「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ!

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。【8門】」解説とデッキレシピ


フィニッシャーに「機械神 メイプル」を採用し、レベル1には「二人の時間 サリー」を使用するデッキです。
「機械神 メイプル」は相手のストックの中身を入れ替える登場時テキストと、相手の山を崩してダメージを与えるCXコンボを持っています。
相手の山札圧縮に有効なテキストを組み合わせている強力なフィニッシャーです。
「大物喰らい マイ&ユイ」など使いやすいサブフィニッシャーも採用されますね。
「二人の時間 サリー」は山札を2枚削って控え室回収を行うCXコンボを持っています。
クライマックスを使った時にパワーを大きく伸ばせるのはゲートアイコンのクライマックスと相性がいいですね。
「極振り サリー」は門アイコンのクライマックスをトリガーした時の手札交換テキストを持っており、弱点をカバーすることが可能になっています。
青を中心に各色をタッチした構成です。

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。【8門】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

機械神 メイプル
登場時に相手のストックを入れ替えるテキストと相手の札を崩してバーンを飛ばすCXコンボを持っています。

登場時に1コストで相手のストックを全て控え室に置き、山札からお案じ枚数を補充させることができます。
相手の山札のクライマックスをストック置場に送ることが期待でき、相手の山札圧縮を崩せるテキストです。

CXコンボはアタック時に相手の山札を下から4枚削り、その中のクライマックスの枚数分のバーンを飛ばすものです。
相手の山札を崩しつつダメージを飛ばすことができ、相手の山札圧縮が決まっているほどダメージに期待することができます。
対応クライマックスは「展開・左手」、門アイコンのものです。

二人の時間 サリー
クライマックス使用時の強力な自身パンプと、手札を増やすCXコンボを持っています。

クライマックスを使った時に自身のパワーを3000伸ばすことができます。
毎ターン確実にパワーを出せるわけではありませんが、大きくパワーを伸ばすことが可能です。

CXコンボはアタック時に山札を2枚削り、その2枚のレベルの合計以下のレベルのキャラを控え室から回収できるものです。
レベル制限は付いてしまうものの相手キャラのリバースなどは必要なく、最低限でもレベル0のキャラは手札に加えることができますね。
対応クライマックスは門アイコンの「終わらない夕焼けのエリア」です。

極振り サリー
門アイコンのクライマックストリガー時の手札交換テキストと、自己レストのパワーパンプを持っています。

トリガーチェックで門アイコンのクライマックスがトリガーした時、1ドロー1ディスが可能です。
手札の質を上げることができるのはもちろん、手札の枚数を減らさずにクライマックスをすぐに控え室に置くことができますね。

自身レストでキャラ1枚のパワーを1500伸ばすことができます。
パワーの必要なキャラをピンポイントでサポートすることが可能になっています。

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。【8門】」優勝デッキレシピまとめ

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。【門チョイス】(「おわらない夕焼けのエリア」「身捧ぐ慈愛」)」解説とデッキレシピ


レベル1に「二人の時間 サリー」を採用し、レベル3は「身捧ぐ慈愛 メイプル」を中心にしたデッキですね。
「二人の時間 サリー」は山札を削りつつ手札を増やすことができるテキストを持っています。
相手キャラリバースなどに関わらず手札を増やせるのはもちろん、クライマックス込みで8000まで伸びるパワーも強みです。
「身捧ぐ慈愛 メイプル」は早出しテキストとクロック回復に加えてソウル減のCXコンボを持っています。
レベル2でクロックを減らしつつ相手のダメージを抑えることで、ゲームを有利に進めることができますね。
「勝利の為に カナデ」や「最強初心者 メイプル」などのサポートカードも採用されています。
門アイコンのクライマックスと「双子の妹 ユイ」を活かして「暴虐 メイプル」や「機械神 メイプル」などのフィニッシャーを採用したデッキも多いですね。
門とチョイス、さらに追加のフィニッシャーの対応クライマックスを採用し、色配分は黄と青を中心にしたものになります。

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。【門チョイス】(「おわらない夕焼けのエリア」「身捧ぐ慈愛」)」よく使われるカード・相性のいいカード解説

