面に長けたデッキになっています。
「“ただの”エミリア」を早出しすることによる強力な面形成も強みです。

「Re:ゼロから始める異世界生活リゼロ【氷結の絆】【8本】(氷結の絆)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

異世界常夏生活 エミリア
クロック条件の早出しと登場時の3ルック、相手キャラのソウルを減らすCXコンボを持っています。

クロックに「もぐもぐパック」があればレベル2段階から登場できます。
クロックドローなどで能動的に達成しやすいほか、控え室条件とは違ってタイミングに左右されにくく、4枚条件とは違って多面展開も用意です。
「もぐもぐパック」はレベル0のキャラです。

登場時テキストは山札を上から3枚見て好きなカードを手札に加えるもので、他のアタッカーはもちろん、対応クライマックスを探すのに役立つテキストです。

CXコンボはパワー1000を獲得し、次の相手のアタック前にソウル-1を2面に振り分けるものです。
ソウルを減らすことで被ダメージを減らして相手の勢いを止めることができます。
アンタッチャブルとは相性が悪いものの、厄介なキャラを狙い撃ちにするなど状況に合わせた運用が可能です。
対応クライマックスはドローアイコンの「たまには二人で」ですね。

その時を信じて パック
控え室参照の早出しキャラと盤面参照のパワーパンプ、ストブヒールテキストを持っています。

控え室のクライマックスが2枚以下なら早出しが可能です。
タイミングは限られるものの、特定のカードを必要とせずに早出しできますね。

他の《魔法》《武器》のキャラ1枚につきパワーを500ずつ伸ばすことができます。
舞台を埋めることでパワーを11000まで伸ばすことが可能です。
タイミングを選ばずにパワーを発揮できますね。

登場時に手札を1枚捨てることで、クロックの上から1枚をストックに置くことができます。
手札を切る必要はありますが、クロックを減らしつつストックを補充することが可能になっています。

“ただの”エミリア
『記憶』でアンタッチャブルテキストと強力な『応援』を獲得し、登場時の控え回収テキストを持っています。

思い出置場に「独りぼっちのエミリア」があれば、相手の効果に選ばれなくなります。
相手の焼きテキストや早出しメタの対象にならなくなり、安定的に『応援』で前列キャラをサポートできます。
このカードでアタックせざるを得ないときにもソウル減や防御札の対象に取られませんね。
記憶は「“ボクの名前を呼んで”パック」のテキストを活用することで確実に達成できます。

思い出が3枚以上なら、対象キャラのレベル1につきパワーを1000伸ばせる『応援』を獲得できます。
レベル3キャラのパワーは3000伸ばせる強力なテキストですね。前列キャラを強力に支援することが可能です。

登場時に控え室からキャラを1枚手札に加えることができます。
アタッカーなど必要なキャラを控え室から回収することができる使い勝手のよいテキストです。

「“ボクの名前を呼んで”パック」「独りぼっちのエミリア」によってレベル2段階から登場することができます。

“ボクの名前を呼んで”パック
「“ただの”エミリア」への疑似チェンジテキストと、リバースさせられても1ターン舞台に残ることができるテキストを持っています。

レベル2以降で1コストを払い、自身と「独りぼっちのエミリア」を思い出にすることで、控え室から「“ただの”エミリア」を登場させることができます。
思い出を貯めつつ、強力な『応援』を持つ「“ただの”エミリア」の早出しが可能になっています。

相手ターン中にリバースさせられたときに手札を1枚捨てることで、レストすることができます。
次の自分のターンのアンコールステップに自壊してしまうものの、『アンコール』のように活用できます。
疑似チェンジテキストのコストにすることでデメリットを打ち消すような使い方も可能になっていますね。

「独りぼっちのエミリア」のパワーパンプテキストに指定されているカードです。

銀髪の美少女 エミリア
手札を増やすCXコンボを持っています。

アタック時に4ルックで《魔法》《武器》のキャラを1枚手札に加えるとともに、自身のパワーを1000伸ばすことができるものです。
相手キャラのパワーなどに関わらず確実に手札を増やすことができますね。
クライマックス込みでパワーを7000まで伸ばせるのも使い勝手がよいです。
対応クライマックスはドローアイコンの「ゼロから始める異世界生活」になります。