身捧ぐ慈愛 メイプル
控え室参照の早出しと登場時のクロック回復、ソウル減のCXコンボを持っています。

控え室のクライマックスが2枚以下なら早出しが可能です。
リフレッシュなどのタイミングに大きく左右されるものの複数展開に向いているほか、「最強初心者 メイプル」のような疑似リフレッシュでも条件を満たすことができますね。

登場時のクロック回復は便利なテキストですね。
相手のダメージ量を減らすCXコンボと合わせて、クロックの進行を止めることが可能になっています。

CXコンボはパワーを2500伸ばして次の相手ターン中に正面のキャラのソウルを2減らせるものです。
パワーラインを形成するとともに、あいてのダメージ量を大きく減らすことができます。
正面のキャラということで小回りは効かないものの、アンタッチャブルなどにも左右されないテキストになっています。

勝利の為に カナデ
指定カードへのテキスト付与と、舞台にいるキャラと同名のキャラを舞台に登場させられる起動能力を持っています。

「身捧ぐ慈愛 メイプル」と「暴虐 メイプル」に相手の効果に選ばれないアンタッチャブルテキストを付与できます。
強力なレベル3キャラをサポートすることが可能ですね。

手札を2枚控え室に置いて自身をレストすることで、すでに舞台にいるキャラと同名のキャラを控え室から登場させることができます。
手札に抱えていないキャラでも舞台に登場させることができ、フィニッシャーなどの複数展開が可能になっていますね。

二人の時間 サリー
クライマックス使用時の強力な自身パンプと、手札を増やすCXコンボを持っています。

クライマックスを使った時に自身のパワーを3000伸ばすことができます。
毎ターン確実にパワーを出せるわけではありませんが、大きくパワーを伸ばすことが可能です。

CXコンボはアタック時に山札を2枚削り、その2枚のレベルの合計以下のレベルのキャラを控え室から回収できるものです。
レベル制限は付いてしまうものの相手キャラのリバースなどは必要なく、最低限でもレベル0のキャラは手札に加えることができますね。
対応クライマックスは門アイコンの「終わらない夕焼けのエリア」です。

最強初心者 メイプル
登場時の疑似リフレッシュテキストと、手札のキャラを登場させる起動能力を持っています。

登場時に手札から「身捧ぐ慈愛 メイプル」を1枚控え室に置くことで、控え室のカードすべてを山札に加えることができます。
控え室のクライマックスを山札に戻すことができるほか、 リフレッシュポイントの回避、「身捧ぐ慈愛 メイプル」の早出しテキストの条件達成などに活用することが可能です。

更に自身を控えに落として1コスト払うことで、手札から「メイプル」ネームのキャラを1枚舞台に登場させることができます。
コスト2のキャラを登場させることで、コスト軽減能力として活用することが可能になっています。

二人の時間 メイプル
相手ターン中の自身パンプと起動能力の4ルックを持っています。

相手ターン中はパワー4500になります。
素のパワーが低い分、相手ターン中は大きくパワーを伸ばすことができます。
アタック後に相手に処理されずに舞台に残っていれば、ふたたびアタックできるのはもちろん起動能力を使うことも可能ですね。

1コストと自身を控え室に置くことで、山札を上から4枚見てキャラを1枚手札に加えることができます。
このカードは控え室に置かれてしまうものの、必要なキャラを探しつつ山札を削ることができるテキストです。

戦う生産職 イズ
登場時のサーチテキストと、他のキャラがバトルに勝ったときの自身パンプを持っています。

登場時に1コストクロック1枚で、山札からレベル1以下のキャラを1枚手札に加えることができます。
クロックコストはかかってしまいますが、手札の枚数を増やすことができるテキストです。

他のキャラがバトル相手キャラをリバースさせたときに自身のパワーを1000伸ばします。
既に相手のキャラを2枚リバースさせていれば、パワー3500でアタックすることが可能ですね。

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。【門チョイス】(「おわらない夕焼けのエリア」「身捧ぐ慈愛」)」優勝デッキレシピまとめ

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。【8電源】」解説とデッキレシピ


スタンバイアイコンのクライマックスを8枚採用したデッキですね。
「歩く要塞 メイプル」「炎帝 ミィ」のCXコンボを持つキャラはもちろん、「聖女ミザリー」などスタンバイアイコンと相性のいいキャラが採用されています。
「歩く要塞 メイプル」はキャラをスタンドさせつつ、手札交換が可能です。
スタンバイアイコンで登場させたキャラがそのままアタックできるのはもちろん、スタンバイデッキでネックになりがちな手札の質を上げることができるテキストになっています。
「炎帝 ミィ」が持っているのは自身をスタンドさせるCXコンボですね。
対応クライマックスでの登場時のスタンドテキストですが、トリガーしたクライマックスによる登場時にもスタンドしてそのままアタックに参加することができ、アタック回数を増やすことができるようになっています。
レベル2コスト2キャラの「炎帝 ミザリー」はダイレクトアタック時のストックブースト、「大親友 メイプル&サリー」は相手キャラにリバースされなくなるテキストを持っていて、どちらも優秀なカードです。
赤中心に青などをタッチした色構成になっています。

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。【8電源】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

炎帝 ミィ
登場時の回復テキストと自身をスタンドさせられるCXコンボを持っています。

登場のクロック回復は便利なテキストですね。
スタンバイのクライマックスからの登場はもちろん、手札からの登場でも有効なテキストを持っています。

CXコンボはスタンバイアイコンの対応クライマックス、「炎帝ノ国のギルドマスター」の効果で舞台に出た時に手札のキャラを3枚捨てることで、スタンドすることができるというものです。
もちろんそのままアタックが可能で、レベル2でのクライマックス使用からそのままアタックできるほか、対応クライマックスをトリガーして舞台に登場した時もアタックが可能で、この場合にはアタック回数を増やすことが可能になっています。

聖女ミザリー
盤面参照の自身パンプと、ダイレクトアタック時のストックブーストテキストを持っています。

キャラすべてが《ゲーム》を持っているなら、パワー10000になります。
簡単な条件でパワーを維持することができるテキストです。

ダイレクトアタックしたときに、控え室からストックブーストが可能です。
パワーは活かしにくいものの、確実にリソースを貯めることができ、盤面を制圧しやすいスタンバイ構成と相性のいいテキストです。

大親友 メイプル&サリー
後列参照のパワーパンプと、相手キャラにリバースされなくなるテキストを持っています。

相手の後列のキャラ1枚につき、パワーを1500ずつ伸ばすことができます。
パワーを10000まで伸ばすことができ、相手依存とはいえ高いパワーを維持することが可能です。

フロントアタックされた時に1コストと手札を1枚控え室に置くことで、そのターン中相手キャラにリバースさせられなくなります。
『アンコール』などよりはコストが重めですが、リバースさせられないことで確実に舞台に残ることができ、相手のリバース要求テキスト対策などにも有効です。

歩く要塞 メイプル
登場ターン中のパワーパンプとキャラをスタンドさせて手札入れ替えを行うCXコンボを持っています。

登場ターン中はパワー6000になります。
確実に一定水準のパワーを発揮することができますね。

CXコンボは対応クライマックスの使用時に手札から同名カードを捨て、クライマックス置場の対応クライマックスを控え室に置くことでキャラ1枚をスタンドするとともに控え室からキャラを1枚回収できるものです。
対応クライマックスの「ギルドマスター同士の対決」がスタンバイアイコンのクライマックスということで、スタンバイアイコンで登場させた高レベルキャラがそのままアタックに参加することができるというテキストになっています。
強力なキャラがいち早くアタックすることができるものの、同名カードを手札に抱えておく必要があります。
手札の枚数を稼げるわけではないものの、控え室からキャラを回収できるのは使い勝手がいいですね。