独りぼっちのエミリア
指定カードへのパワーパンプとレベル比例の『応援』テキスト、サーチを行う起動能力を持っています。

「“ボクの名前を呼んで”パック」のパワーを1000伸ばすことができます。
特定カードのみとはいえ、『応援』と合わせて強力なパワーパンプが可能です。

『応援』はレベル比例のものですね。
高レベルキャラのパワーを大きく伸ばすことができるほか、「大精霊 パック」などレベルパンプを持つカードとも相性のいいテキストです。

1コストクロック1枚、自身レストで山札から「エミリア」「パック」ネームのキャラを1枚手札に加えることができます。
クロックコストは必要になるものの、手札の枚数を増やすことができ、必要なキャラをサーチできるテキストです。
キャラ1枚のパワーを1000伸ばせるのも便利ですね。

おちゃらけパック
盤面条件を満たさなければスタンドできなくなるデメリットと、4ルックの起動能力を持っています。

他に「エミリア」「パック」ネームのキャラがいなければ、スタンドフェイズにスタンドすることができないかわりに素のパワーが高くなっています。
アタックできなくなってしまうものの簡単に回避でき、スタンドできなくても4ルックは活用することが可能です。

1コスト払って自身を思い出に送ることで、4ルックが可能です。
山札を削って手札の質を上げるとともに、思い出を貯めることができますね。

もぐもぐパック
登場時のサーチテキストと、パワーパンプの『アラーム』を持っています。

登場時に1コストクロック1枚で、山札から「エミリア」ネームのキャラを1枚手札に加えることができます。
クロックコストはかかりますが、手札の枚数を増やせるテキストですね。

『アラーム』はキャラ1枚のパワーを2000伸ばすことができるものです。
パワーパンプを盤面外から行うことができるのは便利です。

「異世界常夏生活 エミリア」の早出しテキストに指定されていますね。

純粋で無垢 エミリア
手札条件の自身パンプと移動テキストを持っています。

手札が5枚以上なら、パワー3500になります。
キャラの複数展開とは相性が悪いものの簡単にパワーを発揮でき、高パワーと移動テキストで相手にプレッシャーを掛けることができます。

移動テキストは前列の中央の枠に移動できるというものです。
移動できる枠は限られているものの、リバースされにくくなるのはもちろん、リバース要求テキスト対策にもなりますね。

「Re:ゼロから始める異世界生活リゼロ【氷結の絆】【8本】(氷結の絆)」優勝デッキレシピまとめ

「Re:ゼロから始める異世界生活リゼロ【氷結の絆】【本宝】」解説とデッキレシピ


下の連動は安定感のある「銀髪の美少女 エミリア」、L3連動に新弾の「契約者と精霊 エミリア&パック」を採用したデッキです。
「契約者と精霊 エミリア&パック」は相手の盤面の状況に合わせてクロックキックと2点バーンを使い分けることができる強力なフィニッシャーですね。
「“ただの”エミリア」を登場させる「“ボクの名前を呼んで” パック」「独りぼっちのエミリア」、「死に戻り」などを活かした思い出圧縮も強みのひとつですね。
青と緑のデッキ構成、クライマックスは本と宝のものです。

「Re:ゼロから始める異世界生活リゼロ【氷結の絆】【本宝】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

契約者と精霊 エミリア&パック
『記憶』によるパワーパンプとクロック回復テキスト、クロックシュートか2点バーンを行うCXコンボを持っています。

思い出に《魔法》《武器》のキャラが2枚以上あれば、パワー11000になります。
思い出を貯めることで確実にパワーを発揮でき、リバース要求のあるCXコンボと相性がいいですね。

クロック回復は言わずもがな便利なテキストです。

CXコンボはリバースしたバトル相手をクロックに送るテキストと、ダイレクトアタック時の2点バーンを獲得するものです。
基本的には正面にキャラがいればクロックシュート、キャラがいないなら2点バーンを行うということになりますね。
確実に相手のクロックを増やすことができるクロックシュートと手堅くダメージを刻むことができる2点バーンどちらも使い勝手がいいですね。
アタックする面を選ぶことでテキストを選ぶことができ、状況次第で腐ってしまうことが少ないのは強みです。
対応クライマックスは宝アイコンの「二人のこれから」です。