不屈の守護者 メイプル
盤面参照のパワーパンプと『アンコール』を持っています。

他の《ゲーム》のキャラが2枚以上ならパワー7500になります。
条件を満たすことで安定してパワーを出し続けることができます。

『アンコール』は手札コストのものですね。

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。【8電源】」優勝デッキレシピまとめ

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。【8チョイス】」解説とデッキレシピ


「身捧ぐ慈愛 メイプル」を採用したデッキですね。
レベル1のCXコンボには「ギルドマスター メイプル」が使用されます。
「身捧ぐ慈愛 メイプル」はソウル減のCXコンボを持っていますね。
控え参照の早出しとクロック回復テキストでレベル2段階からクロックを減らしつつ、相手からのダメージを減らすことが可能です。
「勝利の為に カナデ」などのサポートカードも採用されています。
「ギルドマスター メイプル」は控え室参照でレベル制限がつくものの、確実に手札を増やすことができるCXコンボを持っています。
「身捧ぐ慈愛 メイプル」との『共鳴』で大きくパワーを伸ばすことができるのも強力ですね。
ソウル減の「身捧ぐ慈愛 メイプル」では決め手に欠けるため、「暴虐 メイプル」や「機械神 メイプル」などのフィニッシャーが対応CXとともに採用されることもありますね。
黄を中心に赤や青をタッチしたデッキです。

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。【8チョイス】」よく使われるカード・相性のいいカード解説

身捧ぐ慈愛 メイプル
控え室参照の早出しと登場時のクロック回復、ソウル減のCXコンボを持っています。

控え室のクライマックスが2枚以下なら早出しが可能です。
リフレッシュなどのタイミングに大きく左右されるものの複数展開に向いているほか、「最強初心者 メイプル」のような疑似リフレッシュでも条件を満たすことができますね。

登場時のクロック回復は便利なテキストですね。
相手のダメージ量を減らすCXコンボと合わせて、クロックの進行を止めることが可能になっています。

CXコンボはパワーを2500伸ばして次の相手ターン中に正面のキャラのソウルを2減らせるものです。
パワーラインを形成するとともに、あいてのダメージ量を大きく減らすことができます。
正面のキャラということで小回りは効かないものの、アンタッチャブルなどにも左右されないテキストになっています。

勝利の為に カナデ
指定カードへのテキスト付与と、舞台にいるキャラと同名のキャラを舞台に登場させられる起動能力を持っています。

「身捧ぐ慈愛 メイプル」と「暴虐 メイプル」に相手の効果に選ばれないアンタッチャブルテキストを付与できます。
強力なレベル3キャラをサポートすることが可能ですね。

手札を2枚控え室に置いて自身をレストすることで、すでに舞台にいるキャラと同名のキャラを控え室から登場させることができます。
手札に抱えていないキャラでも舞台に登場させることができ、フィニッシャーなどの複数展開が可能になっていますね。

ギルドマスター メイプル
控え室回収のCXコンボと、自身のパワーを大きく伸ばす『共鳴』を持っています。

アタック時に控え室から、控え室にある「楓の木」の枚数分のレベル以下のキャラを回収することができます。
クライマックスによるレベル制限ということで操作しにくい部分ではありますが、最低限レベル0のキャラは手札に加えることができます。
対応クライマックスはチョイスアイコンのものです。

『共鳴』は手札の「身捧ぐ慈愛 メイプル」を好きな枚数公開し、1枚につきパワーを1500伸ばせるものです。
デッキ構成は固定されてしまうものの伸び幅が大きく、相手ターン中までパワーが持続するのは強力ですね。

最強初心者 メイプル
登場時の疑似リフレッシュテキストと、手札のキャラを登場させる起動能力を持っています。

登場時に手札から「身捧ぐ慈愛 メイプル」を1枚控え室に置くことで、控え室のカードすべてを山札に加えることができます。
控え室のクライマックスを山札に戻すことができるほか、 リフレッシュポイントの回避、「身捧ぐ慈愛 メイプル」の早出しテキストの条件達成などに活用することが可能です。

更に自身を控えに落として1コスト払うことで、手札から「メイプル」ネームのキャラを1枚舞台に登場させることができます。
コスト2のキャラを登場させることで、コスト軽減能力として活用することが可能になっています。

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。【8チョイス】」優勝デッキレシピまとめ