“ただの”エミリア
『記憶』でアンタッチャブルテキストと強力な『応援』を獲得し、登場時の控え回収テキストを持っています。

思い出置場に「独りぼっちのエミリア」があれば、相手の効果に選ばれなくなります。
相手の焼きテキストや早出しメタの対象にならなくなり、安定的に『応援』で前列キャラをサポートできます。
このカードでアタックせざるを得ないときにもソウル減や防御札の対象に取られませんね。
記憶は「“ボクの名前を呼んで”パック」のテキストを活用することで確実に達成できます。

思い出が3枚以上なら、対象キャラのレベル1につきパワーを1000伸ばせる『応援』を獲得できます。
レベル3キャラのパワーは3000伸ばせる強力なテキストですね。前列キャラを強力に支援することが可能です。

登場時に控え室からキャラを1枚手札に加えることができます。
アタッカーなど必要なキャラを控え室から回収することができる使い勝手のよいテキストです。

「“ボクの名前を呼んで”パック」「独りぼっちのエミリア」によってレベル2段階から登場することができます。

“ボクの名前を呼んで”パック
「“ただの”エミリア」への疑似チェンジテキストと、リバースさせられても1ターン舞台に残ることができるテキストを持っています。

レベル2以降で1コストを払い、自身と「独りぼっちのエミリア」を思い出にすることで、控え室から「“ただの”エミリア」を登場させることができます。
思い出を貯めつつ、強力な『応援』を持つ「“ただの”エミリア」の早出しが可能になっています。

相手ターン中にリバースさせられたときに手札を1枚捨てることで、レストすることができます。
次の自分のターンのアンコールステップに自壊してしまうものの、『アンコール』のように活用できます。
疑似チェンジテキストのコストにすることでデメリットを打ち消すような使い方も可能になっていますね。

「独りぼっちのエミリア」のパワーパンプテキストに指定されているカードです。

銀髪の美少女 エミリア
手札を増やすCXコンボを持っています。

アタック時に4ルックで《魔法》《武器》のキャラを1枚手札に加えるとともに、自身のパワーを1000伸ばすことができるものです。
相手キャラのパワーなどに関わらず確実に手札を増やすことができますね。
クライマックス込みでパワーを7000まで伸ばせるのも使い勝手がよいです。
対応クライマックスはドローアイコンの「ゼロから始める異世界生活」になります。

独りぼっちのエミリア
指定カードへのパワーパンプとレベル比例の『応援』テキスト、サーチを行う起動能力を持っています。

「“ボクの名前を呼んで”パック」のパワーを1000伸ばすことができます。
特定カードのみとはいえ、『応援』と合わせて強力なパワーパンプが可能です。

『応援』はレベル比例のものですね。
高レベルキャラのパワーを大きく伸ばすことができるほか、「大精霊 パック」などレベルパンプを持つカードとも相性のいいテキストです。

1コストクロック1枚、自身レストで山札から「エミリア」「パック」ネームのキャラを1枚手札に加えることができます。
クロックコストは必要になるものの、手札の枚数を増やすことができ、必要なキャラをサーチできるテキストです。
キャラ1枚のパワーを1000伸ばせるのも便利ですね。

死に戻り
キャラ回収とパワーパンプを行うイベントです。

山札を3枚削り、その中の《魔法》《武器》キャラの枚数分のレベル以下のカードを控え室から手札に加えることができます。
クライマックスやイベントによってレベル制限がかかってしまう可能性はあるものの、山札を削りつつ控え室にアクセスすることが可能です。
キャラ1枚のパワーを2000伸ばすことができるも使い勝手がいいですね。

使用後は思い出に置かれます。
再利用はできないものの、思い出圧縮や『記憶』に貢献できますね。

「Re:ゼロから始める異世界生活リゼロ【氷結の絆】【本宝】」優勝デッキレシピまとめ